« ジグソー法 | トップページ | Four-letter name »

2016/02/24

シャツが出てる3歳ボーイと106歳のダンシングレディ、ホワイトハウスへ

最近iPhoneに追加したアプリがしょっちゅうBreaking Newsを通知してくる。今日もピロロンと鳴ったので何かと思ったら、共和党のトランプがネバダで勝利確定という速報(大統領選候補者指名争い)。そのうち消えてゆくだろうと思ってたのに。。それどころか今回も圧勝らしい。日本のニュースでもトランプの暴言が取り上げられるけど、暴言というより下品な発言も多いようで、スピーチを聞いてみようなんて気にもならない。

うれしくないニュースが多い中、昨日は心が晴れやかになる記事が目に留まった。106歳のVirginia McLaurin さんがホワイトハウスに招かれオバマ大統領に会った話。見出しのDancingは文字通り、小躍りして喜ぶVirginiaおばーちゃんの様子を表している。
Dancing 106-year-old describes the day she charmed the Obamas: ‘I can die smiling now’

友人たちの尽力により、Black History Monthのイベントでホワイトハウスへの招待が実現したとのこと。オバマ大統領に会って無邪気にはしゃぐおばーちゃんはとてもチャーミング!
今回の招待は急に連絡があったので、新しいドレスと靴を買いに行く暇もなかったそう。それで103歳の誕生日パーティーで着たブルーのスーツを選んだら、お孫さんがそれに合わせてブルーのネイルをしてくれた。ミシェル夫人も「ステキ!このネイル見て~!」って言ってる。

長い苦難の歴史を目の当たりにしてきた、いや、そんな言葉じゃ足りないよね。。まさにその苦難の歴史の真っ只中を歩いてきたダンシングおばーちゃんにとって、オバマ大統領の存在はどんなに大きなものか。。その大統領とファーストレディとともにホワイトハウスにいる時間がどれほどかけがえのないものか。。
喜びがあふれ出す様を見ていると、わたしもしあわせな気持ちに包まれる。オバマ大統領夫妻もとてもうれしそう。常にポジティブでハッピーでいようと心掛けてきたというおばーちゃんは、周りの人にしあわせを分けてくれるんよね。
(参考: Virginia Mclaurin さんのサイト)

オバマ大統領関連では少し前にも素敵な写真があったのでここに貼っておこう。
記事はこちら:This photo of Obama and a little visitor at a Black History Month celebration is remarkable


Boy

こちらはわずか3歳、おめかししたクラークくん。お気に入りの本がThe White House Pop-Up Book なので、ホワイトハウスの敷地に入った途端、そこがどこか判ったそう。
小さいながらも、ちょっと緊張してるのかな。あ、TVで見たことあるプレジデントや~とか思ってるのかな。いい表情やなぁ。この日の記憶は彼の中でどんなふうに残るんだろう。

オバマ大統領のスピーチには心動かされるものがたくさんある。国を超えて多くの人を魅了するのは、やはりそこにしっかりと理念があるからだと思う。地球に生きる同じ人間として共感できる、そんな人の言葉は時を超えて語り継がれてゆくだろう。

|
|

« ジグソー法 | トップページ | Four-letter name »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジグソー法 | トップページ | Four-letter name »