2007/09/07

てふ事始

卒論の文献管理のために、BUNSOというフリーウェアを使おうかな…と書いてから、ずいぶん経つ。その間に、BUNSOの関連サイトも閉鎖されてしまった(>_<)。まぁ、ソフトは入手してるし、サイトがなくてもいいんだけど。。。と思ってるところに真打登場。
友人の強いすすめでTeXにトライすることにした。文献管理はbibTeXで。ネット上も情報は豊富だし、なにより、直接質問できる友人がいるのは心強い。

実際に、卒論をTeXで書くかどうかは別にして、とりあえず文献リストを作成したり、簡単な文書を作って練習してみた。
組版ソフトと言われてもピンとこなかったけど、コマンドのオプションをちょこっと変えるだけで、いきなりレイアウトがガラリと変わるのに感動した。文書のスタイルがまるで百面相みたいに、どんどん変身するのだ。見出しのナンバリングも自動で、ちょちょいのちょい…と仕上げてくれるのでラクチン。これめっちゃ楽しい~としばらく遊んだ。

いちばん気になるのは、必要な書式(たとえばMLA)に簡単に対応できるかってことだけど、検索したらネット上にありがたいサイトが山のようにあった。

LaTeXの家
TeX Wiki
経済学で BibTeX を使う:スタイルが変わる例(pdf)がわかりやすい。
BiBTeXによるMLA用文献データベース作成
英語論文――MLAフォーマットとICUの英語教育

大学でTeXの授業をされている先生もおられた。わたしもPerlじゃなくて、TeXのクラスがあればよかったのになー。その郡司先生@神戸松蔭女子学院大学の「LaTeXで言語学の論文を書くために」はツリーの書き方まで解説されており超ハイレベル。わたしには縁がなさそう。
非文の「*」をつけて文頭がずれてしまうときの対応というのには、あー、それ気になってたんですよ~!とかゆい背中をかいてもらったみたいで、あー、すっきりしたー!

そんなこんなで昨年からずっとMLA、MLAと騒いでいたんだけど、卒論面談前にあらためて専攻学科の卒論作成ガイドラインというのを見てみたら。。。
ん? なんか違う~。

[引用文献参考例]は、姓,名. 19xx ...という書き出しになっている。MLAの場合、出版年は最後なのに。APAだと出版年の位置はこれと同じ著者名の後ろだけど、かっこでくくるはず。
なんだー。結局、大学独自のフォーマットってことなんや。まぁ、「参考例」と書いてあるので、がちがちに考えることはないってことなんかな。

で、そろそろ書き始めなくてはね(^^;)。
あしたの「ごっつぉ ぎょーさん食べるんどすツアー」が終わったら、絶対ね。

| | コメント (0)
|

2007/05/21

ホジュンにハマってさあ韓国語

会うのは数年ぶりという友人と、いつものたこ焼き屋さんに行った。先月行ったとき、韓国語の勉強を始めたと言ってたマスターが「アンニョンハセヨー」と迎えてくれはった。
「なんでまた韓国語?」と事情を知らない友人に、「ホジュンっちゅうドラマにハマってもうてね…」とドラマの話をひとしきり。韓国では視聴率60%以上で社会現象になったほどらしい。

「韓国語って発音難しくないですか?」と聞くと、即座に「韓国語はええで~!RとLがおんなじやねん!」という答えが返ってきた。
韓国語の前はフランス語を勉強してはったのだけど、それに比べたら、韓国語は日本語に近いから、文法について覚えることが少なくて、とても楽だとのこと。
「みれどさん、英語なんかやめて、これからは韓国語やで~!」

好きなドラマを原語で理解したい!という気持ちが勉強を持続させるんやね。さらに、マスターの場合は話相手がいて、実際に言葉を使う機会があるとのこと。
しばらくして。。。「みれどさん、この人がわしの先生!」と言われて振り向くと、なんと韓流スタアかと見まごうイケメン青年がカウンタの端っこに座っていた。

その若き先生は、顔を横に向けて生ビールを飲んではった。韓国では、目上の人のほうを向いたまま飲むことは許されないからだという。儒教の国だというけれど、そこまでだとは。。。マスターもおかみさんも、かれが非常に礼儀正しいと絶賛してはった。同じ年頃(二十歳過ぎ)の日本の若者なんか比べもんにならへんっ!のだそう。

おばちゃんに人気があるねん!って言ってはったけど、そりゃそうでしょうと納得。いやぁ、かれが先生なら、わたしも韓国語始めよっかなーなんて。
いえ、ジョーダンですよ。わたしは韓流ファンではありませんので、念のため。今日現在、デンゼル・ワシントンと竹野内豊と人見元基がタイプです???

| | コメント (0)
|

2006/06/14

英検1級は時期尚早

この前の日曜日、時間の無駄・お金の無駄とわかっていながら、英検1級を受けてきた。いつまでも先延ばしにしてたってキリがないし、とりあえず受験することに決めたら、それに向けて多少は勉強するかも…というわけで申し込んだ。でも、大学の勉強も充分にできてない状況では、3週間前に買った対策本を開くこともなく当日を迎えてしまった。せめて問題の構成と時間配分だけは把握して行かなくては…と当日の朝、その説明部分だけは目を通したけど。

英作文に20分は残したいなぁと思いつつ、問題に取組む。最初の語彙問題…やはりキツイ。選択肢の4つの単語すべて「はぁ?」ってかんじだと、どうやって答えを選べばよいのやら。なさけなさを通り越して笑っちゃうしかない。確信をもって回答できたのって数えるほど。ふぅ、まいった。
リーディング問題は、TOEICに比べると読んでておもしろかった。ここで点を稼がなくては!と思ったけど、最後の問題にたどり着く頃には、そろそろ疲れてきて、その上、残り時間で作文が書けるんかなぁ…とあせりも出て、落ち着いて読んでられなかった。うーん、もう、パス!

時間がなくなってきたのでリーディング問題は適当に見切りをつけ、英作文に着手。TOPICは"When future generations look back on this era, for what will they praise and/or criticize us?"というもので、与えられた5つのPOINTS(Human rights, International relations 等)のうち3つをカバーするのが条件。
構成を考えている間に、どんどん時間は過ぎてゆく。結局、最後のパラグラフは1文しか書けず、尻切れとんぼに終わってしまった。作文の途中から、あかん。。。書き終えられへん。。。と思ったら、すごく動揺してしまい、リスニングの前半にその気分を引きずってしまった。はぁ~。
一旦つまずくと立ち直れないのがリスニングのコワイところ。。。あっけなく私の英検1級初挑戦は終わった。あー、時間がもったいなかったね。。。

私の回りには英検1級に一発合格した人が何人かいるんだけど、あらためてすごいな~と思った。
今後の対策は、やっぱり語彙力増強が第一かなぁ。語彙問題をやってるとき、あ、去年の単語ノートに書いた単語や!というのがあって、それは例文まで思い出せた。先生のチェック(ミニテスト)が入るので、最低2週間に1回はノートを見直したおかげだろう。やっぱり繰返しインプットすることが大切なんやね。

| | コメント (2)
|

2006/04/17

緊張と緩和のキャンパス風景

昨年お世話になった先生のゼミに出席させていただいた。まるくなられたとはいえ、なかなかに厳しいことを言われる先生なので、みんなやっぱりピリピリしている。このビンビン張り詰めた空気がいいのよねぇ。ぐさりとくる一言になぜかにんまりしてしまう。わたしってマゾ?(^^;)
「去年やりましたね~。みれどさん、覚えてない?」と聞かれるのがいちばんつらい。へらへらするのはやめようと思うのだけど、わからないときはつい笑ってごまかそうとする自分がいる。でへっ。

続いて、同じ先生の授業に出たら、そちらはもっとシビアだった。英語の単語が答えられなかった学生に、「専攻、英語?」「何年生?」「え、3年生!?」「試験受けて入ったんでしょ?」と続けざまの質問攻撃。あー、どきどきした。そんな先生なので、さすがに若い学生たちも神妙にしている。

6時間目の先生は、若くてやさしそう。でも、ご自分で「意外と歳いってるんです」って言ってはったし、やさしいっていうのも、ちょっとちがうかな~という気もした。
「ハンドアウトを配るので、板書はほとんどしません。余白にちょっとメモしてもらうくらいで、ノートは持ってこなくても、どっちでもいいですから…」って、私らは小学生か!?

本日のトリは噂の?某先生。シラバスに「グループディスカッションの際は日本語の使用を厳禁とし、違反者は履修を放棄したものとみなす」とあったし、日頃から厳しいと評判なので、きっと受講生は少ないよ~、3人くらいかも…なんて言ってたのに、教室にはかなりの人数がいた。初回なので(私も含めて)様子見の学生が何人かはいたのだろう。
自己紹介ってことで、ひとりずつ、所属、学年、そして卒論のテーマを言わされたのだけど、みんなそれらしいテーマを考えていて、すごいなぁ!と感心。私も、とりあえず何か言わなきゃ…とあせりつつ、もっともらしいことを言ったら、「おもしろそうですね」と言って下さった。いや~、まぢで早く決めなきゃ。
「(卒論の準備をするのは)早ければ早いほどいいですから、常になにかあたまの中で考えるよう心がけて…」とのこと。予習に追われるようじゃ、やっぱり無理だよなぁ。時間割、よく考えなくては。

帰りに一緒になった友人の話では、最近の韓流ブームで朝鮮語を副専攻に選択する学生が急増しているらしい。ことしの朝鮮語(副専攻)は9クラスもあるのに、彼女がのぞいたクラスは50人を超えていたとのこと。こんなところにまで影響が及ぶとは、おそるべし韓流イケメン効果!?

| | コメント (0)
|

2006/04/07

シラバス品切れ

昨日、用事があって大学に行けなかった。今日もシラバスの配布はしているので、今日行けばだいじょぶと高をくくってた。昨夜、友人がメールで「シラバスが無くなったらしい!」と知らせてくれた。ちょっと待ってよ~。なんで無くなるわけ~? さては経費節減とかいって、部数を減らしたな~。留学する学生も多いし、シラバスなんていらんという学生もいるだろうし、毎年余ってたのかもしれない。今年は予想がハズレたのか。ひょっとして追加注文して、今は納品待ちなのかも。

勝手な憶測をするよりも、確認のため教務課に電話をしてみたら、なんと今年から紙媒体のシラバスは新入生用しか作ってないとのこと。2年生以上は大学のウェブサイトで見るようにと言われた。でも、時間割表と履修案内は大学までもらいにゆかねばならない。中途半端なんだから。
配布教室にゆくと、シラバスは新入生に配布して余った分だと張り紙があった。早いもん勝ちだったのねー。時間割のほうも、去年までは白い厚紙に印刷して綴じてあったのに、今年は再生紙に両面コピー。ひどく読みづらい。

時間割入手後、昨年度お世話になった文学の某先生の研究室へ向う。電気がついててラッキー!と思ったけど、別のアメリカ文学のW先生と打合せ中。でも、いいよいいよ!ど~ぞど~ぞ!と言われて割り込ませていただいた。
ど~ぞ!と言いつつ書類を片づけ始めたW先生は、席を外されるのかと思ったら、そのままそこにおられて一緒に話に加わってきはった。私がS先生のゼミだと聞くと「S先生やったらメタファーで卒論書けるでしょ。例文を文学作品から探して、半分文学寄りの卒論でもいいんだから。だいたい言語学の例文って、なんであんな変な文ばっかりなんやろって思うよね。」と言われた。
某先生も「そうや。それがいいかもしれへん!」「それに、実はS先生のゼミの学生が文学の卒論を書いて、ぼくがみたこともあるねん。それでもかまへんし。」
へぇ~~!そんなんありなんや~!とびっくりしてたら、W先生曰く「卒論はね、好きなように書けばいいんですよ。人生で1回きりのことなんだから。好きなように書けば、それに教師のほうが合わすから。」
なんていい先生!でも、私、卒論2回目なんです。。。ま、1回目はカウントに入らない程度というか、振り返りたくないというか。。。こんどは納得のゆくものにしたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/01/21

画面真黒!頭真っ白!

夜逃げしたい気分。。。(^^;)
そう言うと、友人が「ひとつひとつ乗り越えていかなね。。。」
とやさしく励ましてくれた。(「いかなね」の雰囲気って伝わるかなぁ…)
でも、乗り越える前に遭難しそう。

さっきは、画面真黒!(@_@) 頭真っ白!(^^;)になってあせった。書きかけのレポートがパァ~になるとえらいことなので、こまめに上書はしてるけれど。
締切が一番早い文学のレポートをさっさと片づけたいけど、テキストから引用する箇所に「何幕何場何頁」まで入れなくちゃいけないのが、けっこう大変で。。。まだ、思いついたことを書き散らかしているだけで、レポートの構成も考えてない状態。明日、仕上がるかなぁ。
この次に締切がくるレポートは英語で書かないといけないので、もっと大変。内容もまったく何も思いつかない。早くそちらに着手しないとホントにヤバイよ~。
文学レポート締切と同じ日にあるPerlの試験は、ほぼあきらめている。棄権したいところだけど、それもしづらい雰囲気だし。
「一週間でマスターするPerl」という本を借りたんだけど、この本を「2日でマスターする」方法があるだろうか(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|