« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/27

ぼちぼちリハビリ

バリから帰国して1週間。たった1週間だというのに、バリの景色やバリで出会った人たちに心を侵食されて、なかなか気持ちの切り替えができない。昔から「あんたは人の影響を受けやすい」と言われていた。そうなんかなあ。そうかもしれへんなあ。
バリの子どもたちのため、地球環境のため、伝統文化を守るため。。。いろんな目的をもって生きている人たちに会い、いやでも考えさせられる。わたしは何をしてるんだろ?

とにかく今は、まず目の前にどーんと立ちはだかる山を乗り越えたいと思う。少し前に或る先輩からいただいたメールにあったように、「くじけそうなときは初心に戻って、最初抱いた強い意思を思い出」そう。自分で選んだ道なのだから、引き返したり、逃げ出したりしたくはない。

リハビリ第一歩。バリにゆく直前に図書館の順番が回ってきた「巡礼 」(橋本治著)を読み終えた。ゴミ屋敷の住人の物語。ゴミをゴミだと決めるのは誰なのか。いつからゴミになってしまうのか。昭和の日本の高度経済成長を背景に、すべてのモノ(人間も含む)にあてはまる「境界」の問題が指摘されているように感じた。

自分がなぜゴミを集めるのか、それは忠市にも分からない。「ゴミを集めている」という自覚はない。 しかし、人からそれを「ゴミだ」と言われた瞬間、忠市はゴミであることを理解する。

「捨てられているゴミ」であるならば、それは片付けられなければならない。「置き捨てにされたゴミではないもの」なら、それは拾われなければならない。 拾われて、本来のあるべき場所へ戻されなければならない。

「自分は意味のないことをしているのではないか」という戦慄が、彼を震わせる。「意味のないことをしている自分は、この世から抹消されるのではないか」という不安が、彼の中の気分をリセットする。

そしてわたしのリハビリにもってこいの本を市の自動車文庫が届けてくれた。

大学教授のように小説を読む方法
「大学教授のように小説を読む方法」は落ちこぼれのわたしのためにあるような本。こういう基礎なしに「入院」なんかするから眠れぬ夜が続くんだよねー。つい、今さらねぇ…と思ってしまうのだけど、なにごとも遅すぎることはない…と信じて、少しずつシュウロンへの道を歩き始めたい。

なお、バリ島での写真は、別ブログhati ke hatiに少しずつUP中。左欄のリンクから飛んでくださいね。相方が最新のnanoを貸してくれたので少しだけビデオも撮ったけど、使い方がわからず、しばらく自分の指が写ってた。変換しないと編集もできないし、そちらもこれからぼちぼち。

| | コメント (4)
|

2010/03/23

地球を救う24時間ノーTV

バリの話は別ブログにUPするつもりなのだけど(たぶん、そのうち…)とりあえず、ニュピのことだけは先にこちらにも書いておこうかな。
今年のニュピは3月16日。前夜は恐ろしい形相のオゴオゴが通りを練り歩く。日本在住20年のMs.Lが引率した生徒たちに、節分に似た行事だと説明していた。見た目はねぶた祭りに近いと思う。ぞろぞろとパレードするところも。
オゴオゴ製作は1ヶ月ほど前から始まり、パレード当日の朝も仕上げに行ってきたとハイスクールの生徒が話してくれた。
Dscf0002_2

前にも書いたけど、ニュピ当日は外出禁止、会話禁止、食事禁止、火と電気の使用禁止。当然、お店やレストランは休業。空港も使えないという徹底ぶりには感心する。もちろんTV番組もおやすみ。これまではバリ島限定だったけど、今年はインドネシア全体でTV放映がなかったと聞いた。地球のためには24時間テレビじゃなくて、24時間「NO」テレビにすべきなんよね! 1日限りのニュピだけれど、二酸化炭素排出量削減の効果は絶大とのこと。この動きが世界中に広がれば、「こわれもの」の地球の危機を救えるかも。

わたしたちも、もちろん滞在先の家にこもって静かにしていた。電話もかけてはいけないから、だれとも連絡をとらなかった。外はどんな状態だったんだろう。Dewaさんによると、ニュピは「宇宙のための日」、「人間以外のすべてのcreatureのための日」で、ニワトリや犬に自由に過ごしていいよーという日なのだ。
星も人工の光に遮られることなく輝きを届けてくれる。夜はプールサイドのデッキチェアに寝転び、文字通り「満天」の星を眺めた。とても低い位置で星がまたたくのが見える。木々の間に星が見えるって、すごい。。。それに、空ってまるい! ニュピは、いろんなことに気づかせてくれる。たいせつなことを思い出させてくれる。

| | コメント (4)
|

2010/03/22

(ジ)ュリア・ロバーツの来た村

時間がゆっくりと流れるバリ。しかも今回はニュピという特別に静かな1日を間にはさんでいる。読書がはかどるだろうと思ってたけど、実際、持参したペーパーバックを読んだのは10ページ程。どうしても本に集中できなかった。いろんな人に会って、いろんな生き方をまのあたりにして、刺激が多すぎた。夜もあまり眠れなかった。それでも、自然の音、何者のものともわからない鳴き声に包まれているのは心地よかった。

ウブドに移動した後、未完成のペインティングを仕上げるためKeliki villageを訪ねた。4年前に初めてトライしたけど時間切れ。2年前に完成させるつもりが持ってゆくのを忘れてしまい、今回やっと色をつけてフィニッシュ!というわけである。
ウブドの十字路まで迎えに来てくれたのは、以前Alam Sariに宿泊したときお世話になったDewaさん。Dewaさんのファンは多い。Dewaさんの笑顔とやさしい話し方が大すき!自然とともに生きていて、人間だけじゃなく万物に心配りのできる素敵な人である。

Dewaさんによれば、数ヶ月前、ユリア・ロバーツがかれの村に映画の撮影でやってきたそうだ(Jを発音しないので、最初だれのことかわからなかった)。ホテルのような設備を持った大きな車が道路をふさぎ大変だったらしい。
村の人たちはユリア・ ロバーツのことなど知らず、地元のTV局のインタビューも
「ユリア・ロバーツが来てますが、どう思いますか?」
「はぁ?それ誰?」
「ハリウッドの有名な映画スターですよ!」
「ふ~~ん」
という具合だったとか。DewaさんはDVDで映画を見たことがあるから知ってるとのこと(Dewaさんは読書家だし幅広い知識を持った人なのだ)。近くで見た生ユリア・ロバーツは、いつもスマイルでポライトで、グッド・パーソンだったと話してくれた。きっと彼女も、人の目を気にせずのびのびできたんじゃないかな。道中、いくつかの撮影ポイントを教えてくれた。ぜひ、映画を見てみたい。
(なお、旅行前にネットで見つけた情報では、映画の撮影が行われたのは昨年だった。Dewaさんにthis year?と確認したらYes!って言ってはったし、ペインティングのIda Bagusに聞いても数ヶ月前の話だと言ってたけど。)

↓完成した初ペインティング…へたっぴだけど自分で描いたということにとても満足している。
Dscf0154

| | コメント (3)
|

2010/03/20

百万長者@巴厘 本日帰国

ただいま~。2年ぶりのバリ島。ボスに休みをもらうお願いをしたとき「おっ、里帰りやな!」と言われたけど、ホントにそんな気分。初めてのところに行くのはもちろん大すきだけど、ああ、帰ってきた~と思える場所もいい。
今回は為替レートがけっこういいと言われてたけど、ニュピ前後は少し下がってしまった。でも、だいたい1万円が100万Rp.になるのでミリオネア気分を味わえる。

日本に帰ったら、まずはお風呂でしょう。でも、日焼けした肩が痛くて、湯船にしっかりつかることはできなかった。ずっと日焼けには用心してたけど、暑さに我慢できなくなって、最終日にタンクトップで歩いたのがまずかったみたい。短パンで歩かなかったのがせめてもの救いか。
さらにお風呂上りに鏡を見てびっくり。顔がくろい~~!!髪の生え際との差が歴然。まさかこんなに焼けているとは。まあ、3分歩いたら汗が流れてくるので、日焼け止めも意味ないし、当然といえば当然なんだけど。

今回は、念願のオゴオゴもいくつか見ることができたし、塀よじ登り事件、バンブーブリッジ事件などなかなか楽しい経験をした。また、ぼちぼち報告します。
おみやげは前回と同じようなものと…
Dscf0116_2

前回買わずに後悔したスパイス。
Dscf0149

最後にBilly Blanks のチャリティーイベントのお知らせ。バリの人はビリー隊長のことを全然知らないけれど、ウブドはヨガのワークショップも盛んで、そういうのに参加している外国人が参加してくれるんじゃないかな。ブートキャンプというよりタエ・ボー中心かも。
Bali News: Billy Blanks in Bali

| | コメント (6)
|

2010/03/12

おい、そこのおまえ!

と警官に呼びかけられてふりむいたときに、つまりその呼びかけの主体位置に同一化したときに、人は事後的に呼びかけられた主体となる。
なるほどね~。これはアルチュセールさんが言ったそうで、これをもとにバトラーさんは、「そこのおまえ」にピンポイントされた時にアイデンティティは成立するのだ、という。アイデンティティは言語的構築物なのだ。

アイデンティティってなんだろ。必要なものなんだろうか。。とぼんやり考え続けていて『脱アイデンティティ』(上野千鶴子編)に出会った。序章でアイデンティティという概念の起源から解説されているので、とてもありがたいけど、なかなか理解するのは難しい。ラカンさんやオースティンさん、もちろんフーコーさんも…と勢揃い。パソコンでメモをとっていたら「ご不満」とか「スティ熊」なんて変換されて笑える。(ゴフマンは人名、著書に『スティグマの社会学』)

脱アイデンティティ

「誰がアイデンティティを必要とするのか?」と問うのはスチュアート・ホール。IDカードは、「おまえは何者か」という支配権力の問いに答えるために発行されている。「存在証明」をつねに強迫的に必要とされるのは、支配権力の側ではなく支配権力から少数者としてカテゴリー化される側である。

「どこから来たかじゃねえんだよ、どこにいるかなんだ」というのはポール・ギルロイの論文タイトル。固定化されたアイデンティティに固執する傾向はなくなりつつあるのかと思ったけど、昨日だったか、世界遺産の番組を見て、そう簡単に結論は出せないと思った。セネガルのゴレ島にある「奴隷の家」(奴隷商人の館)や「ルーツ」のクンタ・キンテが生まれたジェームズ島を訪れる人たちは、自分たちがどこから来たのかを知りたくて、そこを訪れていた。アメリカやヨーロッパから、アフリカに移り住んだ人もいた。自分のいる場所ではないと感じていたからだと言う。

次元は違うけれど、わたしもココ(どこ?)は自分の居場所じゃないと思うことがある。それはやっぱり(支配権力とはいわないけれど)、マジョリティに属してないがゆえに感じる違和感なのだろう。

| | コメント (4)
|

2010/03/10

炭坑節♪練習中

バリ滞在中、現地ハイスクールで日本語クラスの応援に借り出されるかもしれない。その場合は、前回と同じようなロールプレイをしようと思っていたが、リーダーの先生とメールをやりとりしているうちに、盆踊りいいね! miredoが月曜のクラスでやる?という話になり、万一に備えてTanko BushiをYouTubeで学習中。
大阪代表ってことで河内音頭を披露したいところだけど、難しそうなのでパス。炭坑節は1番だけなら「つき でた えんとつ たかい けむい」程度の語彙で歌詞の説明もできそうだし。指先に神経を使ったり、視線を移動したりするところは、バリダンスと共通点もあるし、OBON DANCEはけっこう面白い試みかも。
今住んでいるところでも、毎年、夏には盆踊りの音楽が風にのって聞こえてくる。もう何年も実際に踊ったことはないけれど、やっぱり夏の風物詩なんやねぇ。

さて、月だけじゃなく今週は成績も出た。Aが出た出た、Sも出た~、ヨイヨイ。某先生のSはうれしいなあ。寒い教室で3日連続の集中講義はなかなかつらかったからねー。もう何を書いたか覚えてないけど。(^^;) 先生の話をもっと聞きたいなーと検索してたら、過激におもしろそうなグループRLLのサイトに漂着。かくめい的Tシャツほしいっ!ファノン、フーコー、C.L.R.ジェームズ…迷うなぁ…パティ・スミスにスーザン・ソンタグも。どれにしよう?

| | コメント (0)
|

2010/03/08

楽園へ

久々の旅行に備えて、こんな本を買った。

バリ島ウブド 楽園の散歩道 (地球の歩き方GEM STONE)

昨日はダイソーでおみやげを探した。招き猫のミニ置物、福笑い、お手玉、折り紙など。これまでに2回参加したことのあるインターナショナル・スクールのツアーなのだけど、今回は遅れて合流するので、生徒たちが帰国してからフリータイムが充分とれる予定。ホテルで2泊した後は、ウブド近くの家を4人家族+2人でレンタルすることになっている。いつもお世話になっているスクールの先生がすべて手配して下さった。

今回は「ニュピ」を体験したくて日程をずらした。ニュピとは、ヒンドゥー教のサカ暦の正月にあたり、「火や電気を使わない」「外出しない」「仕事をしない」「食事をしない」ことになっている。空港も閉鎖されるという徹底ぶりで、観光客も24時間ホテルからの外出は禁止されるらしい。在ジャカルタ日本国総領事館からのお知らせにもしっかり書かれている。

実際のところ、バリの人々はどんなふうにこの日を過ごすのだろう。前回、ショート・ホームステイ(日帰り)させてもらったときは、家族や近所に住んでいる親戚が集まって、うす暗い中(裸電球がある部屋は1つだけだった)うだうだしゃべり続けていたので、いつもと変わらないような気もする。食事をしないのは別として、年に一度くらいこんな日があってもいいよね。

| | コメント (4)
|

2010/03/07

初めて足を踏み入れた世界

予想外におもしろかった。

201003071042000

ホイールのデザインって見ていて飽きない。いきなりPCのモニタを見せられて、どれがいい?と聞かれたときは、扇風機か換気扇みたいやんと思ったけど、実物がずらりと並ぶと美しい。昔、タイヤの意匠出願のアシスタントをしていたときは、こんなわずかな違いにこだわる人がいるのかなあと思ったけど、ホイールならわたしもこだわりたくなる。

交換に1時間もかかるというのに、コーヒー1杯出してくれるわけでもなく、暖房も全然効いてなくて凍えそうだったので、15分くらい歩いて一番近いラーメン屋に入った。お醤油の味がきつくて☆1つ。店を出てすぐ先に、あと2軒おいしそうなラーメン屋があった。しまった、はやまった。

| | コメント (4)
|

2010/03/04

揺れる目玉

Nazar1_4
ドアの外にぶら下げた目玉(ナザル・ボンジュウ=トルコのお守り)がカタカタと鳴り続けている。どこの隙間から忍び込んでくるのか、ヒューッとカタカナで書きたくなるような甲高い音はまるで北風のよう。でも、時期的にはもう春一番なんだろうか。早くひらがなのそよ風に吹かれたい。


「ポピュラー・ミュージック・スタディズ」を拾い読み。これはありがたい。ポピュラー音楽研究の概説書。実は、全12巻の世界ポピュラー音楽百科というのがあって、その第1巻からの訳出らしい。12巻って…いったいどんな内容なんだろう。黒人研究とアフリカ系アメリカ人研究の部分だけコピーしようかな。この本でも、リロイ・ジョーンズの「ブルース・ピープル」はやはり必読書というかんじ。
ポピュラー・ミュージック・スタディズ―人社学際の最前線

前から気になっていたチャールズ・カイルの「都市の黒人ブルース」も読まなくてはと思って借りたけど、きれいな本じゃないので、なかなか手が出ない。こういうのは机に広げて、ページをめくるときだけ本に触れる。ラッコのように両手で抱えてお腹のうえにのせるとか、ベッドにもぐって読むというのは絶対にできない。ジョーンズに次いで役に立ちそうなので(ジョーンズを批判しているのでバランスをとるためにも)買ってしまおうかと探してたら、2000年になって新訳「アーバン・ブルース」として出版されている。それだけニーズがあるってことなのかな。でも、どうせなら引用するときのことを考えてペイパーバックを買ったほうがいいね。
アーバン・ブルース (BLACK CULTURE ARCHIVES)

あいかわらず寝つきが悪い。今日みたいに目玉がカタカタ鳴っていると余計に気分が落ち着かなくて、また寝返りを打ち続けるんだろうな。とりあえず、おやすみなさい。

| | コメント (4)
|

2010/03/03

ビフォーアフター 公園の巻(写真の整理)

先週、久しぶりに実家に寄って、古いネガフィルム数本と写真を数枚持ち帰った。お煎餅や洋菓子の空缶にどっさりと残っている白黒の写真の中には、初めて見る写真もあった。びっくりしたのは出征兵士(たぶん)を囲む記念写真。ここに、うちの親戚のだれかが写っているんだろうか? そういう写真は、どんどん透明の袋に放り込み「謎」と書いた付箋を貼った。まとまったら一度、叔母に聞いてみよう。それでダメなら、もう、わかる人はいないかもしれない。

古い写真の整理方法を考えていたのだけど、まずフィルムを業者にデジタル化してもらうのがよさそうな気がする。生まれた直後の写真なんかは、フィルム1本ほとんど似たような写真だったりするけど、いちいち選択する手間をかけるより、一旦、すべてデータにしてしまったほうが、あとの整理はしやすいと思う。それに、フィルム単位で依頼するほうが安上がりのようだし。フィルムがない写真は、仕方がないので、個別にデジタル化してもらう。いや、写真からの場合は、自分で取り込み作業をすれば経費節減になるよね。適当なスキャナがあればの話だけど。

とりあえず、お試し版として白黒3本、カラー1本のフィルムを預けた。1本あたり525円。仕上がりは少し画像が粗いような気がする。解像度って業者によって違うのだろうか。どこでも一緒だろうと思って、通り道にあるというだけで選んだお店に依頼したけど、大量に依頼する前に、画質や価格の差も調べなくては。。おすすめ情報あればよろしくです!

今回、デジタル化してもらった中に、ワイルドな、「公園」とは呼べそうにない野山?の写真があった。昨年、似たような場所で撮った画像があるので、その変貌ぶりをご覧あれ。きれいな公園で気に入っていたのだけど、こうしてみると、あまりにも人の手が入りすぎてしまったという印象も残るね。
このあたりの「開拓」は南から北へと進んできた。今住んでいるところは、この公園よりも北で、数年前までやはり未開の地だった。うちよりも少し北にあった墓地は移転して、広域宅地エリアが誕生した。スタバやモスやおしゃれなカフェができたのはうれしいんだけど、時間が止まったかのような懐かしい風景が消えてしまったのはさみしい。フロンティアはさらに北へと向かっている。

Fh030013_2


Minami2_2

| | コメント (0)
|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »