« 声に出して読みたくない日本語 | トップページ | 節分ロールケーキ »

2010/02/02

これだけは!リスト

昨年末にNHKで放映された「働き盛りのがん」で千葉敦子の手紙が紹介されていた。番組に出演していたがん患者さんの中に、NY駐在中にがんを告知され、その後、何度も転移・手術を繰り返した男性がいた。ちょうど千葉さんもNYでがんと闘っており、週刊誌に連載記事を書いていた。相談を受けた千葉さんが男性に送った返事には、がん患者ではなくとも身の引き締まる思いがする。

5年生存率が20%だと宣告を受けた男性は、帰国して閑職に就くつもりだったが、千葉さんは、本当にそれはあなたが今、したいことなのか?と問いかける。そして、20%に賭けて人生を考えるだけでなく、80%のほうに入る場合を想定して考えなければならないという。
そのために、紙に自分が一番したいと思うことを書き出すのが有効だとアドバイスする。
もし10年生きられるとしたら。5年だとしたら。2年だとしたら…。10でも20でもやりたいことを書き出してプライオリティーをつける。
彼女自身は1年6カ月のプランも作っていたそうだ。そして、治った時には…という幻想の世界に住んでいては、そうならなかった時(そちらの確率が高い)の幻滅が大きすぎると指摘する。

どきっとした。時間の経過とともに忘れていた。母を見送ったときにしっかり心に刻んだつもりだったのに。いつ何が起こるかわからないということ。いのちに終りがあるという明確な意識。毎日毎日、残された時間は減る一方だということ。終りに近づいているということ。

余命宣告を受けてなくたって考えなくては。何をしたい?何から?
…と考えて浮かんでくるのは、xxxに行きたい!住みたい!ということばかり。行き先は挙げればキリがない。
そんなところに恒例のバリツアーの案内が届いた。それによると帰国する3月16日が「ニュピ」に当たっている。一度はニュピのバリを体験したい!オゴオゴを見たい!とずっと思ってるので、行くならツアーとは時期をずらさなくては。ビリーはチャリティ・ブート・キャンプのため23日にバリ入りするらしい。
4月からブロードウェイでリバイバル上演される"Fences"も観たい。デンゼル・ワシントンが何年ぶりかで舞台に立つとかでチケットは即完売と予想されている。
あ、たいせつなことを忘れてた! 最優先すべきことはパスポート更新やわ。

※ニュピとはサカ暦の新年で、この日は一切の外出と電気や火の使用も禁止。空港もクローズされます。
オゴオゴはこんなの。
Ogoh

バリツアー主宰の先生のサイトでもっと写真を見ることができます。

|
|

« 声に出して読みたくない日本語 | トップページ | 節分ロールケーキ »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 声に出して読みたくない日本語 | トップページ | 節分ロールケーキ »