« ひとり入学式 | トップページ | 「起こしたのに、起きなかった」はヘン! in English »

2011/04/10

Journeyが聞こえて… "glee"放映スタート

8日から"glee"というドラマが始まった。アメリカの学園<ミュージカル>ドラマ。「グリークラブ」といえば、男声合唱団のことだとばかり思っていたけど、このドラマに出てくるglee clubはポップスやロックを歌って踊る華やかなステージを見せてくれる。

TVからJourneyの♪Don't Stop Believin' が聞こえてきて、振り返ったらこのドラマの予告編だった。楽しそうなのでさっそく録画予約をした。アメリカで2009年にスタートしたこのドラマは大変な人気で、ゴールデン・グローブ賞の作品賞を2年連続受賞。ケーブルTVのFOXチャンネルでは、すでにシーズン2を放映しているのに気がついたので、両方平行して見ることになる。NHKは吹き替え、FOXのほうは字幕なのだけど、登場人物の言葉遣いの設定などもおもしろい。

初回を見た印象はゲイの存在が大きいということ。そういえば、『現代アメリカのキーワード』(コレ、おすすめ!)では「クイア・アイ」というリアリティ番組の大ヒットが紹介されていた。これは「お洒落なゲイの5人組が毎回1人のストレート(ヘテロセクシャル、つまり異性愛の意)の男性をカッコよく『変身』させる」番組である。これらの番組のヒットは、アメリカ社会におけるゲイの現状を反映しているってことなんだろう。

"glee"はさらりと流すと他愛もないプロットに見えるけれど、社会の周縁にいる人々を描いており注目すべき点は多いと思う。それでも重苦しくなく(一部の韓流ドラマは見てるとしんどくなるので苦手)、なんといっても音楽がいい!ので、金曜の夜にこのドラマを見れば、1週間の疲れを吹き飛ばせそう。
ちょうど今、期間限定で第1話が無料配信されている。どんなドラマ?って方はぜひコチラへ。とりあえず、♪Don't Stop Believin' のところだけ見たいという方は、45:15あたりからご覧ください。

現代アメリカのキーワード (中公新書)

|
|

« ひとり入学式 | トップページ | 「起こしたのに、起きなかった」はヘン! in English »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ジャジャーン!

私もグリークラブ=男性合唱団と思ってました。
なんか、古いアメリカ学園ドラマって感じで、
これから見たいと思ってます。

投稿: マーノ | 2011/04/10 22:43

見ました!
話はたわいないですけど、音楽シーンがいいですよね。
こっちも歌いだしたくなります。毎週見ますよ!

ゲイですが、最近終わっちゃった「アグリー・ベティ」にも出てましたね。アート、エンタメ、ファッションシーンには欠かせない存在なんですね。
「セックス&ザ・シティ」にもいたし。

投稿: minka | 2011/04/10 23:33

♪マーノさん
昔の大学のグリークラブって男子学生ばかりでしたよねぇ。。。と思ってWikipediaを見たら、本来はそういうものだったみたいです。
ドラマで歌われる曲は古いポップスから最新のヒット曲まで幅広く楽しめそうです。毎週、楽しみに待つドラマがあると心の支えになりますよね!

投稿: miredo | 2011/04/11 01:21

♪minkaさん
そうなの~!歌いたいのに歌詞がわからないもどかしさを味わってます。今日も♪ジャスタシティボ~イとか♪ドーンストッ ビリービンとか、わかるところだけフンフン口ずさんでました。 さっき、シーズン2のほうを見たんだけど、女子チームがボンジョビとストーンズの曲をミックスしててカッコよかった!
gleeはベティやSATC以上にゲイ、レズビアンの登場人物が多いし、ゲイフレンドリー(こんな言葉があるって知らなかった…)なドラマとして知られているそうです。

投稿: miredo | 2011/04/11 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとり入学式 | トップページ | 「起こしたのに、起きなかった」はヘン! in English »