« 黒い土の秘密 | トップページ | フェイドアウト »

2014/10/28

幻のギャレス来日/「階級」を超える合唱団

先月のこと。突然、ギャレス・マローンで検索してくる人が増えた。何年ぶりだろう。ギャレスの番組が放送されるといつも、このサイトの右コラムにある検索フレーズランキングにギャレス・マローンという文字がずらりと並んでいた。でも、先月は放送はなかった。じゃ、何があったの?と思ったら、なんとギャレスご本人が日本に来ていたらしい。

アジア文化芸術交流促進連盟日本(FACP日本)の第32回日本会議が、9月11日に川崎で開催され、その基調講演に招かれたようだ。講演のタイトルは"The Power of Music"
こちらのサイトに写真があったけど、あまりクリアじゃないです。

ネット上を探しても、今回の来日情報はほとんどなかった。もっと宣伝すればよかったのに。といっても、一般向けのイベントじゃないから仕方ないのかな。 ギャレスのFBページはフォローしているけど、日本に来ているなんて書いてなかったし、オフィシャルサイトにもなんの記載もない(というかサイトそのものが、あまり頻繁には更新されていない)。

あとは本人のツイッターだけが頼り。と思い、遡ってみたけど、8月末から9月末まで飛んでいる。「ジャパンなう」くらいつぶやいてくれてもいいのにね。ギャレスにとって日本ってインパクトなかったのかな、とちょっとさみしい。まあ、そのなんとか連盟の会議のためだけに来たのなら、弾丸ツアーだったかもしれないし、記憶に残るようなこともあまりなかったかもしれない。残念なことである。

ちょうど、見逃して地団太踏んだギャレスの合唱団シリーズが、今月になって再放送された。「ギャレス・マローンの職場で歌おう!」(原題:The Choir  Sing While You Work)
録画したのをやっと見終わった。シリーズも回を重ね、なんというか、手のうちはわかっているのだけど、それでも毎回、心にぐっとくるものがあってうるうるしてしまう。
正直にいうと「音楽が人をつなぐ」なんてクリシェみたいなフレーズは好きじゃない。でも、ギャレスが試行錯誤しながら、ばらばらだったメンバーをまとめ、ひとつの合唱団を作り上げてゆくのを見ると、その言葉がまさに実践されているとわかる。

どんな集団にも、合唱団なんて。。と斜めに構えている人が必ずいる。でも、いつのまにか歌う楽しさにハマっている。自分も気づいてなかった自分を見つけて驚いている。ひとつのことをやり遂げたと誇らしげに語っている。ほんとうにすごいことだ。
ギャレスが、メンバーに寄り添い、持てるものを引き出そうと努力し、褒めたり、励ましたりする様子は心動かされると同時に、とても勉強になる。

今回は4つの職場で合唱団を作り、競い合うというものだった。それぞれの職場で普段はすれ違うことさえないような人たちが、力を合わせて、歌で自分たちを表現しようと努力する。イギリス的だなあと思わされたのは、合唱団のメンバーが職場での人間関係について「普段は『階級』が違う人と話すことはないんだ」と言ってたこと。(※)
たとえば、ガラス張りのオフィスの高層階にいる経営陣と現場の作業員、病院で「あの先生を怒らせるな!」と恐れられている偉い外科医と配膳係の若者。最初は互いのぎこちなさが目立っていたが、次第に歌を通して仲間意識が芽生えてゆくのが伝わってきた。

もうひとつ、ギャレスが心を砕いていたのは、感情をおもてに出すということ。仕事上、どんなにストレスを感じていても、それを顔に出せない人たちに、歌を通して心を解き放ってもらいたいというのだ。「感情を顔に出したりはしない」と断言していたメンバーも、最後には笑顔で歌っていた。
このシリーズはイギリスで2012年に、その翌年、第2弾(Sing While You Work Series 2)も放映されている。日本でも、もう少し早く観られるようになるといいな。

(※)但し、吹替のセリフ。原語は未確認。

|
|

« 黒い土の秘密 | トップページ | フェイドアウト »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒い土の秘密 | トップページ | フェイドアウト »