« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/17

iPhoneホワイト買いました

A Streetcar Named Desireを読んでいたら、主人公のBlancheが、ニューオーリンズで出会って何回かデートをしたMitchから、会うのはいつも暗くなってからだ、と指摘される場面があった。 なんか似たようなセリフを聞いたことがあったなぁ。。と苦笑。
いつも夜の7時頃から始まるセッションで会っていた人と、初めて昼間のセッションで顔を合わせたとき、「昼間会うの初めてだね!」と言われた。そ、そうだけど。。そこだけ聞くと、なんか誤解されそうやん。
セッション会場だったお店の照明は暗めだったし、初めて明るい場所で会って、年下のかれの肌の白さにちょっと焦ったのはたしか。Blancheは自分がもう若くないことを気にして、それを隠すために、部屋の電気を消してキャンドルを灯すほど。ま、気持ちはわかるけどね。節電にもなるし、この夏はキャンドルライトで過ごすのもいいかもしれない。

5月の連休が明けて、本格的に大学が始まるとやっぱりきつい毎日である。そんな中、日曜日は日帰りで相方の実家へ。帰りは渋滞につかまり、時速3kmくらい。もう、ぐったり。でも、iPhoneが、ちょっとは退屈しのぎになった。instagramというアプリでこんな写真をupしていた。
(上はトンネル内、下は渋滞中)
201105162  20110515

明日提出のフィードバック・ペーパーが書けたので一息ついてたけど、まだ明日の予習が残っている。もうひとがんばり。

| | コメント (6)
|

2011/05/05

大阪みやげ@関空

この連休は、久々にふたりでウブド3泊5日ツアー。相方が連休に休日出勤せず一緒に海外へ行くのは7年ぶりである。このところ、ひとりで出かけていたので、ふたり旅は心強い反面、いろいろ気を遣うので面倒でもある。まあ、一長一短やね。
スケジュールとしては、1日目:クッキング・クラス、2日目:カーチャーターでお寺とライステラス見学、3日目:いつものハイスクール見学というかんじ。実は、友人から寄付金の運び屋としてのミッションを与えられて、当初はすごく緊張していた。最終日にやっと無事、手渡すことができて肩の荷が下りた。

クッキング・クラスの参加者は、イギリス、スイス、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、台湾といろんな国から集まっていて楽しかった。会う人ごとに、やはり地震、津波そして原発の影響について聞かれる。日本がまるごと危機的状況だという誤解を解くのも今回のわたしのミッションだと思って、がんばって話した。
ちょうど旅行前に、海外でも日本食レストランや食材店が風評被害を受けて、中にはすでに閉店に追い込まれたところもあるというニュースを見ていたので、そんな状況も紹介した。日本に行きたいと言ってたイギリス人カップルが、近いうちに来てくれるといいなあ。スキーツアーで北海道に来るイギリス人がいるというのはびっくりしたけど。それから、日本食が好きだというオランダのイケメンには、日本食レストランに通い続けてほしい。

空港まで送ってくれた現地ガイドさんは、毎日、自分の家にあるお寺で日本のために祈っていると言っていた。それは日本のためでもあり、また、自分たちのためでもあるのだと思う。当然のことながら、日本からバリへの観光客も減っているから、現地で観光業に従事している人の生活にも影響が及んでいる。

H.I.S.の「Heart in the bottle」キャンペーンのことを知って、ぜひ協力しようと思ってたのに、出発直前にサイトで確認したら4/30で終了とのこと。残念。でも、ガルーダが乗客一人当たり300円をあしなが育英会に寄付するとアナウンスしていた。

写真は関空で見つけた大阪みやげ。こういうの好きやわ~! でも、わたしがバリに持参したお土産はこれとはちゃうよ。詳細は別ブログにて近日公開。

Bali_gw_003

| | コメント (6)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »