2014/10/28

幻のギャレス来日/「階級」を超える合唱団

先月のこと。突然、ギャレス・マローンで検索してくる人が増えた。何年ぶりだろう。ギャレスの番組が放送されるといつも、このサイトの右コラムにある検索フレーズランキングにギャレス・マローンという文字がずらりと並んでいた。でも、先月は放送はなかった。じゃ、何があったの?と思ったら、なんとギャレスご本人が日本に来ていたらしい。

アジア文化芸術交流促進連盟日本(FACP日本)の第32回日本会議が、9月11日に川崎で開催され、その基調講演に招かれたようだ。講演のタイトルは"The Power of Music"
こちらのサイトに写真があったけど、あまりクリアじゃないです。

ネット上を探しても、今回の来日情報はほとんどなかった。もっと宣伝すればよかったのに。といっても、一般向けのイベントじゃないから仕方ないのかな。 ギャレスのFBページはフォローしているけど、日本に来ているなんて書いてなかったし、オフィシャルサイトにもなんの記載もない(というかサイトそのものが、あまり頻繁には更新されていない)。

あとは本人のツイッターだけが頼り。と思い、遡ってみたけど、8月末から9月末まで飛んでいる。「ジャパンなう」くらいつぶやいてくれてもいいのにね。ギャレスにとって日本ってインパクトなかったのかな、とちょっとさみしい。まあ、そのなんとか連盟の会議のためだけに来たのなら、弾丸ツアーだったかもしれないし、記憶に残るようなこともあまりなかったかもしれない。残念なことである。

ちょうど、見逃して地団太踏んだギャレスの合唱団シリーズが、今月になって再放送された。「ギャレス・マローンの職場で歌おう!」(原題:The Choir  Sing While You Work)
録画したのをやっと見終わった。シリーズも回を重ね、なんというか、手のうちはわかっているのだけど、それでも毎回、心にぐっとくるものがあってうるうるしてしまう。
正直にいうと「音楽が人をつなぐ」なんてクリシェみたいなフレーズは好きじゃない。でも、ギャレスが試行錯誤しながら、ばらばらだったメンバーをまとめ、ひとつの合唱団を作り上げてゆくのを見ると、その言葉がまさに実践されているとわかる。

どんな集団にも、合唱団なんて。。と斜めに構えている人が必ずいる。でも、いつのまにか歌う楽しさにハマっている。自分も気づいてなかった自分を見つけて驚いている。ひとつのことをやり遂げたと誇らしげに語っている。ほんとうにすごいことだ。
ギャレスが、メンバーに寄り添い、持てるものを引き出そうと努力し、褒めたり、励ましたりする様子は心動かされると同時に、とても勉強になる。

今回は4つの職場で合唱団を作り、競い合うというものだった。それぞれの職場で普段はすれ違うことさえないような人たちが、力を合わせて、歌で自分たちを表現しようと努力する。イギリス的だなあと思わされたのは、合唱団のメンバーが職場での人間関係について「普段は『階級』が違う人と話すことはないんだ」と言ってたこと。(※)
たとえば、ガラス張りのオフィスの高層階にいる経営陣と現場の作業員、病院で「あの先生を怒らせるな!」と恐れられている偉い外科医と配膳係の若者。最初は互いのぎこちなさが目立っていたが、次第に歌を通して仲間意識が芽生えてゆくのが伝わってきた。

もうひとつ、ギャレスが心を砕いていたのは、感情をおもてに出すということ。仕事上、どんなにストレスを感じていても、それを顔に出せない人たちに、歌を通して心を解き放ってもらいたいというのだ。「感情を顔に出したりはしない」と断言していたメンバーも、最後には笑顔で歌っていた。
このシリーズはイギリスで2012年に、その翌年、第2弾(Sing While You Work Series 2)も放映されている。日本でも、もう少し早く観られるようになるといいな。

(※)但し、吹替のセリフ。原語は未確認。

| | コメント (0)
|

2011/04/18

文字を読んで声を聞きたい

バリが舞台の作品を読みたいと思って検索していたら、高樹のぶ子さんの「SIA(Soaked in Asia)」というプロジェクトを見つけた。5年かけてアジアの10カ国をまわり、それぞれの国の作家と対談したり、作品を紹介したり、また、高樹さん自身がその国を舞台とした作品を書くというもの。その最後を飾るのがインドネシアだった。もう少し早く知っていたらなー。
インドネシアの巻では、バリ出身の作家オカ・ルスミニを紹介。彼女の「時を彫る男」と、バリを舞台とした高樹さんの短編「芳香(ハルム)日記」が『新潮』(2010年10月号)に掲載されたとのことなので、図書館で借りて読んでみた。

インドネシア語やタイ語は独特のやわらかい響きがある。作品を読む前から、わたしの頭の中は旅先で耳にした、なだらかな曲線を思わせる抑揚や柔らかな鼻音が渦巻いていた。でも、ページを開いて読み始めると、そんな声はまったく聞こえてこない。ルスミニさんの作品の翻訳文は、わたしにとっては硬い印象の日本語だったので、文字を追って頭に浮かぶのは無機質なカクカクした日本語だけ。バリの風景は目に浮かんでこない。
英語作品の翻訳を読むときは、それほど違和感はないので、バリの場合はわたしの中でできあがったイメージが大きすぎたのだろう。

 

昨日の「たかじんのそこまでいって委員会」に放射線の専門医である中村仁信先生が出ておられた。前回出演されたときに「放射線は少量だったら、活性酸素を生み出すし、身体にいいくらいだ」と発言して波紋を呼んでいた。今回は少し時間を与えてもらい、資料を使って、今の状況が安全であると言える理由を説明された。わたしはなるほど~と納得して、出演者一同もおおむね安堵の表情を見せてたのだけど、関東方面ではあまり放映されてないのが残念。それでも、正反対の意見を唱える学者もいるので、いったい何を信じたらよいのかわからなくなる。

中村先生のことを御用学者だと切り捨てる発言もネット上で見かけたけど、別に原発推進とは言っておられない。わたしが見た範囲では、現在の状況をもとに、ほうれん草を食べてもだいじょうぶ、水道水を飲んでも問題ない、ということを説明されているだけ。先生は、ICRP(国際放射線防護委員会)の委員でもあり、ここの基準値が昔に定められたまま変更されないでいる事情なども指摘してはった。
わたしが絶対の信頼をおいているkikulogでなにか言及されてないかなーと思ったけど、4/7が最新のエントリだった。でも、放射性物質拡散予測の誤解の話や「100mは長いか短いか」という数字の見かたの話はためになる。

それから、たまには、こちらものぞいてくださいね~。今回の旅では、カラフルなウブド市場の写真がお気に入りです。

| | コメント (4)
|

2011/04/10

Journeyが聞こえて… "glee"放映スタート

8日から"glee"というドラマが始まった。アメリカの学園<ミュージカル>ドラマ。「グリークラブ」といえば、男声合唱団のことだとばかり思っていたけど、このドラマに出てくるglee clubはポップスやロックを歌って踊る華やかなステージを見せてくれる。

TVからJourneyの♪Don't Stop Believin' が聞こえてきて、振り返ったらこのドラマの予告編だった。楽しそうなのでさっそく録画予約をした。アメリカで2009年にスタートしたこのドラマは大変な人気で、ゴールデン・グローブ賞の作品賞を2年連続受賞。ケーブルTVのFOXチャンネルでは、すでにシーズン2を放映しているのに気がついたので、両方平行して見ることになる。NHKは吹き替え、FOXのほうは字幕なのだけど、登場人物の言葉遣いの設定などもおもしろい。

初回を見た印象はゲイの存在が大きいということ。そういえば、『現代アメリカのキーワード』(コレ、おすすめ!)では「クイア・アイ」というリアリティ番組の大ヒットが紹介されていた。これは「お洒落なゲイの5人組が毎回1人のストレート(ヘテロセクシャル、つまり異性愛の意)の男性をカッコよく『変身』させる」番組である。これらの番組のヒットは、アメリカ社会におけるゲイの現状を反映しているってことなんだろう。

"glee"はさらりと流すと他愛もないプロットに見えるけれど、社会の周縁にいる人々を描いており注目すべき点は多いと思う。それでも重苦しくなく(一部の韓流ドラマは見てるとしんどくなるので苦手)、なんといっても音楽がいい!ので、金曜の夜にこのドラマを見れば、1週間の疲れを吹き飛ばせそう。
ちょうど今、期間限定で第1話が無料配信されている。どんなドラマ?って方はぜひコチラへ。とりあえず、♪Don't Stop Believin' のところだけ見たいという方は、45:15あたりからご覧ください。

現代アメリカのキーワード (中公新書)

| | コメント (4)
|

2011/02/22

帰ってきたギャレス・パパ

コメントを下さったターミンさんのおかげで、昨夜はギャレス・マローン先生のドキュメンタリーを見逃さずに済みました。感謝です!

帰ってきたといっても、今回のオペラが上演されたのは約1年前で、プロジェクト進行中という話は以前、ココでも紹介したとおり。本国の情報とはずいぶんタイムラグがあるので、今は何してはるのかなーと久々にギャレスのオフィシャルサイトを見たら、コンテンツも増えて、ますます充実している。

最新情報はなんといっても、ギャレスが本を出版すること。2月9日付で原稿の編集(edits)が済んだと書いてあった。classical musicをもっと知りたい人のために…って、この場合は「古典音楽」という意味でいいのかな。
"It's by me so there are a few gags in there"ということで楽しみ。gag はjokeってこと? あまり使わない単語かと思ってたけど、イギリスだとgag のほうが多いのだろうか。また、デジタル・バージョンも予定されてるらしいので Kindleで読めるね!

ほかには、やはりBBCの"Extraordinary School For Boys"で11歳の男子生徒相手に奮闘したようす。最近の教育環境についてギャレスのコメントがこちらで読める。

それから…つらつら読んでいると、ビッグニュース "A girl is born!"を発見! 昨年9月にギャレス夫妻は女の子を授かったそうです。パパはお疲れみたいだけど、おめでとうございます! もう5ヶ月経ってるから大きくなってるよね。

さて、今日と明日の23時からギャレス先生をお見逃しなく!

※ギャレス・マローンに関するほかのエントリは、「ギャレス」でブログ内検索をしてみてください。

| | コメント (2)
|

2011/02/20

カンペキ! ときどきイタリアン

「毎日がイタリアン」というNHKの料理番組知ってる?
もう、カンペキ!なの。
ジャーダ・デ・ラウレンティスというチャーミングな料理研究家が、「もう、サイコー! お料理って楽しい!」ってノリで、カンペキ!サイコー!を連発しながら、イタリア料理を作ってみせてくれるの。できた途端、自分で味見して「ん~~、もう、カンペキ!」とつぶやくのがお約束。

イタリアの「少々」って「たくさん」のこと?って思うくらいアバウトで、なんか男前なかんじが、もう、サイコー! それに、そんなに強調しなくっても…って思うくらい、いつも胸の谷間が露わな衣装なので、きっと男性ファンにはそれがサイコー!なのね。

で、今夜はそんなサイコーのレシピを参考に、トスカーナ風マッシュルームを作ったの。とっても簡単だけど、見た目もかわいくて、これをオードブルに出せば、もう、カンペキ!
201102_009ed_r

ジャーダの吹替えしてる人ってたいへんよね。1回の番組で何回、うっふ~ん、カンペキっ!とつぶやいていることか。でも、イヤな感じがしないから女性ファンも多いと思うわ。日本の料理番組っていうか食いもん番組はつまらないものばかりだけど(大食いはサイテー!)、これはホントに楽しくっておすすめ! 真似してカンペキ!サイコー!って言ってたら、ホントにそんな気分になるの。ジャーダ効果ね。

YouTubeで探したら、やっぱり谷間に注目されてたわ。おかげで cleavageって単語を覚えたけど、使う場面ってあるかしら。Niceを連発している動画があったので、サイコー!はきっとnice!って言ってるのね。
どんな人か見たい方は(cleavageを見たい方も)どうぞこちらへ。
ジャーダ先生のカンペキな定番
Giada at Home is NICE

| | コメント (6)
|

2010/11/03

ベートーベンは汗クサイ!?

先月録画した坂本龍一の「スコラ 音楽の学校 特別講座」をやっと見た。浅田彰、小沼純一との鼎談で、若い頃はうるさい親父みたいに説教クサイので避けていたベートーベンを見直すという内容。
優美で流麗なモーツァルトとは対照的に、ベートーベンは筋骨隆々たる労働者の音楽で汗クサイ、というのを坂本教授が実際にピアノを弾きながら解説してくれる。これでもかっ!というエンディングのしつこさや、れんが職人のように断片的なフレーズの積み重ねなど、どれもなるほどーと思えるし、とってもおもしろかった。また、同時代のヘーゲルやナポレオンの影響の考察も興味津々。「第9」の第4楽章はそれまでの3つの楽章を引用しては否定するという構成になっている(実際に聞いてみた)…なんて衝撃的!

坂本教授は芸大時代、ほとんど授業はサボっていたけど、尊敬しているある先生の授業だけは欠かさず出ていたという。それが小泉文夫。民族音楽研究の第一人者である。ちょうどおととい、小泉先生の本を読まなきゃと思っていたところ。
ある本に、労働と音楽との関係についてエスキモーの例が挙がっていた。「いつでもカリブーを捕まえることができ、狩をするとき特殊な協力関係を必要としないエスキモーはうたう習慣がなく、逃すことのできない数少ない機会に精妙な協同を実現しなければならない鯨を獲るエスキモーは、ふだんから歌によって拍子を合わせる訓練をしている」というもの。これは小泉がフィールドワークを通して発見したらしい。(市田良彦.『ランシエール 新<音楽の哲学>』)

番組に触発されて、なんとなくベートーベンを弾きたくなった。ピアノの蓋と椅子の上のあれこれをよっこいしょ!とのけて、楽譜を引っ張り出す。悲愴ソナタの第1楽章。筋骨隆々の和音。何年ぶりだろ。。30年?えっ、もっと? レッスンではやらなかったけど、今は穏やかな2楽章を弾きたい気分。でも、こんなことしてる場合じゃないよー。今日はまだ原稿0行だから。

小沼による特別講座のリポートはコチラで。番組ではカットされた内容も紹介されている。京都造形芸術大学での公開講座、観たかったなぁ。

| | コメント (2)
|

2010/09/30

こんなことしてるばあいちゃう!(TV編)

というのが最近のわたしの口癖。
口癖になってるということは、こんなことしてるばあいちゃう!と思うようなことばかりしてる証拠であるわけで。

このところTVで気になる番組が続いていた。松任谷正隆氏が出演してたニューミュージックを振り返る番組があったと思ったら、NHKでは松任谷氏と姜尚中先生の対談。人生で大切な10曲を選んで語るという内容。この組合せを思いついた人はえらい! どういう展開になるのかちょっと想像できなくて興味津々。ご本人たちもシルヴィ・バルタンで盛り上がったり、「それ、おんなじだ~!」と驚き合ってるのがおもしろかった。ただ、実際の「対談」時間が短かくてもったいないかんじ。それぞれのインタビューや曲紹介(当時の映像も含めて)とのバランスをもうちょっと考えてほしいと思った。

松任谷氏は裕福な家庭に生まれ幼稚園からずっと慶應。恵まれた環境で好きな音楽をやって、すくすく育ったのかと思いきや、パニック症候群みたいな症状でつらい時期や自分というものについて悩み続けた日々があったそう。
「ゆみさん」ことユーミンには複雑な想いを抱いているようで、「深い喧嘩」をしたときに思わず「僕の人生を返せ」と言ってしまったことがあるという。死ぬ前にもう一度聴きたい曲は♪ひこうき雲。

姜先生は、自分とは縁のないバブリーなユーミンの世界は嫌いだったのに、中央高速を走ると♪中央フリーウェイを口ずさんでいる自分がいるんですよね…と告白してた。死ぬ前の1曲は♪(オモニがよく歌っていた)茶摘み。

メモしてなかったので、それぞれの10曲が気になる方は、以下のブログをご覧ください。
oggi fa bel tempo! さん
人生が1枚のレコードだったら

『ウェストサイドストーリー』から始まって さん
ミュージック・ポートレイト ~人生が1枚のレコードだったら~

それから、週刊ブックレビューで谷川俊太郎が「言葉がなくても人を感動させられる『音楽』がうらやましい」と言ってたのが印象的だった。

本日、欝々とした日々の原因だった1つめの関所を通過。シュウロンなんだから、もう1つ作品を入れたほうがよいのではと指摘された。3つでいいよね~とテキトーに考えてたけど甘かった。早く全体を見通して副題も考えなくては。

| | コメント (4)
|

2010/08/02

ゴロゴロ×映画+α

週末は心ゆくまでゴロゴロ過ごすことに決めた。まずは撮りダメの消化から。と思ったけど、TVをつけたとき放映中の映画をそのまま見たりして、結局、撮りダメはあまり消化できず。

「ブリジッド・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月」
これまで何回か、ちら見していたけど、今回やっとストーリー全体がつながった。ぽちゃぽちゃブリジッドに共感を覚える。でも、ダーシーとダニエルが殴りあいの喧嘩をするほどブリジッドって魅力的なんかなあ?

「ブロークン・イングリッシュ」
NYで働く主人公は結婚相手が見つからなくて焦り気味。パリからやってきた年下の男性にやっと心を開き始めるが、パリについてゆく決心はできず。。。タイトルは、そのフランス人の話す英語のことなんやろね。 いきなり「アイム アングリ!」と言って何があったのかと思わせるが、実は「ハングリ!」だという場面はわかりやすかったけど、他にも異文化コミュニケーションの笑えるエピソードが盛り込まれていたのか。

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
チャンネルを変えたらトム・ハンクスの笑顔が映ってたので、そのまま見続けた。アフガニスタン支援の極秘予算を劇的に増額させた下院議員の話。非道な共産主義国家=ソ連という描き方が極端だけど、冷戦の最中はこれが普通だったのだろう。もろ、プロパガンダ映画というかんじ。でも、全体的には軽いノリの映画なので、なんだこれ~?と思いつつ見ていた。最後に、アフガニスタンの将来を担う子どもたちのために学校を建てる費用が必要だという主張が認められず、主人公の議員は「いつもアメリカは自分たちの理想を押しつけ、社会を変え、去ってゆく」と憤る。そっか、これが着地点だったのかー。お気楽映画と見せかけた大がかりな諷刺ということなのか。トム・ハンクス演じるウィルソン議員が実在の人物だとわかってびっくり。

「Vengo」
ミシェル・カミロとトマティートのライヴに行ったという話をしたら、院の大先輩がダビングしてくださった。いきなり演奏と踊りのシーンから始まって釘付けに(トマティート登場!)。ストーリー性はゆるくて、生活の中に音楽が入り込んでいるドキュメンタリータッチの映像。とにかく歌がすごくて圧倒される。魂の叫びと呼ぶにふさわしい。喉から血を吐くんじゃないかとハラハラするロマ(ジプシー)の唄を聴いていて、ブルーズの対極にあるような音楽だと思った。ブルーズも魂の叫びではあるのだけど、どこか醒めているようなところがあるように感じる。

「クリス・ボッティ イン・ボストン」
以前、ターミンさんに紹介してもらったときにYouTubeで何曲か見たのだけど、ラッキーなことにNHKで再放送されたので録画した。スティーヴン・タイラーの登場シーンはまたリピートして見てしまった。ゲストが登場する前に、それぞれの出会いをクリスが紹介するのだけど、スティーヴンのときはノーコメントでいきなりイントロを吹き始めた。どういうつながりなんだろう。

「BS世界のドキュメンタリー 遠くて近い大統領 ~ホワイトハウス記者のジレンマ~」
ホワイトハウス記者団にフランス人として初めて名を連ねた記者のリポート。オバマ政権はマスコミとの間に壁を築いていると言われており、憤慨しているジャーナリストも多い。その一方で、オバマは国民と直接コンタクトをとるために、新しいメディアを活用している。ブッシュ政権のほうがよかった(インタビューもさせてもらえた)と言う人もいたけど、それって自分たちの今までのやり方が通用しないからって文句言ってるだけに聞こえる。マスコミもチェンジ!が必要ってことだろう。
ガーナ訪問―アフリカン・アメリカンの大統領が初めてアフリカ大陸へ―のときは同行している取材陣も感極まっていた。♪エイメンのメロディーにのせて"Yes, we can!"と歌うコーラスは感動もの。

今、思い出せるのはこれくらい。あと、スペースシャトルのウェイクアップコールの番組がおもしろかった。今夜は本を読もうっと。

| | コメント (6)
|

2010/07/24

ボズがさすらいのブルーズマン?

数週間前にSong to SoulというBS-TBSの番組を見つけたときは、どうしてもっと早くに気がつかなかったのだろうと地団駄ふみたい気分だった。最初に目に留まったときは、ドアーズの「ハートに火をつけて」の回がもう終わろうとしていた。おもしろそうなので翌週の番組表を確認して録画予約完了。それがスティービー・ワンダーの「サー・デューク」の巻。古い映像やレコーディング時のメンバーのインタビュー、それに音楽面の解説もあり(この曲じゃないけど、ホールトーンスケールの話とか)、へぇ~っ!ふ~~ん!と楽しめる番組だったので次からは欠かさず録画するように設定した。おもしろかったので、そのうちココに書こうと思いつつ、今週のボズ・スキャッグスの巻を見たらもっとおもしろくて、ボズのことを書くことにした。

だって~、あのシルクディグリーズの、あの「AOR」のボズ・スキャッグスが、「さすらいのブルーズマン」だったなんて! 全然、知らなかったわー。といってもアメリカ南部をさすらっていたわけではなく、スウェーデンだ、インドだ、とワールドワイドなのだ。
で、アメリカに戻って"Boz Scaggs"というアルバムを出すのだけど、なぜかコレ、日本では「ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン」という邦題になっている。。これは要チェック!と録画再生しながら早速アマゾンで見ると、「よく一緒に購入されている商品」にデユアン・オールマンの"Anthology1"が挙がっていた。なにこれ~? 2枚組で聴いたことない曲もいっぱい。
うーん、どちらも買い!でしょう。しばらくCD買ってないし、もうすぐ前期も終わるので、よくがんばりました賞ってことで。前期終了のためには、まだゼミの発表とレポートがあるんだけど。

Boz Scaggs Anthology 1

ちなみにこの番組、来週はステッペンウルフの「ワイルドで行こう(Born To Be Wild)」、その次は、デレク&ザ・ドミノスのあの曲♪ですっ!

| | コメント (4)
|

2010/06/16

音楽番組あれこれ♪クラシカルなvuvuzela

書き損ねていたのだけど、坂本教授の番組「スコラ」のドラム編がおもしろかった。普段、音楽を聴いているときに、なかなかドラムまで気がまわらないのだけど、高橋幸宏氏がリンゴ・スターやチャーリー・ワッツの特徴を実演してくれたあとで音楽が流れると、ほんまやー!と大いに納得した。この番組は30分と短く、きりりと引き締まったかんじがしてよいと思う。

一方、以前よく見ていた♪どれみふぁナントカはバラエティ志向のせいなのか断片的過ぎてまとまりに欠ける印象が強い。その断片もパターン化しているきらいがあって飽きてしまった。なので、もう見てない。宮川さんの音楽の深読みコーナーだけを、もっと充実させたほうがいい番組になりそう。

なんだかなーと思っていたよっちゃんのロックギター講座の最終回は、目標の♪Smokyをちゃんとお客さんの前で演奏して、みんなを盛り上げていたのでよくがんばったなーと感心した(難しいところは、よっちゃん先生にお任せ)。ますださんは唄がうまかった。初心者としては恵まれ過ぎた環境で演奏できて、しあわせなことだ。
かくいうわたしも、昔々、パソコン通信時代にロック系フォーラムの【初心者セッション】というのに参加したことを思い出した。別名【聞く堪え】だっけ(聞くに堪えない音楽という意味)。バンド経験なし、コードもろくにわからないわたしでもあたたかく迎えてくれた先輩プレイヤーさんの中には、のっさんこと、今はCKBのギタリストとして有名な小野瀬さんもいた。初心者にとってはホントにありがたい企画だった。

TVではしばらくお目にかかってないけれど、ギャレス・マローン先生はどうしてるんだろう。twitterの写真はこんなのになってる。うーん。。。
Gareth_twit_bigger_3
Facebookでは、最近、スェーデンの人がドキュメンタリー(Unsung Town)を見て感動した!というコメントがあった。まだ、世界中で見られているわけではないんやね。アメリカでは7月7日に放映予定とか。どれが放映されるんだろう。
最近のGareth Maloneのtweetでおもしろかったのは、
"Vuvuzela? Berio got there first"
というもの。張ってあったリンク先で、Luciano Berioのオーボエのための作品が聴ける。たしかにクラシカルなvuvuzelaというかんじ。コレを最後まで聴くのはつらかった。(^^;)

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧