« 五月病 | トップページ | デング熱 続・注意報 »

2013/05/25

研修医のつぶやき

相方が入院した。幸い6泊で退院し、今週末まで自宅療養中。
最初に行った病院ではインフルエンザの検査だけで、「うーん、まあ、いいでしょう」と血液検査をしなかったのが、早期発見できなかった原因だと思う。普通と違う状況を伝えているにもかかわらず、まあ、いいでしょう、と様子見をする医師はルーチンワークに慣れ切って、いざという時に頼りにならない。

その後、紹介された総合病院に即入院したが、そこでも医師には恵まれなかった。検査内容や経過の説明が不十分だったので、お話を聞きたいと看護師に頼んで担当医に来ていただいたときは「○○(病名)ではないと思う」と言われた。でも、その翌日「やっぱり○○のようだ」と言われたらしい(わたしは不在)。根拠もなにも示さずに。

その担当医が、わたしの質問を主治医に伝えたとき、全然違う内容(○○の患者に接触感染した)になっていたこともわかった。ネットで調べた○○の禁忌薬剤について質問したときは、そんな話は見たことない、と断言されて絶句した。人間だから、知らないことだってあるだろうし、それは仕方ないと思う。でも、患者の家族が調べて質問してるんだから、それをどこで読んだか?とか聞いて、ホントにわたしの誤解であれば、それを指摘して正しい情報を伝えるべきでしょう。

若い担当医だったが、どのくらいのキャリアがあるんだろうと思い、ためしに検索したらあっさりtwitterのアカウントが見つかった。やっと2年目の研修医で、アカウント名がまたふざけている。患者や患者の家族の神経を逆なでするようなネーミングである。つぶやいている内容は「学生に戻りたい」「ゲーセン行きたい」「もうすぐ患者がくるのでトイレにひきこもることにした」等々。医療技術以前に、研修すべきことがあるのではないか。。こんなこと言うと、最近はモンスターと呼ばれるのだろうか。

とにかく自分の身体は自分で守る。これがなにより大切だとしみじみ感じた1週間であった。

|
|

« 五月病 | トップページ | デング熱 続・注意報 »

Diary」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
ご家族が入院されたとのこと、ホントに大変でしたね、お見舞いや付き添いなど、お疲れさまでした。

ただでさえ大変なのに、そんなダメダメ研修医に担当されてしまったとは。。。ホントにお話を伺っているだけで腹が立ちます、よくそんなんで医学部を出て研修医にまでたどりつけたものだワ、プンプン!
うちの相方は医学部で教員してますが、今回の話をしたら「なんじゃそりゃー(怒)」と言ってましたよ。

面倒ですけど、病院に今回の件を投書されたら、まだ研修医ですから、上の方からそれなりの沙汰がされるのではないでしょうか。
その研修医の名前を検索したらすぐに出てくるTwitterというのは、かなり問題大アリだと思います。

私が持病で入院した時に会った研修医の先生は本当に頭の切れる感じのいい素敵な女性で、病室を訪ねてくださるのを心待ちにしていたほどでしたが。。。
まったく、とんでもない研修医ですね。

投稿: MISUZU | 2013/05/25 23:39

あれ、なんかコメントが消えちゃったので、再度入力します♪

ご家族の入院、ホントに大変ですよね。
お見舞いとか付き添いとか、お疲れさまでした。

それにしても、その研修医、あまりのヒドさにお話をきいているだけでゲンナリです。
うちの相方は某医学部で医師の卵たちを教えていますが、「なんじゃそりゃ(怒)」と呆れてましたよ。
すぐに検索で出てくるtwitterにそんなグチを書いているなんて、許しがたいですね。
もう今後その病院と関わることがないようでしたら、面倒ですけど、投書で今回の件を訴えられてはどうでしょうか。
そのtwitterの件はかなり問題大アリだと思います。
まだ研修医ですから上の方からしかるべき沙汰があるのではないでしょうか。

私が持病で入院した時の研修医の先生は本当にユーモアもあって頭も良く感じのいい素敵な女性でしたが。。。まったく、そんなダメダメ研修医もいるんですね。っていうか、そんな人間を医学部卒業させるなよって感じですよね(怒)。

投稿: MISUZU | 2013/05/25 23:58

♪MISUZUさん
お久しぶりです。コメントどうもありがとうございます!
最近、設定を変えたので、消えてしまったみたいに見えたんですね。お手数かけてしまってごめんなさい~。
m(_ _)m

短い入院でしたが担当医のせいで疲れました。主治医か看護師長に相談しようかとも思ったのですが、退院の目途がたったので、もうかかわるのはやめることにしました。両親の入院のときも、いろいろ考えることがありましたが、こういうことって患者本人の気持ちも考えなきゃいけないし、難しいですね。

投稿: miredo | 2013/05/26 19:46

医師に限らずですが
最近は理念や倫理、哲学をおろそかにし
知識や資格だけ追い求めるような学校教育になっています。
少子化で学生たちに媚を売り、
取っ付きやすくしているのかもしれませんが、
結局そういう状況は「プロ」を育てません。
医師も教員も公務員も、そして政治家も
他の職業よりも使命感を強く持つべき職業の人たちが
「ごっこ遊び」のように生まれている。
残念ながらそれが現代社会のようです。
何でもかんでも昔が良いとは思いませんが
ムダとも思えることに夢中になり、知の森を彷徨いつつ
自分の信念を育てたという旧制高校が無くなったことが
「今」を形作っている気がします。
まずは大学の教養課程復活からでしょうね。

投稿: 風屋 | 2013/05/27 08:17

経済的なことばかりが優先されている世の中の風潮が職業選択をゆがめているように思います。自分の特性や能力を世の中で何に役立てるのがいいのか、自分は世の中で何をするべきか、という観点ではなく、いかにしたら多くのお金がもらえるか、いかにしたら楽してお金がもらえるか、という観点で職業選択し、そのために「知識」(と呼べるのかどうかも疑わしい)を得ることが「教育」(と呼べるのかどうかも疑わしい)になっているように思います。その結果がそのような「医師」を生み出すのでしょう。景気さえよくなればいいという最近の風潮と根が共通しているようです。

投稿: あーだこ-だ | 2013/05/27 18:06

お久しぶりです。
相方様、順調に回復されていることと思います。
心身ともに大変でしたね。

そんな時に出会った担当医の不誠実な対応に不信感が募るのは当然です。
それでなくとも家族が入院している時って、言いたいことも言えなくなります。

相方様のご回復が優先ですが、お気持ちに余裕ができてからでも病院にお伝えされるといいのではないかと思いますよ。病院もそんな研修医を認定するわけにはいかないでしょうから、きちんと対処してくれると思いますよ。

投稿: 風懐 | 2013/05/30 19:08

♪風屋さん
♪あーだこ-ださん

ホントにおっしゃるとおりだと思います。
内田樹さんが繰り返し書いておられますが、学校教育に市場原理の価値観を持ち込んだことが、大学をはじめとする教育の歪みを招いているという主張はとてもよくわかります。短期間ではありますが、今の学生たちに接して、内田さんの言われる「最小の学習努力で、高い評価を得る方法」を身につけることばかりに気をとられている現状を実感しています。

投稿: miredo | 2013/05/31 00:25

♪風懐さん
ご無沙汰しております。コメントどうもありがとうございます!
伝えるべきことはちゃんと伝えなければ、とは思うのですが、どうしても医師と患者は対等にはなれないですね。
ブログに書いてない(書けない)ことも、いろいろありまして。。。正直、この病院とはもう、かかわりたくないという心境です。(^^;)

投稿: miredo | 2013/05/31 00:38

miredoさん大変でしたね。身体の不調は仕方ないとしても精神的に支えてもらえるかどうかは大きな問題です。そういう面で良い先生に出会えると本当に安心して任せることができます。研修医であればそれを学ぶべきなのにね。それにしてもお互い今年は相方のトラブルがありますね。もっと大事にしてやれってことなのかなぁ…。

投稿: Maido! | 2013/06/08 09:30

♪Maido!さん
ご無沙汰してます~。コメントありがとうございました!
ホントにえらい目にあいました。続きがまだあるので、またお会いしたときにでも。

>もっと大事にしてやれってことなのかなぁ…。

ぎくっ!(^^;)

投稿: miredo | 2013/06/08 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五月病 | トップページ | デング熱 続・注意報 »