« シャツが出てる3歳ボーイと106歳のダンシングレディ、ホワイトハウスへ | トップページ | スーパー・チューズデー »

2016/02/26

Four-letter name

オンライン英会話でUKロックの話をしていたら、ミュージシャンの名前が思い出せない…としばし考える先生。「four-letter nameで、えっと、hobo みたいで・・」(^^;)
それはさておき…と話を続けて数分後、いきなり「思い出した!さっきのBonoだよ!」って。
これから先、Bonoを見るたびhoboという言葉が浮かんでしまうこと間違いなし。

この英会話スクールのポイント使用期限は今週末。無事に使い切ることができそうでよかった。その後どうするか迷ってたけど、やっぱり同じスクール、同じコースで続けることにして、えいやっ!と受講料を振り込んだ。1年コースだと一度にそれなりの額が必要なのでちょっとためらってしまう。でも、1レッスン(25分)あたり72円なのでお得感があるでしょ?

以前受講していたKeyeyeは1レッスンあたり62円(1ポイント消費の場合)のコースがあるのだけど、わたしがレッスンを受けたい先生はたいてい2ポイント必要になっている。それにSMLE(カランメソッドに類似)のコースだと6ポイント必要なのでぐっと割高。同じSMLEが今のスクール(テノリエイゴ)なら4ポイント消費。内容はまったく一緒、先生も一緒なら当然安いほうよねってことで。
ただ、予約保持数が少ないのは不満。他のコースと同じ「2」なので、一度に予約できるのは2レッスンまで。その後は1レッスン終わるたびに、次のレッスンを予約する。「毎日4レッスン」と言うなら、まとめて予約できるように保持数も絶対増やすべきだと思う。あとはサイトのデザインが、もうちょっとすっきりして使いやすいとうれしいな。

Bonoをhoboと言った先生は、わたしがいちばん頼りにしている先生。話が脱線することが多いけど、それもまた楽し。文法的な説明が的確でわかりやすいし、馴染みのない単語や表現は、場面設定をした上で、こんなときに使えるよ、と教えてくれるのでイメージしやすい。
また、言い換えや関連表現を、こんなの知ってる~?と紹介してくれるので、教材どおりのレッスンをする先生よりも広がりのある内容になっておもしろい。

昨日は"jaw drop to the floor"が話題になったのだけど、それって驚き過ぎだよね~。マンガでよくあるけど。
Jaw_dropping_dog2

日本語で「顎がはずれる」という表現があるけど、これは大笑いするときに使って、びっくりとは違う。でも、顎がはずれるほど驚いた・・って雰囲気出てるし、誤用する人が出てきて、そのうち取って代わるかも。

|
|

« シャツが出てる3歳ボーイと106歳のダンシングレディ、ホワイトハウスへ | トップページ | スーパー・チューズデー »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャツが出てる3歳ボーイと106歳のダンシングレディ、ホワイトハウスへ | トップページ | スーパー・チューズデー »