« 原稿零行日記+陽水@岸和田 | トップページ | 迷ったらイテまえ精神 »

2010/10/31

謹啓 晩秋の候

昨日は火災警報器チェックの日。業者がやってきて各部屋の警報器をチェックするので朝から片づけに追われる。警報器に熱源を近づけてサイレンが鳴るのを確かめるので、朝9時からマンションのあちこちでサイレンが鳴り響き落ち着かない。
昔々、この作業をゾロアスター教のようだと言った人がいた。長い棒の先で燃える火を掲げるイメージは教科書に載ってたイラストの記憶だろうか。たしかにそんなかんじ、と毎年その人のことを思い出す。医大を出たのにギターを抱えて道端で歌っていた。日本の南の果てや北の果てから届く葉書に綴られた言葉はそのまんまかれの歌のようだった。

先週の土曜日は排水管の清掃日。台所、洗面台、お風呂の水周り3カ所がいつものチェックポイント。キッチンシンクと洗面台の下にあるモノを全部取り出さないといけないのでこれまた朝から片づけに追われた。想定外の洗濯機置き場にもチェックが入り、掃除をしてなかったのであせる。それでも他の部屋は見られる心配がないので楽なほう。今のわたしの部屋はそう簡単に片づかない。でも、黙っていればわたしの部屋だとはわからないハズ。子どもが散らかしっぱなしで。。困ったもんだわ~というふりをすればよいのだ。

そんなわけで、なんちゃって主婦学生(「なんちゃって」は「主婦」を修飾しているつもり)はなかなかシュウロンに専念できない。昨日は原稿8行。
といってもシュウロンではない。ようやく両親のお墓を建て、来月法要を行うことになった。その案内状の文章を書いてくれと弟に頼まれたのだ。シュウロンに匹敵するくらい難しいけど、ネットで見つけた例文を切り貼りしてなんとか体裁を整える。普段使わない硬い言葉が多くて、それで「らしく」も見えるのだけど、「粗餐を営み」はやめておこう。「私たちらしさ」も残したいと思うから。謹白。

|
|

« 原稿零行日記+陽水@岸和田 | トップページ | 迷ったらイテまえ精神 »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原稿零行日記+陽水@岸和田 | トップページ | 迷ったらイテまえ精神 »