« ♪レイラに見送られて | トップページ | 感謝と敬意を »

2011/03/13

ご無事をお祈り申し上げます!

今回の地震で被災されたみなさま、心からお見舞い申し上げます。
なにもできることがなくて、今はとてももどかしいです。
情報に惑わされず確実な方法を確認して、支援物資を送るなど、自分にできることをしようと思います。

これだけ大きな被害だと復興にもかなりの時間がかかるといわれています。精神的なダメージも相当なものだと思います。(被災された方の話を聞いてあげることも大切だそうです。もし、状況が整って、スカイプなどを介して傾聴ボランティアなどの機会があれば、ぜひお手伝いさせていただきたいと思います。)
どうぞ希望を失わず生きてください。わたしも細く長く支援ができるようがんばろうと思います。

*****

わたしは10日午前1時の便でバリ島を後にしました。8、9日にお世話になったドライバーさんから札幌で地震があったことを聞き、最近、NZや中国でも地震があったし、続いているねー、こわいねーなどと話していました。
11日の大阪の揺れは最初、眩暈をおこしたのかと思うような妙な揺れ方が長く続きました。勤務先はビルの3階なのでまだマシだったようです。同じ大阪市内でも20階にいる相方は、かなり恐怖を感じたようです。甥っ子の小学校(大阪市内)は建物が古いせいか揺れが激しく、途中だったテスト用紙を裏返しにしてすぐ運動場に集合し、迎えにきた親御さんが付き添って集団下校したそうです。

バリでも10日の夜に地震があったそうです。地球が悲鳴をあげているのでしょうか。バリで美しい自然に包まれてしあわせな時間を過ごしてきましたが、時に自然は脅威的な力で人間を襲ってくるものだとあらためて認識しました。

ひとつ気になっていることがあります。前回も今回も、ウブドで出会った青年が、もうすぐ3年の予定で日本の茨城県にゆき働くんです、と話してくれました。かれらの話を総合すると、一定期間の研修を経た後、日本の農場や工場にバリ人を労働力として斡旋している機関があるようです。毎年、そういう若者を送り込んでいるので、現在も茨城で働いているバリ人がたくさんいるはずです。そんなかれらが、今回の地震の被災者となっていたとしたら…と思うと、とても心配です。かれらを含め外国人被災者の存在を忘れないようにしてほしいと願うばかりです。

最後に、ツイッターのハッシュタグなどのまとめを参考までに。
↑には載ってなかったけれど、炊き出し情報もあるそうです。→ #takidashi

|
|

« ♪レイラに見送られて | トップページ | 感謝と敬意を »

Diary」カテゴリの記事

コメント

とりあえず、元気です。
タッチの差で電車内(新幹線内)罹災を免れ、
今は花巻にいます(現在は盛岡の会社)。
ガソリンや食料はかなり不足していますが、
家族みんなが元気というだけでまだ恵まれています。
東京へはしばらく帰れません。
まずはご報告まで。

投稿: 風屋 | 2011/03/14 11:37

♪風屋さん
地震が起きたとき、どちらにいらっしゃるのかなあと思ったのですが、ちょうど帰られたところで、ご家族は心強かったことと思います。mixiで早いうちにご無事が確認できたのでよかったです。ご不便な生活が続くと思いますが、お身体にはどうぞ気をつけて!

投稿: miredo | 2011/03/14 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ♪レイラに見送られて | トップページ | 感謝と敬意を »