« あんたが先か | トップページ | 毎日やってます »

2016/06/19

めぐりあった絵本

先月、絵本と洋書を楽しむ会に顔を出してみた。3月に初めて参加したブッククラブの主催者である洋書屋さんが、新たに立ち上げられたもので、今回が初めて。総勢4名(5名の予定が1名欠席)のこじんまりした会だったが、楽しいひとときだった。それぞれがお気に入りの絵本を紹介して、おしゃべりをするという肩の凝らない雰囲気。紹介された本はどれも魅力的だった。いちばん興味をもったのは(←英語学習という観点で)エドワード・ゴーリーという異色の作家である。

絵本というと日本人がイメージする"kawaii"とは趣がかなり違う。たとえば、名前のアルファベット順に子どもが登場しては死んでゆく作品「ギャシュリークラムのちびっ子たち」や妙に気になる謎の動物がやってくる「うろんな客」。内容も絵もちょっと不気味だったり、ひねりが効いていたりで、後々まで強い印象が残る。

洋書の絵本と翻訳ものの両方を見せていただいたのだけど、あの柴田元幸先生が翻訳されたものがたくさん出版されているのも心ひかれた理由である。英語のリズムや押韻をどんなふうに生かして日本語で表現するか、いろんな工夫が詰まっているにちがいない。英語と日本語が併記されているので2倍楽しめる。こちらのサイトはゴーリ―について柴田先生のインタビューがたっぷり載っていておすすめ。

さて、わたしが紹介したのはなつかしいこちらの絵本。積極的に絵本を読んできたわけではないので、これくらいしか紹介できるものがなかったというのが本当のところ。でも、これは今でも自信をもっておすすめできる。二人の文通という構成、封筒の中から手紙を取り出して読むという仕掛けなど、みなさんおもしろがってくださった。ストーリーもミステリアスで余韻を残して終わっている。すぐに購入した方がひとりおられたようで、うれしい。

わたしも久しぶりに再読して、絵葉書のすみずみまで眺め尽くしたり(切手のデザインにも注目)、どきどきしながら便箋を広げる感覚を思い出した。手紙などめったに書かなくなった今だからこそ新鮮。続編は持っているけど、完結編は持ってないので買わなくてはね。

|
|

« あんたが先か | トップページ | 毎日やってます »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あんたが先か | トップページ | 毎日やってます »