« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015/01/29

解読不能のメモ

公開講座の最終日は、逐次通訳のパフォーマンスをすることになっていた。事前に音声データとスクリプトをもらっているので、内容を頭に入れた上で、当日、メモを取りながら通訳するというもの。だったら楽勝やん!と思われるかもしれないけど、練習してみると、メモがうまく取れず、日本語がすんなりとは出てこない。それじゃ、すぐ思い出せるように、できるだけたくさんのメモを残そう。。と思うと、書くことに追われて、ますます日本語が出てこない。出典はVOAのゆっくりスピードのニュースなのに。

通訳者のノートテーキングは記号を活用することがよく知られている。矢印くらいならすぐに使えるけれど、それ以外のものは、自分で決めて何度も実際に使って定着させておかないと、いざというときに役に立たない。どこかで読んだものをマネしてみても、すぐにその記号から日本語を再現できなければ何の意味もない。

英日の通訳練習なので、英語を聞いて、すぐに日本語でメモできれば、再現する時は楽だけれど、頭の中で日本語に変換するのに時間がかかってしまう。だから、わたしのメモは単語をアルファベット数文字に省略したものが多い。その結果、以前、授業中の練習で "exp"だらけになったことがある。expert, export, expect...どれも"exp"とメモしたので再現するときに、ん?となって焦った。メモに頼りすぎるのも問題である。

日本語でメモをとるときは、一番早く書けるということで、カタカナを使うことが多い。今回、糖尿病はトニョ。なんかかわいい。climate changeは頻出単語なので慣れたら「cl ch」で大丈夫かなと思うけれど、まだ脳に定着してないので「キコヘン」にしてみた。
記号を使ったのは、around the world。○に横線をいれた土星みたいなマークで表した。それから、心臓病をハートマークにしたのも時間節約になってよかった。

このような記号をいくつか公開されているブログがあったのでリンクを張らせていただく。
わたしの実物メモも公開しようかと思って写真を撮ったけど、汚い文字で解読不能、意味不明という事実が明らかになる以外、なんのメリットもないのでやめておくことにした。

最後に修了証書をいただいて、こんなものまで用意されているのかとびっくりした。受講中は時間がとれず、自宅学習ができなかったので、何かが身についたという実感はまだないけれど、教えていただいたことを今後の学習に生かしたい。また、毎週の単語チェックのおかげで、苦手な分野の単語も覚えようと努力できたのはよかった。ES細胞とiPS細胞は、まだすっと出てこないけど。

| | コメント (3)
|

2015/01/22

オンラインあれこれ

今年度の授業は先週で終わったので、今週はちょっと一息。といっても、来週の定期試験が終わって成績を提出するまではもう一仕事あるし、新年度の教科書を決めて今週中に連絡しなければならない。新しい非常勤先の分も(締切はいつかまだ連絡がないけれど)さっさと決めなくては。

最近はMOOCsに興味があって、春休み中なら時間があるだろうと思いedXに登録してみた。"The Music of the Rolling Stones,1962-1974"が始まったばかりのCourseraも気になる。世界中の大学の面白そうなコースを無料で受講できるなんて、いい世の中になったものだ。きっと、授業にも生かせる発見があるはずと期待している。
Stonescourse

ずっとサボっていた内職のほうも、ここ数日、集中して取り組んだ。今日のスカイプ・ミーティングで、やっと次の段階に進んでOKという話になった。先のことを考えると、どこでもできる在宅の仕事はありがたいので、細々とでも続けようと思っている。それに商標をめぐる争いをみると、世の中のことがわかっておもしろい。

今日、読んだ中にはモンシュシュとゴンチャロフの対決や極真会館のややこしい訴訟があった。 ピンタレストとパスのマークが似ていると揉めたことも初めて知った。わたしはPathのアカウントを持っているので、パス=Pathだとすぐわかったけど、SNS に馴染みのない人だったら、あまりピンとこないだろうな。

それから、「リッチマッチャ」と「マッチャリッチ」は「その音構成が明確に異なるものであるから,互いに相紛れるおそれはない」という記載があったけど、わたしの脳内では相紛れてぐちゃぐちゃです。(^^;)
さて、次のスカイプ・ミーティングまでに、英語で商標の審査等について話せるように、用語を思い出しておかなくては!

| | コメント (0)
|

2015/01/20

毛糸のいのち

芸術家の作品が死後に発見されて話題になることがあるけれど、みれどのへたっぴな編みかけセーターなど残されてはいい迷惑だろう。何年も押入れで寝かせてきた未完の作品を、今年はそろそろなんとかしようと思う。

両身頃完成済み、袖を編みかけのこのセーターは、模様編みが気に入ってるのだけど、これから袖を仕上げる根性があるかどうか。。
Img_0102_r

  

これはベストの後身頃だけ完成。色違いを父にプレゼントした後、母にもお揃いで編むつもりだったけどギブアップしてしまった。

Img_0103_r

 

こちらはつい最近、思い立って年末にマフラー、年明けに帽子を編んだ。この毛糸は大のお気に入りで、昔々、一度マフラーと帽子を編んだときに、セーターも編もうと買い足したもの。結局、セーターはノースリーブのまま放置して早幾年。この後、どうしようか。
とにかく、この毛糸は編んでいる時が楽しくて仕方ない。どんな色が出てくるか、どんな編地になるか、わくわくする。ひとつめのマフラーと帽子は洗濯を繰り返しているうちに、目が詰まってきて、ふわふわ感がなくなってしまった。
Img_0105_r

 

これまで続きを編むことばかり考えていたけど、一旦ほどいてしまって、新たに別のものを編むのもアリだなと思うようになった。そういえば、子どもの頃、毛糸の「かせ」をわたしの両手にかけて、母がくるくると毛糸玉を作っていたのを思い出した。自分の両足を使っていることもあったっけ。
セーターをほどいたばかりの毛糸はインスタントラーメンみたいにくねくねしている。それを伸ばすのはどうしてたんだろう。蒸し器を使ったのかなあ。そこはよく覚えていない。今ならスチームアイロンが便利。

押入れの中は編みかけだけでなく、完成後、引き続き熟成中のものもある。つまり、着るに耐えないってことなんだけど。嵩張るだけなので、これも解体して再利用するほうが意味がある。

Img_0106_r

 

そうだ、母の手編みのセーターで、もう着なくなったものも、ほどいて生き返らせよう。母の思い出にわたしの思い出が積み重なって、きっと暖かいセーターになるはず。
リサイクル、リフォームっていのちを生み出すこと"reborn"なんだなあ。。としみじみ思う大寒の夜。おやすみなさい。

| | コメント (0)
|

ノートを使い切った

ノートを1冊使い切ったのって何年ぶりだろう。オンライン英会話のメモ取り用。その時だけの走り書きメモなので、後から見返しても、何のことやらわからない。だいたい自分の書いた文字や記号が判読できないのだから。メモ取りも練習が必要。

オンライン英会話を始めて1年以上になる。English Powerでスタートして、Keyeyeに変わり、その後、迷った挙句Tenorieigoに移り今に至る。KeyeyeとTenoriは、コンテンツが共通の別会社という不思議な関係。
どこのスクールも「1レッスン○○円から!」などと最低価格を大々的に宣伝している。注意しなければいけないのは、たしかにこれが最低価格ではあるけど、自分が受けるレッスンがこれに当てはまるのか?という点。
KeyeyeやTenoriは、通常、レッスンの価格は消費ポイントで示される。Keyeye時代によくレッスンを受けた先生は2ポイント講師と呼ばれ、通常レッスンで2ポイント消費する。カランや英検のレッスンになると、これが6ポイントになる。わたしがKeyeyeを始めたときは4ポイントだったが、契約の途中でいきなり消費ポイント数が増えてしまうこともあるのだ。

わたしの場合、カラン/SMLEのレッスンを受けたいので、Keyeyeが6ポイントに変更して実質値上げとなった時点で、4ポイントで同じレッスンを受けられるTenoriのほうが安くなった。また、通常、Keyeyeの2ポイント講師が、Tenoriでは1ポイントなので、その点でもお得感がある。そう考えてTenoriに乗り換えたのだけど、すぐに誤算が発覚した。予約保持可能回数、つまり一度に予約できるレッスン数が違うのだ。てっきり、Keyeyeと同じ条件だと思っていたし、申込画面ではその記載が洩れていたので気づかなかった(会社側に問合せた結果、今では記載されている)。

・・などと細かい話を書いたけど、関心のある人っているかな。オンライン英会話スクールのブームは去ったような気がする。でも、先生によると東京オリンピックに焦点を合わせて勉強している人も多いらしい。そういう動きは関西にいると全然感じられない。と思うのは、わたしがオリンピックにあまり興味がないから? 世間は盛り上がっているのかしらん。

あ、それから、オンライン英会話スクールは基本的にクーリングオフの対象外なので、これから始めようと思っている人はよく考えてスクールやコースを選んでほしい。わたしはかつて、地元の英会話スクールが倒産して痛い思いをしたので、慎重になるあまり、なかなか始める決心ができなかった。まずは短期間、たとえば1カ月単位のコースで始めるほうが安心できるだろう。

| | コメント (0)
|

2015/01/10

汝を友らせ給へ:コトバあれこれ

今使っている教科書のダイアログに"Can I friend you?"という文が出てきた。friendを動詞として使っている、最近の教科書ならではの例。"text me"というtextは受け取ったことあるけど、"friend you/me"は実際にはまだ見たことがない。
ネット上では、よく使われているかな~と調べてみると、おもしろい記事"'Friend,' as a Verb, Is 800 Years Old/ Sorry, Zuck! English speakers have been friending each other for centuries." を発見。Facebookでこの用法が広まったと思われているけど、"BZ (Before Zuckerberg) era"から、すでに使用例があるとのこと。最も古い例は13世紀!

辞書を引くと、ちゃんと古英語の用法として動詞も載っていた。しばらく使われてなかった語が甦ったわけで、そういう運命の単語もあるんだなあ。

昨夜、ペキン(北京)と言おうとしたのに、あせって口から出たのはピケンだった。peとkiの母音が交替してるってことなんだけど、これも音位転換の例なんかな。日本語なのに母音だけ入れ替わるのっておもしろい。というより、脳の働きが鈍ってるってことかも。おもしろがってばかりもいられない。

昨年の話だけど、書くタイミングを逃してしまったので…
遅れて入ってきた学生に注意すると、「ベータがめっちゃ混んでたんすよ」という返事。その前の週の「チャイチャク」*はすぐに理解できなかったが、これは文脈からエレベータのことだと容易に推測できた。
言葉を省略するのに後半を取るのは珍しい例だなあ。学生の間では定着してるんだろうか。それとも、意外と業界用語だったりして、学生がバイト先で覚えてきたとか。まあ、前部を取るとエレベになって、楽器と紛らわしいしね。

などと思って、「新語はこうして作られる」を引っ張り出して読み直したら、そうそう、そうやった!

短縮語の基本は語頭部分を残すことだが、以下のように例外も多い。語末を残す形式である。
(a)バイト、メット、さてん
(b)ハマ、ヅカ、ダチ、ジュク、ジョウジ
(c)パシリ、ばしり、サツ、ヤク、ブツ、むしょ、ガイシャ
(d)~(f) 略

以上のような具体例を挙げ、特に、若者言葉とやくざ言葉が、例外的な形式で多くの短縮形を作ってきたと指摘している。つまり、「若者とやくざと言えば、社会の決まりを守らない二大集団であるが、[…] 言葉の規則も破っているのである。」 その理由としては「仲間にしかわからない語(つまり隠語)を作り出す」という動機が挙げられる。なるほど~。あえてわかりづらい形で省略してるのね。今度「ベータ」って言う学生がいたら、この話をしよう。

なお、上記短縮語の元の語は以下のとおり。
(a)アルバイト、ヘルメット、喫茶店
(b)横浜、宝塚、友達、新宿、吉祥寺
(c)使いっ走り、網走(刑務所)、警察、麻薬、現物、刑務所、被害者

*チャイムと同時に着席

| | コメント (0)
|

2015/01/02

FDこじ開けて おめでとうございます

年明け早々に、昨年11月から入院している義母のお見舞いに行く予定だったが、新幹線の指定席が取れそうになく、急遽、年末の30日に残り2席を確保して行ってきた。だから…というのは口実なのだけど、大掃除もせず、おせちも作らず、まったくお正月らしくない2015年の幕開け。
というか、掃除を持ち越して、3が日も部屋を片づけることにした。年内にあれもこれもしなければ!と思うと、その気持ちだけで疲れてしまい、結局、あれもできてない、これもできなかった~とネガティブな気持ちで年を越すので、あまり懸命にならないほうが賢明なのである。

今日は、懸案事項の1つだったフロッピーディスクの処分に着手。前にも一度、処分したけど、どんなふうにしたっけ?と思い出せないので、あらためて検索して、この動画を参考にさせていただいた。



軍手をして、(バネが飛んでくるので)ゴーグル代わりに「リーディング」グラスをかけ、マイナスドライバーを使い、FDをこじ開ける。生牡蠣の殻をこじ開けるのと似てるね~と言いながら流れ作業を続ける。

古いカセットテープのデジタル化も同時に進行中。音質にはこだわらず、とりあえず、フリーソフトでPCに取り込んでいる。そんなわけで、柳ジョージ&レイニーウッドを聞きながらFD解体に励んだ。

スキャナも大活躍。太いパイプファイル2冊、プリント類がどっさり入っていた段ボール箱1つが空になって、ほんのちょっとすっきり。まだまだ段ボール箱は残ってるけど、それはまあ、今年の目標ということで。それから、いつも適当な隙間に突っ込んでバラバラになっていた本を、ざっくりとだけどテーマ毎にまとめてみた。音楽関連コーナーができたけど、blues本が意外と少ない。
もう少し片づけを続けたいけれど、そろそろ仕事の準備を始めないと間に合わない。続きは、非常勤先の期末試験が終わってからにしよう。

昨日も今日も、散歩に行こうかな~と思うと、みるみる空が暗くなり、雪が横なぐりに吹きつけてきたので家で丸くなっていた。こたつはないけど。
こんなデブショーで、さらにブログブショーのわたくしですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)
|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »