« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/01

シューカツとパーム・リーディング

この歳でシューカツすることになるとは思ってもみなかった。でも、黒いパンツスーツに身を包み、行ってまいりました。昨日が面接でした。2週間ほど前、急な紹介をいただいて、ばたばたと書類を準備したのだけど、長く生きてると書類も長くなって大変なんよね。ダメモトだと思っていたので、直前まで緊張はしてなかったけど、いざ3人の面接官を前にして話し出すと、もうひとりのわたしが横から小声で、あかんあかん、話それてる!とか言いながらハラハラ見つめているようなヘンな状態だった。
それでも全体としてはとても穏やかな印象の面接を終え、4月から新しい仕事をすることが決まった。これまでどちらかというと避けてきた内容だけど、実はある方の言葉で背中を押されて、流れに任せようという気持ちになっていた。

それは昨年の3月。バリ島のある村で手相を見てもらったのだ。占いの類はほとんど信じない(というか都合のよいことだけ信じる)のだけど、ブログを読み、また一昨年お会いしたときに、この方の言葉は信頼できると感じた。それで、昨年はいろいろ迷いもあったので、一度、パーム・リーディングをお願いしようと思って再度お邪魔したのである。
ちらっと手のひらを見るだけで、次々とあふれてくる言葉は、どうしてそんなにわたしのことがわかるの?と驚くほど当たっている。まだ吹っ切れないでいる両親について、将来について。
わたし自身が言葉にしたことのないことまで、彼女には見えている。そして、今回のような仕事も、自分では無理だと思っても、そんなことはないから避けたりせずに、依頼があればどんどん引き受けてみるといいと言われた。それがほんとうになった。逃げゆく二月の最終日。

とはいえ、初めてのことなので不安がいっぱい。なかなか手強い状況も聞かされて、昨夜はあれこれ考えていると眠れなくなった。先が思いやられるね。

写真は帰り道に見たパーム・ツリー

Img_4512_r

| | コメント (13)
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »