« 日常へ | トップページ | お彼岸にブーケをもって »

2011/03/21

災害救助犬、チャリティCD、持続不可能を継続可能に

海外からの支援で救助犬が一緒に来日しているのをニュースで見たりしていたけど、救助犬の実態は全然知らなかった。今回、友人のブログで愛犬を被災地に送り出し、無事任務を終えて戻ってきたという記事を読み、「感謝と敬意」は人間に対してだけではないなあと思った。
「災害救助は、生存者を発見できたときはニュースになりますが、救助犬や、訓練士さんが怪我をしてもニュースにはなりません」という友人の言葉にハッとさせられる。本当にそのとおり。ニュースの背後にある現実を想像する力がたいせつである。そして、友人のいうとおり、生存者発見だけでなく、ご遺体の発見も重要な任務だと思う。彼女の愛犬が所属しているJKCの出動報告はこちら。福島県白河市の土砂崩れ現場で活躍したそうです。みなさん、おつかれさま!

次は、まだパソコン通信時代に出会った方のチャリティCDのご紹介。久しぶりにネット上の某所で再会したときには、お仕事のかたわらライヴをこなすジャズボーカリストになっておられてびっくり。阪神大震災のときに支援してもらった恩返しを…と現在、ご自身のライヴやCDをもとに支援の輪を広げておられる。詳細はこちらのサイトで。チャリティCDのページはこちら。わたしもチャリティCDに協力させていただいた。サイン入りだなんてうれしい!

最後に、ネット上で出会ったバリ友(と勝手に思っている)[BACK TO BACK]のgunungさんが紹介されていたエントリ。
東北関東大震災で義心を感じる人へ 持続不可能な感情と継続可能なシステムについて」[じゃがめブログ]
(以下、一部抜粋です)

 先ほど忘れると言いましたが、善意や同情なども、忘れてしまうものです。感情は常に持続不可能なものです。やがては不満の方が強くなる時が来ます。そうなったときに、少し思い出して欲しいのです。許容する感覚を。そして、気が向いたら献血や、必要なボランティアをすると良いと思うのです。

 その為には、持続不可能な感情を継続可能なシステムにしてしまうのが良いでしょう。もし本当に人を助けたいなと思うのでしたら、リマインドシステムを使うことを提案したいと思います。

 手元に携帯電話はありますか? iPhoneでもガラケーでも、予定機能はあるでしょう。そこにポチっと「献血チェック」や「できることを10分間考えてみる」「震災から◯ヶ月」「節電をTwitterで訴えよう」「思いやりの気持ちを思い出す」「500円だけ募金する」などの項目を足してみるだけ。簡単ですね。普段からRemember The Milkのようなアプリケーションを使ってる人ならそちらに登録しても良いかも知れません。これだけで「今持っている興奮」を「実際に起こすべき継続アクション」に変えられます。いかがでしょうか。簡単でしょう?

地震直後から、gunungさんにかける言葉を見つけられなくて、(それに片想いのわたしごときが…という気持ちもあって)ただ遠くから応援しています!

|
|

« 日常へ | トップページ | お彼岸にブーケをもって »

Diary」カテゴリの記事

コメント

みれどさん、こんにちは!
バリ友のgunungです♪
リンクありがとうございます!
そして応援もありがとうございます。
ほんとうにうれしいです。元気が出ました!
Terima kasih banyak!!
ところで片想いじゃないですよね、
両想いですよね、わたしたち!?(笑)

投稿: gunung | 2011/03/24 06:40

白河市の土砂崩れの現場に来てくれたのですね。
現場は、職場から近い場所にあります。
同僚のお子さんの幼稚園の同級生も、たまたま遊びに来ていて犠牲になりました。
今日はその子も出席するはずだった卒園式です。
やるせない気持ちになります。
「持続不可能な感情」まさしくその通りだと思います。記憶とか感情はいつか風化していくものです。
今回の震災を教訓に、子供たちの未来は、このような多くの犠牲が出ないような備えをしてほしいと思います。

投稿: さくま | 2011/03/24 12:57

♪gunungさん
Sama-sama~! 朝早くからコメントありがとうございます!
えっ、ホント? 両想い? 思い切って告白してよかったです~。でも、Baliが割り込んで強烈な三角関係かもwink

投稿: miredo | 2011/03/24 20:18

♪さくまさん
そうだったのですか。。。本当にもう言葉が出てきません。
「持続不可能な感情」でも、なにかの拍子にふと思い出すことはあるんですよね。でも、それでは足りないですから、定期的に思い出す工夫が必要ですね。今回の震災は、日本人が生き方を見直す機会になるような気がします。内田先生がブログで書いておられるように、日本人が「眼を覚ます」機会としなければと思います。
http://blog.tatsuru.com/2011/03/24_1029.php

投稿: miredo | 2011/03/24 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日常へ | トップページ | お彼岸にブーケをもって »