« お彼岸にブーケをもって | トップページ | ひとり入学式 »

2011/03/28

フォロワーシップ@総長式辞

疲れた。。なんて、ぬくぬくと暮らしているわたしが言うのも憚られる状況が続いている。

春なのに。。と雪雲に覆われそうな夕陽を眺める。被災地はどれほど寒いだろう、と心が震える。真冬の格好をした相方が帰るなり、「でも、桜が咲いていたよ!」と驚きの報告。大阪城の一角にはたしかに春が来ているらしい。

寒い卒業・修了式だろうな、と思ってたけど、ちゃんと桜は咲いてくれてたんだ。わたしは行けなかったけど、後で総長の式辞を読んだ。とてもとても心にしみた。卒業生・修了生だけではなく、「生き残った」という思いにとらわれている人、被災地との「隔たり」をもどかしく感じている人に読んでほしい。

総長ご自身が阪神大震災のときに教わったというcopresence「いてくれること」という言葉。見守り続けることのたいせつさ。

市民社会での「フォロワーシップ」について、以下、一部抜粋。

真に強い集団とは・・・
日々それぞれの持ち場でおのれの務めを果たしながら、公共的な課題が持ち上がれば、だれもがときにリーダーに推され、ときにメンバーの一員、そうワン・オブ・ゼムになって行動する、そういう主役交代のすぐにできる、しなりのある集団です。その意味では、リーダーシップとおなじくらい、優れたフォロワーシップというものが重要になってきます。自分たちが選んだリーダーの指示に従うが、みずからもつねに全体を見やりながら、リーダーが見逃していること、見落としていることがないかというふうにリーダーをケアしつつ付き従ってゆく、そういうフォロワーシップです。

それから、良きフォロワーとしてのまなざし。「価値の遠近法」。

勉強になったし、励まされた。

院の卒業パーティで会った先輩も、この2週間ずっと重い気持ちを抱えて、何ができるんやろ…と考えたと話してくださった。そして、やっぱり目の前のことをちゃんとやるしかない。勤勉な学生をちゃんと育てて社会に送り出すことが、これからの日本にとってたいせつだと思う、と。

総長の式辞にもあったけれど、「同じ被災地のなかでも〈隔たり〉はある」し、被災地を離れると隔たりだらけ。それを意識し過ぎると疲れてくる。あれこれ悩まず、いま、わたしにできることをするしかない。
おのれの務めを果たして良きフォロワーをめざす。
復興に向けての「希望」となるような「普段どおりの生活」を送る。
以上。

|
|

« お彼岸にブーケをもって | トップページ | ひとり入学式 »

Diary」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今回の震災に遭い、自分では大丈夫だと思っても、やはり不安定なところはありました。
そんな時に、このブログには何度も助けられました。
今は安定期ですが(笑)、またも染みました。
ありがとうございます。

投稿: さくま | 2011/03/29 22:31

♪さくまさん
コメントありがとうございます! わたしのほうこそ、さくまさんの言葉に救われる思いです。振り返ってみると、地震直後はハイテンションでひたすらPCに向かっていたような気がします。最近は、被災地内での「隔たり」や、被災地以外の、内部での「隔たり」が見えてきて、少ししんどくなっています。こわごわエントリを書いてます。

安定期のように見えても、心はじわじわ浸食されていると思うので(^^;) どうぞ油断せずに、たまには、ほわ~んとしてくださいねー。

投稿: miredo | 2011/03/30 01:22

地震に遭い、10日間を過ごした岩手県内の意識、
その後東京に戻ってきて感じた東京人の意識、
その2つの間のギャップを痛く感じています。
外に対して助けを求める気持ちと
外から見て全く見当違いで語られる気持ち。
生き残るのに必死で他のことに意識が行かない毎日と
これから来る(かもしれない)コトに意識過剰になり
不安から右往左往する毎日。

少なくとも現時点で言えることは
岩手人の方が東京人よりも総じて落ち着いているということ。
これはどうしてなのでしょう。

投稿: 風屋 | 2011/03/30 08:53

♪風屋さん
岩手と東京の両方で過ごされると、いろいろ見えてくるものがあるのでしょうね。こちらにいても、ひとりひとり受けている影響がちがうし、入手している情報もちがうし、「隔たり」はどうしても避けられないものだなあと感じます。ひとくくりにして何か言うことは誤解を招くので難しいですね。
それにしても、そんな状況で都知事選どうなるんでしょうねぇ。。

投稿: miredo | 2011/03/30 19:48

式辞、じっくり読ませてもらったよ~。
若い人たちがしっかり考えてほしいね。
歳とると、いろいろなしがらみや、捨てられないものがたくさんあって、なかなかしなりのある行動に出られないような気がします。
私も、息子と社会や政治の話など、わりとするほうですが、みれど嬢は、若い人たちと話す機会が多いようなので、いろいろ影響を与えてあげて下さい。
とりあえず、私は生活スタイルをかえずに、普通に買い物。納豆や、ヨーグルトを何か月がたべなくったってどうってことないし。(ないのよ、関東は。)朝いちでスーパーに並んだりするのもばからしくて。

投稿: 旧友 | 2011/04/03 19:54

♪旧友さん
式辞いいでしょ。今の総長は哲学者で、ファッションに関する著書などもあるんですよー。大学って、直接間接問わず、いろんな考えに接する機会があるのがいいところだと思ってます。社会人になると自分がいる狭い世界で完結しがちだからねぇ。

そういえば納豆もヨーグルトも、しばらく食べてないわー。お店にはいっぱいあるけど。無いといわれると食べたくなるのかしらね。

投稿: miredo | 2011/04/04 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お彼岸にブーケをもって | トップページ | ひとり入学式 »