« ガーベラの色の空 | トップページ | 労働党なら黒人という。保守党はイギリス人という。 »

2010/07/04

7月3日は「北の国」記念日

初めて「北の国」に上陸した日だから…と思ったけど、よく考えたら7月3日発の夜行と青函連絡船を乗り継いでの長旅だったので、上陸したのは4日だったかなあ。はるか彼方の記憶なのでもう思い出せない。そりゃそうだよねぇ、10代の頃の話なんだから。

数年前、某ジャズなお店で何度か(何度も)お会いした某氏のサイトを久々にのぞいたら、なつかしい新日本海フェリーの写真がUPされていて、北海道の思い出が一気に甦ってきた。某氏は自転車で北海道を回ってはる。キャンプ場やライダーハウスの様子を読んで、まだこういう旅のスタイルが生き残っているんだなあとちょっと感動。

初北海道はやはり特別に思い出深い。行程を思い出すと、それぞれの地で出会った人を思い出す。1回の旅でずいぶんたくさんの人と知り合った。みんな似たような場所を回るので、道内で再会することも多かった。
ひとり旅をすること。毎日のように初対面の人と言葉を交わすこと。どちらもけっこうなエネルギーが必要。今のわたしにそんな旅をするパワーがあるかなあ。

先週はしんどかったー。もう後期は授業に出るのをやめたいと心底思った。こんなことしてたらシュウロン書けない。この週末は書評の課題に追われていた。いや、追われている…現在進行形。正規受講生じゃないので無理に提出しなくてもいいんだけど、先生に読んでもらってコメントがもらえるのは貴重な機会である。文章を書く練習というだけでもためになると思うから、とりあえず提出予定。わかりやすい言葉で書くことを目標のひとつに挙げておられるので、まずはそれを心がけて。先生お薦めの「名文を書かない文章講座」もやっと借りてきた。これ、良さそう!けど、今から読んで間に合うのか。。

名文を書かない文章講座

|
|

« ガーベラの色の空 | トップページ | 労働党なら黒人という。保守党はイギリス人という。 »

Diary」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

>7月3日発の夜行と青函連絡船を乗り継いで

こないだ20代の若者に、青函連絡船(静態保存な)の
煙突に今も燦然と輝く「JNR」のロゴマークの写真
見せたら2人とも「これ何?わからない??」て。

ニホンジンカオマイラワー(と言えないだけの年月が
流れますた(泣))   ミャー ~~( ^^)~ ミャー ~~( ^^)~

投稿: breakup@ | 2010/07/06 22:58

♪breakup@さん
あ、もしかして日記にあった写真ですよね。
す、すみません。。。わたしもコレなに???でした。だってぇ~、「JR」の前は「国鉄」でしたもん。

投稿: miredo | 2010/07/08 01:59

orz.....

(国鉄=Japan National Railwaysな。)

投稿: breakup@ | 2010/07/10 22:15

♪breakup@さん
了解!あのロゴは車両にも付いていたってことですよね? 全然目に入ってなかったなあ…(^^;)

投稿: miredo | 2010/07/10 23:27

北の国にはじめて行ったのはいつだったかは、遠いはるかな時間を繰らなければわからないので思い出せなません。けれども、聞く耳を持たないで北の国よりも前に単独ではじめて旅立った3.1トンペイの国記念日をよく覚えています。その後だろうか、北の国まで行ったのは。苫小牧発仙台行きフェリーなんて今もあるのかな。

投稿: あーだこーだ | 2010/07/10 23:31

♪あーだこーださん
わたしも北の国の前年にトンペイを回りました。なんとなく順番があって抜かしちゃいけないような気がして。♪苫小牧発仙台行きフェリーは乗ってみたかったけど、大阪に帰るには中途半端ですもんね。そういえば拓郎、長いこと聴いてないです。ハッ!よく考えたらCD持ってない。。

投稿: miredo | 2010/07/11 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガーベラの色の空 | トップページ | 労働党なら黒人という。保守党はイギリス人という。 »