2013/01/25

説得は言葉でするもの。(by 裁判長)

「説得は言葉でするもの。あなたは威勢だけでしょう。」
最近傍聴した公判で裁判長が述べた言葉である。

裁判が始まって4、5日目の証人尋問。税関の検査で外国人旅客(覚せい剤密輸の疑い)に対する職員の暴言が問題となっていた。大声で繰り返し怒鳴り、書類への署名を求めたとされている。証人として出廷した職員は「職務を全うしようという強い意志を表しただけ」と主張する。通訳を担当した職員が伝える被疑者の言葉(弁護士に電話したい)は無視。被疑者が何を言ってるか聞こうと思わなかったのか?と問われて、「自分が欲しいのはイエスかノーの返事だけ。それ以外は必要ない」と。

件の会話(になってないけど)は録音されていたので、本人が作成した報告書との違いも明らかになった。指摘された箇所はすべて「記憶違い」と答える。いきなり「おう、おまえ!」と声をかけているにもかかわらず、報告書では、職員証を示して名乗りました、となっている。記憶違いらしい。また、もう一人の被疑者に話しかけた内容が書かれているが、実際にはまったく口などきいていない。それも記憶違い。録音がなければ報告書の真偽を確認する術はない。書いたもんがち。

わたしが傍聴した日は、テープのごく一部が流されただけだったが、これが「職務を全うしようという強い意志」かと唖然とした。裁判長は「説得は言葉でするもの」と言われた。ほんとうにそのとおり。取調べも裁判も、すべての手続が言葉によって行われる。その言葉が通じない相手にどのように対応すべきか、検討事項は山積みのようだ。

言葉が通じないのは、外国人だけではない。裁判を傍聴していると、普段の生活ではあまり見聞きしない言葉に遭遇することも少なくない。今回、わたしがさっぱりわからなかったのは「しょうよう」という言葉。どういう意味ですか?と聞かれた証人は「同意するかしないか意思の確認をするということ」と説明したが余計にわからない。漢字が想像すらできなかった。

ググッてみて漢字は「慫慂」と判明。意味は、他の人がすすめてそうするように仕向けること、強く勧めること。お役人言葉と解説している記事もあった。もっとわかり易い言葉を使うよう慫慂すべきだと思う。:P

| | コメント (2)
|

2011/04/12

「起こしたのに、起きなかった」はヘン! in English

今回の震災にあたり海外からもメッセージがたくさん届いたことはあちこちで紹介されている。こういうとき、英語だと"Our thoughts are with you"という表現が一般的なようだけど、初めてこの文に接したとき、やっぱり違うなあと思った。
まず、無生物を主語にするという英語の特色が現れている。おもしろいと思ったのは、"Our thoughts"を相手のすぐそばに存在させようという発想である。日本語だと、…をお祈り申し上げますとか、…を願っています、って言うんじゃないかな。その場合、発話者は、一方的に祈ったり、願ったりしているだけで、それが相手に届くかどうかまでは意識していない。というか、それらの日本語の文にそこまでの意味は含まれていない。

英語話者はそれでは物足りないのか、相手のところにまで"Our thoughts"が届いている状態(それがもう「結果」となっている)をイメージしているように思える。ときにそれは介入と呼ばれる姿勢にもつながるのかもしれない。

そんなことを思っているとき、ある方が「思い」や「気づき」のような名詞化がイヤだとブログに書いておられた。その後の展開で、「思う」を名詞化すると、その「思い」は、「わたしは思う」という主語+動詞の文章よりも抽象化されて、発話主体から離れてしまうという解釈があって興味深く読んだ。たしかに、個人特有の思いという意味は希薄になっているように感じる。

"Our thoughts are with you"に戻ると。。。発話主体から切り離された"Our thoughts"だから移動も可能で、相手の元に届けることもできるのかなぁ。そんなことを考えている頭の中には、認知言語学の授業で出てきた図--ボール(円)と軌跡を表す矢印--がちらちら浮かんでいた。名詞の「思い」はボールになり得る。「わたしは思う」と言うときは、ボールは存在しない。。。なんて、漠然としたイメージの話にすぎないけど、文を作るときに、どういう状態を思い描くかは、言語(文化)によって違うだろう。

ついでに思い出したこと。英語の動詞は、結果を意味として含む傾向があるという話。たとえば、"burn"は燃えてしまったという結果まで意味しているから、"I burned it, but it didn't burn"は矛盾していると感じられるけど、日本語で「燃やしたけど、燃えなかったよ」はOKなのだ。『<英文法>を考える』(池上嘉彦,ちくま学芸文庫)には他にもいろいろ例が載っているが"wake"も同様。日本語のように「起こしたのに、起きなかったやん!」などとは言えないようだ。単語1つで誤解が生じるいい例である。日本でも「起こしてってゆうたやんか~!」ともめる光景は多そうだけど。

| | コメント (2)
|

2011/02/27

ダーティー・ハリ子の変身

あー、びっくりした。マッシュルームカットで有名な学部長が坊主頭になっていた。夢の中だけど。。
キャンパスで声をかけられて振り向いたら、その先生がにこにこ笑っているのだけど、トレードマークのサラサラヘアが、いがぐり頭になっている。
「ど、どうされたんですか~」と激しい変身ぶりに目を見張るわたし。「あ、見つかっちゃった?」って。先生が声かけたんじゃないすか~。
・・・ずっとお見かけしてないけど元気にされてるかなあ。

変身といえば、先日、「デンジャラス・ビューティー」(1と2両方)を見た。1は、なりふりかまわず仕事に邁進するFBI捜査官のサンドラ・ブロックが、潜入捜査のためミス・アメリカ・コンテストにニュージャージー代表として出場するというコメディ映画。美容コンサルタントが腕をふるう変身物語ともいえそうだけど、粉川哲夫の「シネマノート」では、「基本的にはレズビアン映画」だと解説されている(直接取り上げているのは2のほう)。

映画の原題"Miss Congeniality"の意味がよくわからない。前述の粉川氏は「"congenial"は、もともと『相性がいい』とか『同性質の』といった意味で、同性愛の含みもある」としている。
それから、コンテスト出場のための偽名が"Freebush"なんだけど、これはなにか含みがあるのだろうか。

サンドラ・ブロックの台詞に先日覚えた cleavageが出てきた。聞き取れる単語が1つ増えるのって、どんな単語でもうれしい。あと、荒っぽい彼女は「女ダーティーハリー」と呼ばれるのだけど、これは「ダーティー・ハリエット」と言っていた。そっかー。日本語だとたいていあたまに「女」をつけるけど、「ダーティー・ハリ子」でも通じるね。

| | コメント (4)
|

2011/01/27

男性一人称複数歌謡

ブルーズの歌詞の主語はたいてい一人称単数で、基本的にモノローグだといわれている。タイトルからして♪I'm so gladとか♪I'm tore downとか、いきなり♪I got the key to the highwayとか。。数少ない知ってる歌詞を思い浮かべてみて、たしかにねーと思う。
でも、ブルーズ以外でも一人称単数「I」が多いんじゃないんかなあ。♪I shot the sheriff、♪I must be invisible、♪I have finally found a way to live、♪I've been waiting so long。

一人称複数「we」といえば、即♪We Are The Worldを連想する。う、あとが続かない。えーっと。あ、思い出した。♪Smoke On The Waterも「we」やね。といっても今、頭に浮かんだのは英語の歌詞じゃなくて、王様の「俺たちゃ…」のほうだ。スモコンは「俺たち」がハマってるけど、♪We Are The Worldだとやっぱり「ぼくら」になるのだろうか。日本語は人称代名詞が多いだけに、微妙なニュアンスがあっておもしろい。

『どうにもとまらない歌謡曲』(舌津智之著)という本に、70年代の「男性一人称複数歌謡」を読み解き「男同士の絆」に注目する箇所があった。赤い風船「遠い世界に」、トワ・エ・モワ「虹と雪のバラード」、青い三角定規「太陽がくれた季節」などには「僕ら」の連帯感が歌われている。そこには「花」や「太陽」のような「愛国のエッセンス」が盛り込まれている。さらに「戦争を知らない子供たち」では「僕ら」と「私」を使い分けているという指摘が興味深い。この本を読むまで気づかなかった。「宇宙戦艦ヤマト」になると、「僕ら」よりも男っぽく「俺たち」という代名詞が使われる(ホントはどれも、もっともっと深くおもしろい内容なのだけど長くなるので割愛)。

「僕ら」や「俺たち」に対抗して、女同士の絆を歌うことってなかったのだろうか。う~ん。♪うちら陽気なかしまし娘…しか思い浮かばへん。

| | コメント (6)
|

2010/05/08

「勝手に休みます」

連休中、相方が会社近くの庶民的な中華料理店に行くと「勝手に休みます」という貼り紙があったそう。たしかに、勝手に休んでいるにちがいないけど。。
店のスタッフは(たぶん)全員中国人で、注文も料理名ではなく番号で伝えるらしい。テーブルに運んでくるときも「はい、2ばんでーす」と番号で。

ちょうど昨日のお昼休み、Chinglishの記事を読んでニタニタしていた。よく知られている "Slip and fall down carefully"なんか楽しくていいけど、"EXECUTION IN PROGRESS"はこわいよー。記事によると面白いChinglishの看板が消えつつあるのを惜しむ声もあるけれど、その笑いを屈辱だと感じる人もいる。

わたしの勤務先が入っているビルも負けてない。以前、紹介したことがあるけど、階段の物騒な注意書き。まだあるのかなぁ。発砲されるのが怖いから、その後、通ってない。
Warning_2

| | コメント (0)
|

2010/02/27

別れ際にバヨバヨ

アクセス数に気をとられて関係ないことを書いてしまったがじゃ。(突然、龍馬伝の語りモード)長くなったので別エントリにした。

さて、日々の仕事でFAXを送った後は、相手から「受け取ったよー」という返信を待つ。たいてい「受領」とか「Received」という文字と日付の入ったスタンプが押してある。これが「受け取り」と呼ばれるもので、海外相手だと「acknowledge」と呼ぶ。

昨日、相手先に届いてるんかなーと不安になる件があり、受信したFAXの束の中を探してそれを発見。思わず「受けノレッジ来てる!」と口走った。は?(^^;) 自分の脳ながらおもしろかったがじゃ。脳内で2つの語が結合しちょります。

わたしは昔から、よくコレをやってた。何度も口走ったのが「バヨバヨ」である。別れ際に「バイバイ」と手を振りかけると、いや、それはカジュアルすぎると脳がブレーキをかけ、「さよなら」と言えと命令するのだけど、間に合わず「よ」だけが入り込むというわけ。昔から脳が鈍かったがじゃ。
ほんじゃね。バヨバヨ!

| | コメント (2)
|

2010/02/13

サーカスのイメージ

日本語で先に読んだ本の原書を読もうとして、冒頭の一文で引っかかった。
The airport terminal is a circus of activitiy.

サーカス? そんな言葉あったっけ? 本は図書館に返した後だったので、すぐには確認できない。冒頭にサーカスなんていう言葉が出てきたり、含みのある文章だったりしたら、きっと印象に残ってるはず。どんな日本語だったのか気になって、図書館に行ったときに確かめたら、「空港ターミナルは行き交う人々であふれている」とあっさり始まっていた。

わたしが持っているサーカスのイメージには、寂しさが欠かせない。町にサーカスがやってきて、夢のような世界を繰り広げてくれるけれど、それはいつか去ってゆくもの。移動する者についてまわる、根なし草のようなイメージがある。一時期ハマっていた、ベネズエラ発のテレノベラ「カサンドラ」はロマ(ジプシー)のサーカス団の物語だった。サーカスといえばカサンドラ!というくらい刷り込まれた。ロマ自体が移動する人々なので、常に安住の地を求めている「途上」というイメージがある。あと、クラプトンの♪Circus Left Townも哀しみや寂しさと切り離せない。この曲は、クラプトンが4歳の息子を亡くしたときに作ったもの。

そんなサーカスのイメージを、作者は空港の雑踏に感じているような気がする(そして、行く先々で作者は、ここは自分の居場所ではないと感じる。)それはわたしの思い込みにすぎないのだけど、イメージを膨らませるのは読者の自由だし。ただ、英語で読めばそんなふうにイメージが膨らんだのに、日本語ではまったく印象に残らない一文だったということを考えると、翻訳って本当に難しいことなんだなあと思う。

今日は翻訳の仕事をしている学部時代の社会人仲間に会った。近いうちに大阪を脱出するという。寂しくなるなー。いろんな話ができる貴重な友人だったのに。でも、おめでたい話なので、一緒に喜んであげなくちゃね。おめでとー!

| | コメント (6)
|

2010/01/21

どのブルーがお好き?

先日、TVで放映中の「プラダを着た悪魔」に気づいて録画した。吹き替えだったし、用事をしながら、ちらちら見てたのだけど、ほおっと思う台詞があったので、そのシーンを見直してみた。
メリル・ストリープ扮するファッション雑誌の編集長がさえない服装のアシスタントに向かって言う台詞。ジャーナリスト志望のアシスタントは、ファッションなんて興味がないし、自分には関係のない世界だと思っており、つい「こんな世界」(all this stuff)と口にする。
ス..ス..スタッフ?と聞きとがめた編集長が話し出す。淡々と静かな口調だけど威厳があって役にハマってた。

「もちろん知らないでしょうけど、あなたの着ているセーターは単なるブルーじゃないの。ターコイズでもラピスでもない。セルリアンよ。それに、この事実も知らないでしょうけど、セルリアンは2002年にオスカー・デ・ラ・レンタがドレスで、あと、たしかイヴ・サンローランがミリタリージャケットで採用したの。そして、またたく間にセルリアンは8人のデザイナーのコレクションに登場、やがて市場に出てデパートの売り場に並んだ。さらに、そこらの悲惨なカジュアルストアにも流出して、それをあなたがセールであさった。まさに巨大資本がばらまいたエサに喰いついたというわけね。なんとも滑稽じゃない? あなたがファッションとは無縁だと思って選んだそのセーターが、実際にはここにいる私たちによって与えられていたってこと。『こんな』世界のね。」

最後のほうの「巨大資本が…」のくだりは英語では以下のとおり(ネットで拾った)。これから日本語の台詞を思いつくのは難しいなあ。
However, that blue represents millions of dollars and countless jobs and so it's sort of comical how you think that you've made a choice that exempts you from the fashion industry when, in fact, you're wearing the sweater that was selected for you by the people in this room. From a pile of stuff.

わたしも流行には縁がないし、これ今年の春の色だから…とか言われたら反発したくなるあまのじゃくだけど、知らないうちにシステムの中に取り込まれているんだろうなぁ。
それから、そのセーターの色と「セルリアン」という名前が結びつかなかったので、ググッてみたら「青色百科」というページを発見。ブルーがいっぱい!和名もいっぱい!「かめのぞき」なんて思わずミドリガメを連想してしまったわー。
「こんな」ブログ書いてて、レポートが一向に進まないわたしはただいま学期末ブルーどす。

| | コメント (8)
|

2009/10/07

メンコン、ドボシチ、ベトハチ、いぬおま

ホントに日本人は4モーラ(拍)がお好き!
ちょっと古いけど「どれみふぁワンダーランド」で個人的に大ウケしたネタをご紹介。

宮川彬良さんはバイオリニストの奥さんから「今日はメンコンのオケ合わせだから…」と言われてショックを受けたそう。クラシック界にそんな略語があるなんて。
でも、メンデルスゾーンのコンチェルト...って長くて言いにくいから略したくもなるだろう。ドヴォルザークの交響曲第7番はドボシチ、8番はドボハチ。ベートーベンだとベトシチ、ベトハチ。ここで注意! 関西ではベーシチ、ベーハチなのだとか。そして、有名な第9(ダイク)は東西共通なのだけど、名古屋では? もう、オチはおわかりですね。

という話をしたら、彬良さんのお知合いが童謡も同じように略語があると教えてくださったとか。それが、いぬおま(犬のおまわりさん)、ちいあき(ちいさい秋みつけた)、もりくま(森のくまさん)。
わたしが馴染みのあるのはロック関係。スモコン、キルキン、ホワマイ(これはたぶん局地的)など。こういうのは全国共通だと思ってたけど、京都の某セッションに行ったとき「Smoke on the Waterのこと、そんなふうに言うんだ~!」と言われた。niftyの某フォーラム限定だったのか。。
ブルブラなんて略されるグループ名もあるし、先日行ったコンサートのチケットを買うとドゥーブラって書いてあった。女性下着の新製品かと誤解するやんね。

彬良さんご本人のエッセイも発見!
 ↓ 
ケッコン・メンコン・ヘンデルコン?

| | コメント (3)
|

2009/08/13

あれはもうすぐ修道院だってよ

地震が続いている。おとといは地震で目が覚めた。早朝の地震は記憶を揺らし呼び起こす。テーブルの下にもぐる自分の姿がフラッシュバックする。あのときはすぐに電話で安否を確かめてくれる両親がいた。
お盆の花を実家に送った。夜はだれもいなくなる家でも魂は返ってくるだろうか。

翻訳論のレポートはなかなか厄介。原文と訳文とをつき合わせて、heを「そいつ」とか「やつ」と訳してまーすとか、sheが「あれ」になってまーす、とかいちいちメモ(入力)してゆく。根気のいる作業だ。昔の恋人について「彼女はいまNYに住んでるらしいんだ」ではなく、「あれはいまNYにいるんだってよ」と訳すのはなぜなのか。結局、翻訳者の解釈が反映されるってことなんだろうなあ。S先生の言われる「透明な翻訳者」というのは難しそうだ。
たまに、ずいぶん飛躍しているなあと思うところもある。"he don't know what to say"を「やつは目を白黒させてるぜ」と訳すのは、うまい表現だと評価すべきなのだろうか。また、原文とは関係なく、ヘンな日本語だなぁと思っても、母語についてなぜヘンなのかを説明するのは難しい。母語のことは直感で判断してしまうから。日本語について勉強していないと、説得力あるレポートを書くのは無理だよね。

購入者のレビューがとてもよかったので、スパークリング・ワイン10本1万円!というのを買ってみた。きりりと冷やしたスパークリング・ワインを楽しめるのも夏休みならでは。今夜は、スペイン産のスパークリング・ワイン。やや辛。
そんなもの飲んでる場合じゃない…という気もするんだけど、わたしはまだ修道女になってないので(*)もうちょっとの間、シャバの暮らしを楽しんでいたい。どうせわたしは、まっとうな修道女にはなれない。トラップ家の家庭教師になって、カーテンを引きちぎって服を縫ったり、ドレミの歌を歌って走り回るジュリー・アンドリュースや、かくまってもらった教会でコーラス隊を作りノリノリの歌を披露するウーピー・ゴールドバーグや、修道女もいろいろだしね。

(*)シュウロンに取組んでいる雪見さんのお友だちは指導教官に「修道院に入ったつもりでがんばれ」と言われたそう。

| | コメント (4)
|

より以前の記事一覧