« 天岩戸に隠れたい | トップページ | やっとこさ »

2015/02/25

マンボ!-踊りと音楽

先日、TVをつけたらウエスト・サイド・ストーリーが始まったところで、ついつい見入ってしまった。レコードを何回聴いたかわからないくらい、昔から好きな映画。但し、歌詞を意識して聴いた曲は少ない。それでも、ダンスパーティーのシーンで「マンボ!」と叫ぶタイミングは身体にしみついている。

タイムリーなことに「踊る昭和歌謡―リズムからみる大衆音楽」(輪島裕介著)を読み始めたところなので、いつになく映画の中のマンボが気になった。あのダンスシーンで踊っているのがマンボと呼ばれるダンスなんだろうか。

この本によると、1955年から展開したマンボ・ブームをきっかけに、「特定の踊り方と結びついた音楽スタイルが『ニューリズム』としてほぼ毎年のように紹介され」たという。レコード会社がレコードを売り込むためにダンス講習会を催すという戦略が成功したようだ(そのきっかけとなったのが「東京音頭」!)。やがて、国産「ニューリズム」のドドンパが誕生する。(ドドンパってなになに? 早く続きを読まなきゃ。)

まだ、イントロとちょろっとくらいしか読んでないのだけど、「昭和歌謡」を「踊り」という切り口で見直すというのがとてもおもしろい。そもそも、「大衆音楽」と「芸術音楽」は、「踊り」か「鑑賞」か、という「享受(参加)モードによって区分」される。そこに至るには、場の区別が存在した。「真面目で厳粛な公開演奏会を行うコンサートホールと娯楽的な音楽施設」である。そして、後者にあたるダンスホールやキャバレーを通して普及したのがマンボを始めとする「ラテン音楽」だが、ここでさらに興味深いのは、それらがアメリカ経由で入ってきたという点である。それが、日本での受容にどのように影響したのか。。興味津々である。

あ、ダンスで思い出したことがひとつ。以前見た「美しき青きドナウ」のドキュメンタリーで、ワルツは本質的に性の革命だと言ってたのが印象に残っている。ワルツのような社交ダンスは、ハイカルチャーの典型だと思っていたけれど、そういう側面があったとは気づかなかった。

こんなふうに映画や録り溜めた番組を見て、お気楽な春休みを過ごしていたら、久々に夢でうなされた。新学期が始まって新しいクラスで授業をしているのだけれど、まったく準備をしてなくておろおろしているの巻。まだ1カ月あるのに。やっぱり、潜在的にかなりプレッシャーを感じているのだろう。早く準備を始めて、心穏やかに新学期を迎えたい。

|
|

« 天岩戸に隠れたい | トップページ | やっとこさ »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天岩戸に隠れたい | トップページ | やっとこさ »