« ハートの芋ようかん | トップページ | フィギュアスケート with Rock & Blues »

2010/02/16

ガレスの部屋を見習おう

Gareth Maloneはイギリス人なので、イギリス式発音でガレスと書くことにする。実は、「ギャレス・マローン」で検索してくる人が異様に多くて、わたしはあまのじゃくになっているのかもしれない。coldsweats01
でも、イギリスのデザイナーGareth Pughは「ガレス」で定着してるのに、だれがギャレスって決めたんだろう。

Unsung Townシリーズの最後のエピソードで、ガレスは町の野外フェスティバルを企画し、そこでコミュニティ・クワイアは、クワイアに参加していない町の人々の心もしっかりと掴んだ。ガレスは、人間にはコミュニティが必要で、コミュニティのために音楽は重要だと語っていた。このところ、音楽と共同体について考えていたので、もうちょっとガレスの話が聞いてみたいな。というわけで、ガレスの部屋を訪れよう。

というのは無理な話だけど、実は、ガレスの部屋の写真を発見した。GuardianのサイトにMy Spaceというお部屋拝見コーナーがあり、ロンドンのガレスのフラット(の一室)が紹介されている。この部屋、Boys Don't Singで見た記憶がある。ガレスがピアノを弾きながら、コーラスのアレンジを考えていた。広くてすっきり片づいていたから、番組プロジェクト用に用意された部屋なのかなと思っていた。
Gareth_room

記事によると、ビクトリア朝様式のテラスハウスで、元は黄色い壁紙(!)だったのを、Farrow & Ballの伝統的な色に変えたとのこと。日本の和室でよく見かけるしぶいグリーンである。下の階にはなんと同じGarethという名前のテノール歌手が住んでいるそう。
で、"we have sing-offs"とあるのだけど、sing-offsってなんでしょ? 自分がピアノを弾いているときに、もう一人のガレスが階下でオペラの練習をしている…と続くのだけど、offsの意味がよくわからない。

ここでもコミュニティの話が出てくる。ロンドンでは近所の人と話をしないらしく、ガレスはそれが不満である。そういう意味でも、サウスオキシーでコミュニティ・クワイアを作るプロジェクトは楽しかったようだ。いつか田舎に住んで、グランドピアノを心置きなく弾きたいという。あこがれはスタインウェイ。ほかにも、ピアノの脇にあるオトナの靴のこと、まんまインディアナ・ジョーンズだ!と言われて買った帽子(野球帽からグレードアップ)のことなど、写真に写っているモノについてのコメントも楽しい。

さて、本年度最後の授業も終った。いつものことながら、まずは部屋の片づけをしなければ。ガレスの部屋のように、ピアノの蓋を開けることができ、椅子は座れるようにしたいものである。 

|
|

« ハートの芋ようかん | トップページ | フィギュアスケート with Rock & Blues »

Diary」カテゴリの記事

コメント

一週間のご無沙汰でしたぁ(玉置調でbleah
いろいろ取り込んでおりました。

ギャー!ガレスだぁ!
ガレス・シリーズ、待望の再訪はなぜか「未録画」に。後は全部録れたけど、見たのはコミュニティ・クワイアだけ。

髪型がちとブー!
先生もちと有名になられたのか?今回は集まり方がスムーズでしたね!ちとヤラセの匂いも??
まだ後があるのでわかりませんが、前回シリーズほどドキドキ感が・・・downwardright

投稿: ターミン | 2010/02/18 15:39

♪ターミンさん
お久しぶりです! O2アリーナ@ロンドンに行ってはるのかと思いました~heart02
クワイア・プロジェクトは、たしかに「あの」ガレスだし、カメラが来てるし…という影響もあるでしょうね。でも、アビーロード・スタジオで録音した自分たちのコーラスを聞いたときのメンバーの感動は本物だったと思うし、ガレスに常任指揮者として残ってほしいと訴えたときは、ガレス自身が涙をこぼしてたし、たとえメディアが企画したものでも、それを超える感動があったんだろうなと感じました。

イギリスの事情は全然知らないのですが、サウスオキシーってホントに評判が悪いみたいですね。でも、合唱を聞いた周辺地域の人が、単なる噂だったのね…とか、偏見を改めなくちゃ…と言ってましたよね。クワイア効果はすごいsign03

投稿: miredo | 2010/02/18 20:26

そうですね!まだ一回しか見てないので、今後が楽しみっすcatface

投稿: ターミン | 2010/02/19 15:21

♪ターミンさん
じっくりお楽しみください~。
オリンピックもあるし忙しいっすね。

投稿: miredo | 2010/02/19 20:45

>いつか田舎に住んで、グランドピアノを心置きなく弾きたいという。

これですよコレ! 絶対に実現したいのですが現実が厳しくて、考えただけでも胸がキュンとしてしまいます。

投稿: dotchy | 2010/02/22 23:46

♪dotchyさん
永遠のあこがれですね~♪
ガレス先生はいつかスタインウェイ!と思ってるそうです。
胸キュンが実現したら、ホームコンサートを開いてよんでくださいね!

投稿: miredo | 2010/02/23 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハートの芋ようかん | トップページ | フィギュアスケート with Rock & Blues »