« ノートを使い切った | トップページ | オンラインあれこれ »

2015/01/20

毛糸のいのち

芸術家の作品が死後に発見されて話題になることがあるけれど、みれどのへたっぴな編みかけセーターなど残されてはいい迷惑だろう。何年も押入れで寝かせてきた未完の作品を、今年はそろそろなんとかしようと思う。

両身頃完成済み、袖を編みかけのこのセーターは、模様編みが気に入ってるのだけど、これから袖を仕上げる根性があるかどうか。。
Img_0102_r

  

これはベストの後身頃だけ完成。色違いを父にプレゼントした後、母にもお揃いで編むつもりだったけどギブアップしてしまった。

Img_0103_r

 

こちらはつい最近、思い立って年末にマフラー、年明けに帽子を編んだ。この毛糸は大のお気に入りで、昔々、一度マフラーと帽子を編んだときに、セーターも編もうと買い足したもの。結局、セーターはノースリーブのまま放置して早幾年。この後、どうしようか。
とにかく、この毛糸は編んでいる時が楽しくて仕方ない。どんな色が出てくるか、どんな編地になるか、わくわくする。ひとつめのマフラーと帽子は洗濯を繰り返しているうちに、目が詰まってきて、ふわふわ感がなくなってしまった。
Img_0105_r

 

これまで続きを編むことばかり考えていたけど、一旦ほどいてしまって、新たに別のものを編むのもアリだなと思うようになった。そういえば、子どもの頃、毛糸の「かせ」をわたしの両手にかけて、母がくるくると毛糸玉を作っていたのを思い出した。自分の両足を使っていることもあったっけ。
セーターをほどいたばかりの毛糸はインスタントラーメンみたいにくねくねしている。それを伸ばすのはどうしてたんだろう。蒸し器を使ったのかなあ。そこはよく覚えていない。今ならスチームアイロンが便利。

押入れの中は編みかけだけでなく、完成後、引き続き熟成中のものもある。つまり、着るに耐えないってことなんだけど。嵩張るだけなので、これも解体して再利用するほうが意味がある。

Img_0106_r

 

そうだ、母の手編みのセーターで、もう着なくなったものも、ほどいて生き返らせよう。母の思い出にわたしの思い出が積み重なって、きっと暖かいセーターになるはず。
リサイクル、リフォームっていのちを生み出すこと"reborn"なんだなあ。。としみじみ思う大寒の夜。おやすみなさい。

|
|

« ノートを使い切った | トップページ | オンラインあれこれ »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノートを使い切った | トップページ | オンラインあれこれ »