« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015/08/20

ハト小屋納骨堂

お盆ウィークのTVは戦争関連映画が多い。先週、2、3日の間に「Schindler's List/シンドラーのリスト」、「Flags of Our Fathers/父親たちの星条旗」、「Windtalkers/ウィンドトーカーズ」、「The Pianist/戦場のピアニスト」を見たら、頭も心もぐったり疲れてしまった。その少し前には「Extremely Loud & Incredibly Close/ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を見たが、こちらは9.11が題材になっている。

Flags of... とWindtalkersの2本は軍隊におけるマイノリティ(ここでは先住民)の存在が印象に残った。どちらもAdam Beachという俳優が演じており、かれ自身もカナダ、マニトバ州の居留地で生まれた先住民族。かれをネイティブ・アメリカンと書いている記事を見かけたが、カナダ生まれなのでそれはおかしいよね。こちらのバイオグラフィーには"First Nations"という表記がある。
これは、Native American や American Indian に代わる言葉だそう。"American" ではカナダの先住民族が含まれないことなどから1980年代初めからカナダで使われるようになった先住民族の自称語とのこと(英辞郎on the WEB)。

お盆ウィークの英会話クラスはお墓の話が多い。フィリピン人の先生が"Columbary"はいらない、散骨してほしいと言うので、何かと思って調べたら「ハト小屋」という意味。Googleで画像検索したらロッカータイプの納骨堂だとわかった。
Columbary3560x300 

後で辞書を調べると、ラテン語Columbariumに由来する語。地下につくられた納骨堂で、壁面に骨壺を納めるniche(壁龕・へきがん)が設けてあり、それが鳩舎に似ているのでこの名称となった(ラテン語columbaはハトの意)という。こういう納骨堂が古代ローマ時代からあったんだ。
Place6_scipiostomb_3big

無機質なロッカーよりハト小屋と呼ぶほうが親しみがあっていい。でも、この世でウサギ小屋、その後さらに狭いハト小屋へ移るより、広大な海に散骨してもらうほうがわたしもいいなぁ。

| | コメント (0)
|

2015/08/09

測定不能の猛暑日

先週月曜日の補講3コマでやっと前期終了!YEAH! さて夏休み~!
というわけではなく、その後、ずっと家にこもって試験の採点をしていた。4日目になるとさすがにペースダウンというか休憩タイムが長くなる。そして、週末くらいは堂々と(?)休んでもいいよね…と思ったりして、いまだに終わらない。

ずっと猛暑日が続き、1日中エアコンをつけているけれど、午後4時頃になると室内の温度がじわじわ上がってくる。ベランダに打ち水をするのが日課になった。窓のサッシがびっくりするくらい熱くなってた日に、温度計を外に出してみたら・・測定不能になった。あわてて温度計を部屋に戻すと、ちょっとして「49℃」と表示された。
Toohot

今はバリ島のほうが涼しいみたいなので「避暑」に行きたいなあ。でも、先月からジャワ島の火山が噴火した影響を受けて、バリのングラ・ライ空港が何回か閉鎖されている。どうしたものか。
TVで見ると、すぐそこに行きたくなるのだけど、今はベトナムのサパに心惹かれている。モン族やザオ族など美しい民族衣裳を着た人が集まっているらしい。でも、そんなことしている場合ちゃうで!という心の声も聞こえてくる。講師控室で学部時代の指導教官にお会いしたとき、書くもんはさっさと書いたほうがいいですよ…と言われた。そう、書かなきゃね。。そのためには来年度の仕事を少し減らさなくては。

なんかもう前期はひたすら走り続けたというかんじ。英語嫌い、苦手と言いつつ、かなりがんばった学生の多かったクラスで「Good job!」と自分をほめてあげようと話したのだけど、わたし自身にも言いたいよ。あれこれ悩んで眠れぬ夜や胃が痛くなる時期もあったけど、「嫌いさがマシになった」とか「すらすら読めるようになって嬉しかった」という学生の言葉に励まされる。やっぱり「あ、わかる!」という瞬間がたいせつなんだなあ。

| | コメント (0)
|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »