« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/18

いつもとちがう法廷 [判決言渡し]

今日の裁判傍聴は判決言渡し。30分前に法廷前に到着するとドアの前で立って待っている人が数名。並ぶほど傍聴人は多くなさそうなので、わたしはベンチに座って様子をうかがう。ドア前の人は、いつも見かける傍聴人とは少し印象が違う。ちょっとラフなかんじ。よく見ると大きなスケッチブックらしきものと鉛筆の束を持ってはったので、法廷スケッチをするために来ているとわかった。

法廷内もいつもとは違っていた。傍聴席の中央、前から2列は記者席と書いた白いカバーがかけられ、「記者」の腕章を巻いた人で埋まっている。わたしとクラスメートの横には廷内スケッチをする人が3人、開廷前から構図を決め、さらさらと鉛筆を走らせてはった。途中で一番近くの人の絵をちらっと見たら、すばらしい出来栄えだった。TVのニュースや明日の新聞に出ると思うので要チェック。
開廷直前にはTVカメラ撮影があり、3人の裁判官は正面をじっと凝視しておられたが2分間って長い。もちろん、検察人、弁護人も微動だにしない。テレビにらめっこ(ふるっ!)を思い出した不謹慎なわたし。ごめんなさい。途中「1分経過」「あと30秒」という声が背後から聞こえ、今度は囲碁対局かと思った。

この事件は、証拠収集の手続に問題ありとされた(つまり暴言、脅迫があった)ため、判決が注目されていた。判決は求刑よりも若干短くなったようだ。閉廷後、廊下で記者が弁護人に「ぶら下がり取材」をしているのを見かけた。控訴するのかという質問が聞こえた。
通訳人のお二人はまたすぐ接見へと向かわれた。トータル18日間にわたる裁判で通訳人をつとめた大学の先輩、おつかれさまでした!もうお一人のベテランの先生は、昨年傍聴した二つの裁判員裁判からずっと通訳人をつとめておられる。本当におつかれさまでした。
わたしも早く傍聴日誌を提出して、今期の課題を終了し、自分におつかれさまと言いたい。sweat01

| | コメント (0)
|

2013/02/08

粉もんナイト★大将の夢はバイクで日本全国ツーリング

お気に入りのたこ焼き屋さん「ののこ」が22日で閉店する。大将からの「ご挨拶」メールには、これからは「好きなバイクで日本中を駆け巡る夢を実現する」と書いてあった。経営状態も大将の健康状態も、いたって良好。辞める理由はあれへんからなあ~と65歳を過ぎてもなんとなく仕事を続けていたある日、友人から言われた。
「いつまで続けんねん? あと3年しかないねんで!」

某バイク雑誌のアンケートによると、バイクに乗り続けるのは70歳までと答えた人が一番多かったらしい。大将は「ワシは死ぬまでや!」と言ってはったけど、1100ccのバイクで日本中を駆け巡るには、やはり少しでも元気な時のほうが楽しめるにちがいない。とても残念でさみしいけれど、大将の夢を応援したい。

かれこれ10数年前に偶然発見して以来、何かというとののこに集まった。休みの土曜日を無理に開けてもらって、隔離系(=プログレ)やEC(クラプトン)ファンの集まりに使わせていただいた。わたしが前の職場を辞めるときも、お別れ女子会はののこだった。
先日、インドネシアから遊びに来た友人と一緒に行ったときは、奥のお座敷で詩吟の会のみなさんが先生を囲み宴会中で、日頃の練習成果をと吟じてくださった。大将とおかみさんのお人柄同様、集まってくるお客さんも楽しくてほのぼのアットホームなお店だった。

さて、閉店まであとわずか。おいしいシンプルたこ焼きと梅明石焼、そしてシメのパスタ(!)を食べたい方はラストチャンスです。込み合っていますので、事前に電話されることをおすすめします。
詳細はこちらへ↓
http://tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27015678/

Img_4342_r_2

| | コメント (2)
|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »