« やっとこさ | トップページ | 四月になればセンセイは… »

2015/03/22

久しぶりのまつり縫い

バリの新年が明けた。大晦日にあたる日の夜、オゴオゴパレードの時間帯には大阪にあるバリニーズ・レストランでビンタンを飲み、サテリリッとサンバルマタを食べていた。テイクアウトもできるお店で、毎回、その2つとラワールをお土産に持って帰る。相方もスパイシーなバリ料理が大好きなので、うう、しあわせ~!とつぶやきながら頬張っていた。サンバルマタは何に添えても味を引き立ててくれる。今回は焼き魚と一緒に食べた。

この春休みはどこにも行かず、ほとんど家にひきこもっていたような気がする。読むのも書くのも、さっぱり捗っていないが、家の用事を少しずつこなしているので、まあ、そういう時期もアリだよね、と自分に言い聞かせている。
われながら画期的だと思ったのは、ゆるゆる断捨離の一環でアイロン台のカバーを交換したこと。買おうかなと思ったけど、簡単に自作している人をネット上でたくさん見つけたので、わたしもトライしてみた。ちょうど再利用したい布があったので、その上にアイロン台を載せ、目分量で縫い代を加えたあたりを、ざくざく切った。
ミシンを出すのは面倒だし、だいたい何年も使ってないので動くかどうかわからないから、手縫いするしかない。ゴムを通すため三つ折にして、まつり縫いをした。苦痛かなと思ったけど、手を動かし始めると、意外と・・なんて表現すればいいのか難しいけれど・・手作業に没頭する時間というのは心地よかった。

Img_0448_r

新学期が迫っているのに、新しい教科書のCD、DVDなどの資料が届かず、しびれを切らして出版社にメールしたら、すぐに「本日発送します!」と返事があった。なんだ、もっと早く催促すればよかった。来週は授業準備をがんばるつもり。その前に、夜更かしをやめて、新学期に適応できる生活リズムを取り戻さなければ。そのためには早く寝ること。ダウントンアビーを見たら、寝つきが悪くなるので見るのはガマンしたほうがいいだろうなあ。

|
|

« やっとこさ | トップページ | 四月になればセンセイは… »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっとこさ | トップページ | 四月になればセンセイは… »