« 京都でアイルランド音楽+おまけはフーチークーチー | トップページ | 鼻血たら~ »

2014/04/13

四月になれば わたしは

あっという間に桜が咲き、新学期が始まり、桜は散った。昨年、初めて教壇に立った日に比べると、2年目の初日はどのクラスも適度な緊張感と笑いがあって、まずまずのスタート。昨年は、1年生と新米先生の組合せでお互いガチガチだったんだなあ、と今になって思う。

今年は、最初が肝心!と厳しい口調で、授業中の態度についてはイエローカード2枚で欠席とみなすと宣言した。ケータイ、スマホは今すぐカバンの中へと指示すると、みんな素直に従い、なかなかいいかんじ。
と思ったのも束の間、作業してもらっている最中に教室を歩き回ってみると、カバンの中に手を突っ込んで Lineかtwitterか知らないけれど、ゴソゴソしている。やられた。たしかにスマホはカバンの中である。

今年は昨年のような理系男子クラスは担当から外れた。あのクラスだったら、最初にシューマッハ快復の兆候ありのニュースを紹介したのになあ。クルマやバイクが好きな学生が多かった。今年は、自己紹介をしてもらうと、サッカーファンが多い印象。
趣味で一番多いのは音楽だけど、どんな音楽を聴いているかという話になるととても幅が広い。女子が多くなったので One Directionとか K-popグループの名前(さっぱりわからない)が挙がっていた。そんな中でカントリーが好きだという男子学生がいて、思わず、珍しいね、と口を挟んでしまった。具体的にはイーグルスとかボブ・ディランだって。

今年も洋楽を使った授業をしようと思っているけれど、どの曲にしようかな。単に歌詞を読みましょうだけじゃなくて、時代や社会などの背景について触れる機会にできたらなあと思う。
今月の歌シリーズもいいかも。四月はやっぱり"April Come She Will"。あらためて歌詞を読むと、韻の踏み方がすばらしい。

次のニュースネタは "Rap Battle in EP"なんてどうかな。ヨーロッパ議会の議員が、若者に投票を促すためラップで議論を繰り広げたというもの。おもしろそうだけど、クールなラップ・バトルがあったのだろうか。あまりネット上に情報がないので、イマイチ注目されてなかったようだけど。

|
|

« 京都でアイルランド音楽+おまけはフーチークーチー | トップページ | 鼻血たら~ »

Diary」カテゴリの記事

コメント

April Come She Willを聴けば、It's All Over Now, Baby Blue を想い出します。暇になったので、スマホの代わりにカバンの中に潜り込んで偽聴講生になってみれどさんに韻の踏み方を教えて欲しいなあ(笑)。失礼いたしました。

投稿: あーだこーだ | 2014/04/15 23:59

♪あーだこーだ さん
のほうがライミングはお得意でしょ~。wink
あ、そーだ!今月からは創作活動に専念…ですよね。終わりじゃなくて、始まりの時間を楽しんでくださいね!

投稿: miredo | 2014/04/18 00:15

FYIということで。
キャロル・キングのミュージカルがブロードウェイで上演されるのだとか。
テーマソングは<You've gotta frined>ですが、これは米国の国民歌と読んでも良いのではないかと思います。
<You've gotta frined>をどうやって訳すかが決めてですね!

ぎてつ

投稿: Ogitetsu | 2014/04/20 00:34

♪Ogitetsuさん
シアター情報ありがとうございます!そういうミュージカルもやっぱりブロードウェイに行く前に、どこかで上演されるのでしょうか。それとも、キャロル・キングの物語ならヒット間違いなしってことで、いきなりブロードウェイなのかな。わたしはピッツバーグでWilsonの作品を見てみたいです。
国民歌ですか。。「マイ・ウェイ」と「カントリー・ロード」が人気あると思ってました。って、これはカラオケ用?

投稿: miredo | 2014/04/21 23:14

ピッツバーグにあるウィルソンの記念館は、財政難で閉館、売り出されてます。

キャロルキングやボブ・ディランは、大統領からも表彰されており、<You gotta Friend>や<Time they are chainin”>は、すごく有名です。

シナトラは人気が有りましたが、亡くなって長いので、若い世代は知らないでしょう。カントリーロードはどうかな?
オギテツ

投稿: ogitetsu | 2014/04/22 21:52

米国の国民歌ですか。。。しばらく考えましたが、日本における「上を向いて歩こう」的な曲はなかなか思いつかないですね。強いて挙げるなら「Over The Rainbow」かな。バーリン作曲の「God Bless America」は第二国歌みたいな感じですし。

投稿: yas | 2014/04/24 14:05

♪ogitetsuさん
ウィルソンの記念館の閉館、残念です。サポートしてくれる団体が見つかるといいのですが。
「国民歌」って考えると難しいですね。世代差もあるし、アメリカのように広大な国だと地域差もありそうな気がします。イギリスは断然ビートルズですよね。

投稿: miredo | 2014/04/26 19:07

♪yasさん
日本の国民歌ってなんだろ?って考えてたのですが、そっか、「スキヤキ」がありましたね。でも、日本にいるときには思いつかなくて(歌わないし)、日本を出たときに思い浮かべるものなのかなと思います。
「Over The Rainbow」ですか。なるほどー。いい曲ですね! クラプトンも歌ってたし、Gleeメンバーも。yasさんもよく演奏されるのでしょうか?

投稿: miredo | 2014/04/26 19:09

「Over The Rainbow」は、この前のホワイトハウスのコンサートでも、パティ・ラベルが歌っていました。基本的に色恋の歌ではないので、子供が学校で習ってもおかしくない。でも最近はゲイコミュニティのAnthemみたいになっていますけど。

日本では近年、「スキヤキ」に続いて「翼をください」がスタンダードソング化しましたね。

投稿: yas | 2014/04/26 21:26

♪yasさん
パティ・ラベルって知らないなあと思ってたら、ちょうど録画してたヘンな番組(みうらじゅんが出てる)で紹介されててびっくり。ナイスタイミングでした。
「Over The Rainbow」は色恋の歌じゃなくても、ゲイ・アンセムとして定着しちゃったら、学校で教えるのに反対する人が出てきそうですね。
スーザン・ボイルが歌ってる「翼をください」をヒコーキの中で聴きましたが、スキヤキに次ぐ位置につけているとは!インドネシアではなぜか五輪真弓の「心の友」がスキヤキ以上に人気です。

投稿: miredo | 2014/04/30 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都でアイルランド音楽+おまけはフーチークーチー | トップページ | 鼻血たら~ »