« 2012年8月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/25

説得は言葉でするもの。(by 裁判長)

「説得は言葉でするもの。あなたは威勢だけでしょう。」
最近傍聴した公判で裁判長が述べた言葉である。

裁判が始まって4、5日目の証人尋問。税関の検査で外国人旅客(覚せい剤密輸の疑い)に対する職員の暴言が問題となっていた。大声で繰り返し怒鳴り、書類への署名を求めたとされている。証人として出廷した職員は「職務を全うしようという強い意志を表しただけ」と主張する。通訳を担当した職員が伝える被疑者の言葉(弁護士に電話したい)は無視。被疑者が何を言ってるか聞こうと思わなかったのか?と問われて、「自分が欲しいのはイエスかノーの返事だけ。それ以外は必要ない」と。

件の会話(になってないけど)は録音されていたので、本人が作成した報告書との違いも明らかになった。指摘された箇所はすべて「記憶違い」と答える。いきなり「おう、おまえ!」と声をかけているにもかかわらず、報告書では、職員証を示して名乗りました、となっている。記憶違いらしい。また、もう一人の被疑者に話しかけた内容が書かれているが、実際にはまったく口などきいていない。それも記憶違い。録音がなければ報告書の真偽を確認する術はない。書いたもんがち。

わたしが傍聴した日は、テープのごく一部が流されただけだったが、これが「職務を全うしようという強い意志」かと唖然とした。裁判長は「説得は言葉でするもの」と言われた。ほんとうにそのとおり。取調べも裁判も、すべての手続が言葉によって行われる。その言葉が通じない相手にどのように対応すべきか、検討事項は山積みのようだ。

言葉が通じないのは、外国人だけではない。裁判を傍聴していると、普段の生活ではあまり見聞きしない言葉に遭遇することも少なくない。今回、わたしがさっぱりわからなかったのは「しょうよう」という言葉。どういう意味ですか?と聞かれた証人は「同意するかしないか意思の確認をするということ」と説明したが余計にわからない。漢字が想像すらできなかった。

ググッてみて漢字は「慫慂」と判明。意味は、他の人がすすめてそうするように仕向けること、強く勧めること。お役人言葉と解説している記事もあった。もっとわかり易い言葉を使うよう慫慂すべきだと思う。:P

| | コメント (2)
|

2013/01/12

創られたサンバ

月曜日から大学が始まった。1時間目に向かうエレベーターの中で男子学生が「この授業ヤバイなあ。あと3回、なんとか乗り切らな!」「◯◯もアブナイらしいでぇ」などと話している。遅刻、欠席回数をしっかり数えて対処しないと単位落とすからね。一方で、卒論、修論の締切が近づき、授業に出る学生が激減するクラスも。アウェイの某演習クラスはなんとわたし一人という恐るべき事態となった。先生は「悪い予感がしてたんだよねー」と言ってはったが、ホームじゃないわたしはその日が卒論提出締切日だとは知らなかったので危機を察知できなかった。おかげで先生独り占めという贅沢な時間。初回欠席して聞き逃した総論をかいつまんで聞かせていただく。
サンバがいかにしてブラジルという国家を表象する音楽となったのか。軍事政権がおこなった検閲のこと等々。そもそも、サンバに歌詞があったというのも、あまり意識してなかった。サンバというと、あの華麗なパレードを連想し、派手な音のイメージがあるけど、歌詞はあったっけ?というかんじである。それこそが「創られた」ステレオタイプなのだと気づかされた。
興味ある方は↓をどうぞ。
LINK

授業のほうは幸い、卒論を無事提出した4年生がひとり、途中から来てくれたので救われた。キャンパスを移動して、その日最後の授業に向かう時、年末までならもう真っ暗だったのに、今週は夕焼け空がちらっと見えた。うれしい。確実に日が長くなってきてるよね。

Img_4166_r_3

| | コメント (0)
|

2013/01/06

安静正月

年末に医師から「2週間安静に!」と言われたのは、すべての家事を手抜きするための最高の口実でありました。へへ。
と笑ってる場合ではなく、先月初めから、なんだか膝の具合がおかしくて、正座もできなくなってきたので、これはマズイ!とさすがに病院嫌いのわたしも、3時間待ちを覚悟して人気の整形外科へ行きました。水をぬいてもらっても、またすぐにたまって腫れてくるので、ちょっと気がかり。あーあ、やっぱり歳とるといろいろガタが出てくるのかしらね~。旅を楽しむためにも、早めにしっかり治さなくては。

ブログを長らく放置していると、だんだん書き込みづらくなってくる。新年に浮上するのがタイミングとしてはよかったのだけど、喪中のためご挨拶できず、こんな中途半端な状況で失礼いたします。
今年はついに学生証が使える最後の1年(と数か月)になりました。休学、留年すれば別ですが、そろそろシャバに出たいのでシューカツの年となるのか!?

全然、時季外れではあるけど、なんとなくお正月に合う雰囲気なのでウブドのペンジョールの写真をどうぞ。これはガルンガン、クニンガンと呼ばれるお祭りのときの飾りつけ。日本のお盆みたいな行事です。

Bali1209_175_r

| | コメント (4)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2013年2月 »