« ボズがさすらいのブルーズマン? | トップページ | 麦わら帽子が消えた »

2010/07/26

せんべい連想禍

週末は名古屋場所。相撲じゃないけど。
某会議の受付で領収書を書く作業をした。字が下手なのがバレバレだし、名前を間違ったら顰蹙ものだし、気の重いおつとめである。宛名に、○ー○大学と入れて、と言われた。「○ー○」はどんな字でしょうか?と質問したら、一緒にいた人に「○ー○大学の漢字を聞く人も珍しいわね。おほほ」(「おほほ」は聞こえなかったけど)と哀れみの目を向けられた。
思わず「草加」せんべいを連想したわたしが悪うございました。おせんべい大好きですねん。その後、ご本人が名前の漢字を説明するのもえらい剣幕でびびった。いっぺんに話しかけられて聖徳太子のように聞き取れないわたしが悪うございました。やれやれ。

名古屋泊の夜から右腕が痛い。ボクササイズをした後みたいな筋肉痛。思い当たるのは階段の上り下りで荷物(がらがらキャリーバッグ)を持ち上げたことくらい。懇親会でも話題になったけど、名古屋の地下鉄って深いホームなのにエスカレーターが極端に少ない気がする。ホテルに近い出口はエスカレーターがあってほっとしたのも束の間、なぜか途中までしかなくて、最後は階段だった。でも、それくらいで筋肉痛だなんて軟弱過ぎる。鍛えなくては。

今回の場所で一番うれしかったのは、デンゼル・ワシントンの舞台を観てきたという先生とお話できたこと。デンゼルは少し線が細い印象だったとか(役柄として)。作品の翻訳も手がけ、いくつも公演をご覧になっている先生ならではの感想だなあと思った。原作者にも直接会っておられるのが羨ましい。もう天国でしか会えないのだ。ブルーズの影響を色濃く受けている作家なので、研究のためにブルーズを聞かざるを得なかったともおっしゃっていた。「マディくらいならいいけど、あの囚人農場とかのはちょっとね~」
帰り際に「がんばっていいシュウロン書いてください」とお声をかけてくださった。よしっ、がんばるっ。がんばりたいけど。。まだ授業が残ってる。はぁ。

|
|

« ボズがさすらいのブルーズマン? | トップページ | 麦わら帽子が消えた »

Diary」カテゴリの記事

コメント

シュウロン書いてる学生まで学会に借り出されるなんて過酷ですね。そしてまだ授業があるなんて。学校に行くだけで精魂つきはてそう。

投稿: 雪見 | 2010/07/26 12:26

♪雪見さん
発表された先生が、周りの人から「この時期によくがんばるねー、しかも、よりによって名古屋で!」と呆れられたと言ってはりました。
真夏日が2日続いたら休講とか、熱帯夜の翌日の午前中は休講とか、新たなルールを作りたい気分です。
雪見さんはマイ研究に着手できて楽しそうですね~!

投稿: miredo | 2010/07/26 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボズがさすらいのブルーズマン? | トップページ | 麦わら帽子が消えた »