« 英会話再開♪ロック話 | トップページ | もぞもぞ生きてます »

2018/02/06

英会話スクール乗換その後

セルビア、リトアニア、ジンバブエ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、エジプト、ナイジェリア、インド、スリランカ、ジャマイカ、メキシコ、アンゴラ、クロアチア・・・ずらりと並んだ国名は、これまでにレッスンを受けた先生の出身地。名前は知っていても、どこにあるのかすぐには思い浮かべられない国が、先生から直接話を聞くことで、とても身近に感じられる。

昨年、久々にレッスンを再開したときは、全然英語が出てこなくて焦った。やっぱり、お気楽な英会話でも続けることが大切だと実感。
で、最初の頃はオリジナル教材の中から句動詞を扱ったものを試してみた。簡単な言葉で読んでわかるものも、実際に自分が話すときには、なかなか口から出てこない。だから、具体的な場面設定があってロールプレイをするのって、ああ、こういう時に、こう言えばいいのか…と身につく気がする。それに、この教材は準備に時間がかからないのがよいところ。

最近は、仕事も一段落したので準備する余裕もあるし、デイリー・ニュースを選ぶことが多い。教材用に短く編集してあるので、元記事を読んだり、関連動画を見たりすると、けっこう時間がかかる。
日本のニュースなのに知らなくてびっくりしたのは、ドライブスルーお葬式のこと。こういうサービスがあれば、足腰の弱くなった年配の人や障がいのある人など、これまで参列するのをあきらめてた人は助かるんじゃないかな。この記事には出典のリンクがなかったので、勝手に検索したものがこちら。↓
"Drive-thru funeral service will let Japanese bid an easy and fast last farewell"

今日読んだのは、Wikipediaに自分の名前を加筆したニュージーランドの若者が、いつのまにかボードゲームのキャラクタになってたという話。"Rising Sun"というゲームで、日本の神話を元にキャラクタを作ったらしいのだけど、ゲーム会社がWikipediaの情報を信用してそのまま利用した結果、謎のキャラクタ Kotahi が誕生したとのこと。Wikipediaを信用してレポートに使ったらあかんよ~!と学生に説明するいいネタになるね!
"This 19-year-old Kiwi farmer accidentally became a character in a US board game"

中国でHip-Hop禁止というニュースは、音楽が好きで盛り上がった先生と読んで、面白いレッスンになった。初回のレッスンで聞いたのだけど、ジンバブエでクラプトンを観た時、チケットが高くて1か月分のお給料をつぎ込んだとのこと。(@_@)

というわけで、相性のいい先生も少し見つかったけど、来月から料金値上げするので、またちょっと考えなくては。スマホみたいに乗り換えキャンペーンとかあればいいのに。(^^;)

|
|

« 英会話再開♪ロック話 | トップページ | もぞもぞ生きてます »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英会話再開♪ロック話 | トップページ | もぞもぞ生きてます »