« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/29

つい取ってしまう2冊目の週刊誌

「知ろうとすること。」読了。
糸井重里さんと早野龍五先生の共著。早野先生のツイッターは東日本大震災直後からフォローしていた。科学的なデータを提示し、わかりやすく、説明をツイートしておられたので、貴重な信頼できる情報源だった。
糸井さんもそんなふうに感じたようだ。
「早野さんは冷静に事実だけをツイートしていて。ああ、この人は信頼できる人だ、と思ったんです。」

そして、情報を選択する基準について次のように言っている。

「ぼくは、じぶんが参考にする意見としては、『よりスキャンダラスでないほう』を選びます。『より脅かしてないほう』を選びます。『より正義を語らないほう』を選びます。『より失礼でないほう』を選びます。そして『よりユーモアのあるほう』を選びます。」

同感です。あふれる情報の中から何を選べばよいのか。自分の責任において取捨選択しなければならないとき、何を拠りどころとすべきか。よくよく考えなくては。さらに、リツイートやシェアによって、情報がどんどん拡散してゆくことの怖ろしさを認識しておかなくては。

「2冊目の週刊誌」の例には痛いところを突かれた。わたしも平積みの本を選ぶとき、なんとなく2冊目を引っ張り出して買うことがよくある。その行動が、風評被害につながるという指摘である。

早野先生は、給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発まで、最初は自前で取り組んでこられたそう。必要だと思ったら行動する。そして、たとえ科学的には必要がなくても、お母さんたちの不安を解消してもらうために開発したのが「ベビースキャン」だった。

人間は、科学的な裏付けだけで納得できなかったり、安心できなかったりするから、やはり目の前で測定して「ほらね、大丈夫ですよ」と言ってもらいたいのだろう。この装置のおかげで、お母さんたちと会話をする機会ができ、具体的な心配の内容を理解できたと早野先生は言う。だから、この装置は結果的にコミュニケーションツールとして大変役に立ったとのこと。

科学的な事実も、相手に十分に伝えることができなければ意味がない。知ろうとする姿勢に応じて、伝える姿勢についても考えるべきだろう。
最近、また、医師のコミュニケーション能力の不足・欠如を感じることがあったので、早野先生のような視点を医療現場の人にも持ってもらいたいと思う。

| | コメント (0)
|

2014/11/14

付箋作戦とmikan

先週から近くの大学の公開講座が始まった。白が基調で明るい教室。普段は若さがまぶしいギャルが座っているのだろうけれど、その日、教室に集まったのは妙齢の女性ばかり。「私が最高齢だと思います。。」と自己紹介された方は70歳。

「アフリカで仕事していました」「通訳ガイドの資格を取りました」「翻訳をしています」「主人の仕事の関係でアメリカに住んでいる間に、向こうで大学に行きました」
と、さまざまなバックグラウンドの人たちが、それぞれに明確な目標をもって集まっている。自己紹介を聞いているだけで、ああ、参加してよかった!と思った。ついつい楽なほうへと流れてしまうナマケモノのわたし。こんなふうにがんばっている人を間近で見ることが、いい刺激になる。環境って大事だと思う。

子育て中の方もおられる。講師の先生も子育てをしながら勉強していた頃の話をしてくださった。ポケットのたくさんあるエプロンをつけ、常に、CDプレイヤー、電子辞書、付箋、ボールペンを取り出せるようにしていた。家事をしながらできること、隙間時間にできることを考え、5分、10分でも学習できる時間を大切にして積み重ねてきたとのこと。頭が下がる。

「しけたん」、「しけじゅく」などの単語本を使わずにきたので、いまだにボキャ貧なわたし。さっそく、単語を覚えてくるという宿題で悪戦苦闘するはめに。カテゴリ別の単語リストが配布され、最初は経済関連という一番苦手な分野から。
文字ではなく、音に対してクイックレスポンスできるようになるのがねらいなので、自分で英日、日英を録音して、それを聞いて練習するようにとの指示があった。先生もおっしゃっていたが、録音する前に、まず日本語の意味を確認する必要も出てくる。たとえば、「規模の経済」のような言葉。また、あやふやなアクセントの位置も確認要。なので準備にけっこう時間がかかる。でも、準備をする中で単語が頭に入ってゆくという効果もあるのだろう。

先生おすすめの付箋ぺたぺた作戦(覚えたい単語を書いた付箋を、目につきやすい場所に貼る)も試してみた。まだ3枚だけど。(^^;) キッチン、トイレ、洗面所などに貼っておけば、1日に何度も目にすることで定着してゆく。以前、医療通訳をされている方も、壁にずらーっと単語メモを貼って覚えたと言ってはった。やっぱり、そういう努力をしなくてはね。

最後に、おすすめ単語アプリをご紹介。最近見つけた"mikan"(というか最近リリースされたらしい)。さくさく単語カードをめくる代わりに、すいすいスワイプするだけ。知らないものは何度でも繰り返し出てくる。テストはかなりのスピードが要求されるので、クイックレスポンスできなければ時間切れ。これなら非常勤先の学生に薦められそう。ただ、今のところ、iOSのみ対応というのが残念なところ。また「iOS8に関する致命的なバグがある」ことにご注意ください。

参考サイト:
株式会社mikanのサイト
mikanの紹介(English Hacker)

| | コメント (2)
|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »