« 演説の歌から怨念の歌へ | トップページ | 帰ってきたギャレス・パパ »

2011/02/22

Just One Night

タイトルを見てクラプトンネタだと思った方、ごめんなさい。実は、3月のバリからの帰国日を1日間違えていて、2泊で予約していたホテルを1泊に変更しなければならなくて。。
残念なんですが、just one nightになりました~というメールを書きつつ、なんか聞いたことある…と思った次第。デンパサール午前1時発なので日付が変わるんですよね。いやー、大ボケ。昨日の朝、なぜかまだベッドの中でうとうとしているときに、ん?と気がつきました。行く前でよかった。

ついでといってはなんですが、クラプトン、最近メディアの注目を浴びてましたよね。いや、正確にはECじゃなくて、ECのコンサートに姿を見せたあるお方が注目されて、ニュースにクラプトンの名前が登場したのですが。

「偉大なる将軍様」の次男はクラプトンの「偉大なるファン」として有名で、今回はシンガポールで行われたコンサートに姿を見せたところにメディアが飛びつきました。将軍様の誕生日直前だったこともあり、"Kim Jong-Il's son prefers Eric Clapton gig to dad's b'day celebration!"とか、"Kim Jong Il's son skips Dad's birthday for Eric Clapton gig in Sinapore"などと書かれていました。ゴージャスなホテルに滞在し、高価なダイヤモンドを購入したそうで、それは父親へのプレゼントだとか。誕生日前日に帰国したという報道もあるのでスキップしたわけではなさそうです。

関連ニュースの見出し"Clapton Key To Opening North Korea"は"Key to the Highway"を意識してるのでしょうか。もう、だれですか~。ECがキダ・タローに似てるなんて言ったのは。そのイメージが頭から離れなくて困ってます。
"More Clapton, Less Clamp-Down"(←音声出ます。注意!)は、韻を踏もうと努力しているかんじです。それより、なに~!ココの写真・・・キダ・タローと並べるよりたち悪いです~。ECのキャップがかわいい!

日曜日は韓国でコンサートだったけど、オープニングは"Key to the Highway"だったようです。"Though worn, Clapton captures crowds thrice over"のwornってあんまりでは。。。と思ったら、記事ではさらに、"As fervently and precisely as he struck the chords, Clapton, 65, showed signs of mortality as he had to catch his breath between songs and broke into a light sweat"などと容赦なくつっ込まれてます。

あと、この20年ヒット曲のない老成した(aging)ミュージシャン…などと書いてる記事を読んだのですが今探しても見つけられません。20年ってことないですよねぇ、グラミー賞から。。あ、Change the WorldはECの曲じゃないから、Tears In Heavenから数えるってことでしょうか。納得。。なんかクラプトンネタっぽくなりました。

|
|

« 演説の歌から怨念の歌へ | トップページ | 帰ってきたギャレス・パパ »

music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 演説の歌から怨念の歌へ | トップページ | 帰ってきたギャレス・パパ »