« 付箋作戦とmikan | トップページ | みれどのイロハ »

2014/11/29

つい取ってしまう2冊目の週刊誌

「知ろうとすること。」読了。
糸井重里さんと早野龍五先生の共著。早野先生のツイッターは東日本大震災直後からフォローしていた。科学的なデータを提示し、わかりやすく、説明をツイートしておられたので、貴重な信頼できる情報源だった。
糸井さんもそんなふうに感じたようだ。
「早野さんは冷静に事実だけをツイートしていて。ああ、この人は信頼できる人だ、と思ったんです。」

そして、情報を選択する基準について次のように言っている。

「ぼくは、じぶんが参考にする意見としては、『よりスキャンダラスでないほう』を選びます。『より脅かしてないほう』を選びます。『より正義を語らないほう』を選びます。『より失礼でないほう』を選びます。そして『よりユーモアのあるほう』を選びます。」

同感です。あふれる情報の中から何を選べばよいのか。自分の責任において取捨選択しなければならないとき、何を拠りどころとすべきか。よくよく考えなくては。さらに、リツイートやシェアによって、情報がどんどん拡散してゆくことの怖ろしさを認識しておかなくては。

「2冊目の週刊誌」の例には痛いところを突かれた。わたしも平積みの本を選ぶとき、なんとなく2冊目を引っ張り出して買うことがよくある。その行動が、風評被害につながるという指摘である。

早野先生は、給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発まで、最初は自前で取り組んでこられたそう。必要だと思ったら行動する。そして、たとえ科学的には必要がなくても、お母さんたちの不安を解消してもらうために開発したのが「ベビースキャン」だった。

人間は、科学的な裏付けだけで納得できなかったり、安心できなかったりするから、やはり目の前で測定して「ほらね、大丈夫ですよ」と言ってもらいたいのだろう。この装置のおかげで、お母さんたちと会話をする機会ができ、具体的な心配の内容を理解できたと早野先生は言う。だから、この装置は結果的にコミュニケーションツールとして大変役に立ったとのこと。

科学的な事実も、相手に十分に伝えることができなければ意味がない。知ろうとする姿勢に応じて、伝える姿勢についても考えるべきだろう。
最近、また、医師のコミュニケーション能力の不足・欠如を感じることがあったので、早野先生のような視点を医療現場の人にも持ってもらいたいと思う。

|
|

« 付箋作戦とmikan | トップページ | みれどのイロハ »

Diary」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 付箋作戦とmikan | トップページ | みれどのイロハ »