« 逆さまが命とり | トップページ | 古書のラインマーカー »

2010/12/12

ツリーはないけど靴下を飾った

夜更けにメールチェックをしたら、ウブドにあるバティックのお店「ピテカントロプス」からクリスマス・メールが届いた(3月に行ったときの写真がこちら)。
ノースリーブのブラウスに身を包んだスタッフの後ろにクリスマスツリーが見える。この時期、観光客は多いのだろうか。暑いクリスマスってどんなかんじかな。

某SNSをのぞいたらかわいい靴下を飾るのが流行ってた。わたしはゴースト状態だし、そういうお遊びも一度はパスすることにしたのだけど、可愛さに負けてしまった。ベルを鳴らしたときの音も心をなごませてくれる。

今日はリアル靴下も飾ってみた。母と父の病室にも飾った靴下。サンタさん、来るといいなー。もう何年もプレゼントなんて頼んでないけど、今年はぜひお願いしたい。サンタさん、どうかどうか、シュウロンを届けてください!
201011_104

|
|

« 逆さまが命とり | トップページ | 古書のラインマーカー »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆さまが命とり | トップページ | 古書のラインマーカー »