« 災害救助犬、チャリティCD、持続不可能を継続可能に | トップページ | フォロワーシップ@総長式辞 »

2011/03/22

お彼岸にブーケをもって

昨日はお寺を3つ回った。まず両親のお墓へ。大阪市内の下町にあるこじんまりとしたお寺。お彼岸なのでデパート内の花屋さんにも、菊中心でいかにも~というかんじのがあったけど、あまり好きじゃないし、母が喜びそうな(父はようわからん…と言いそうなのであまり気にしない)ブーケを2つ選ぶ。今回はピンク系。濃い色のガーベラが全体を引き締めて甘くなりすぎずいいかんじ。ケースの中にあったチューリップを追加してもらう。
お花を選ぶのは楽しい。喜んでもらえるかなあと贈る相手を思い浮かべながら。相手が生きていてくれたら、もっともっと楽しいのに。
「プレゼントですか?」いつも聞かれるけど、えぇ、まぁ、いぇ、と口ごもってしまう。非常識と思われそうで。今度買うときは、お花の好きだった人のお墓に持っていく、とちゃんと答えよう。

天王寺駅前からは四天王寺さんに向かうゆったりとした人の流れが途切れることなく続いていた。かなり年齢層が高いけど、中には、お孫さんと一緒に歩く姿もちらほら。人の多さも沿道の出店もお正月かと思うほどのにぎわい。でも、ところどころ高野槇や経木を売るお店が並んでて、お彼岸なんだなあと思わせる。
庶民のお寺、一心寺さんは、お骨仏の前が大変な混雑。母のお骨(分骨しました)を含むお骨仏は一番新しいのでわかりやすい(10年毎に1体の仏様が建てられる)。母方の祖父母もここに納骨されたので、母もよく「一心寺さんに行ってくるわ~」と出かけていた。あの頃の母と同じことを、わたしも繰り返しているんだなぁ。

今日、3つのお寺でお参りしている人を見ていたら、まだまだ日本でも生活の中に信仰が根づいているように思った。信仰と呼ぶとちょっと違うかもしれないけれど、祖先や家族を大切に思う心。そしてこのお彼岸は、きっとだれもが東日本大震災の犠牲者のために祈ったことだろう。

お墓参りを済ませてお寺の門へと歩いていると、ちょうど入ってきたおばあさんとすれ違った。両脇から抱えられるようにして歩いてはったけど、すれ違うときに「ようおまいり~」と声をかけてくれはった。いいあいさつやなあ。

|
|

« 災害救助犬、チャリティCD、持続不可能を継続可能に | トップページ | フォロワーシップ@総長式辞 »

Diary」カテゴリの記事

コメント

「ようおまいり〜」
いい言葉ですね。優しくて、ほっとします。
今年はお墓参りに行けませんでしので、自宅で線香をあげ出社しました。

投稿: さくま | 2011/03/23 17:09

♪さくまさん
お仕事おつかれさまです~。今年はお彼岸どころじゃない方がたくさんおられますよね。
ご自宅で手を合わせたさくまさんにも。。。
「ようおまいり~」(^^)

投稿: miredo | 2011/03/24 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 災害救助犬、チャリティCD、持続不可能を継続可能に | トップページ | フォロワーシップ@総長式辞 »