« 男もすなるクワイア | トップページ | サーカスのイメージ »

2010/02/11

ガレスの選曲

昨日、今期最後のレポートを提出して、一気に気がゆるんだ。まだ、授業は1コマ残っていて、その予習をしないといけないのだけど、読む量は少ないと言う先生の言葉を信じて、まだ見ていない。だいじょぶか。

Gareth Weekなので、もうちょっとクワイアネタを。。ランカスター校の生徒たちは、みんなガレスと発音してたので、今回はわたしもガレスにしてみた。
ランカスター校でガレスが初めて生徒たちに歌わせたのはビートルズだった。初の発表会では、かわいいルイスくんがスティングの♪Fields of Goldでソロをとった。サウスオキシーの子どもたちは、リンゴ・スターの♪Octopus's Gardenやクラプトンの♪Tears in Heavenを歌ってた。オトナのクワイアでは、U2の♪With or Without Youを練習していた。さっきまでTVを見てたけど、今夜はOasisの♪Don't Look Back in Angerが出た。イギリスやアイルランド出身のミュージシャンの曲をうまく選んでいるなあ。そうそう、オリバーのマーチ(♪Consider Yourself)を子どもたちがいきなり歌ったのにもびっくりした。さすがディケンズの国!?ミュージカルの国!?

わたしが気になったのはコミュニティ・クワイアのレパートリーとなった♪Hallelujah。冒頭の歌詞が音楽に関するもので興味深い。こんなの。

I've heard there was a secret chord
That David played, and it pleased the Lord
But you don't really care for music, do you?
It goes like this
The fourth, the fifth
The minor fall, the major lift
The baffled king composing, Hallelujah

これはガレスが初めてサウスオキシーに来たときにストリートで聞いた歌だったそう。詞/曲はレオナルド・コーエンと表示された。えっ、まさか、あのカナダのコーエン?
いえ、別にコーエンのこと何も知らないのだけど。実は、以前通っていた英会話スクールで、カナダ人の先生が、自分の好きな小説だと言って冒頭の部分を暗唱してくれたのがコーエンの作品だった。その後、ペーパーバックを手に入れるまで数年かかった。そしてまだ読んでない。(^^;) これを機会にぜひ読まなくては。

♪Hallelujahが最初にリリースされたのは1984年だけど、たくさんのミュージシャンにカバーされたり、TVや映画(シュレック)で使われたりして、2000年代にヒットチャートをにぎわせる。2008年12月には、U.K. Christmas singles chartで1位(Alexandra Burke)、2位(Jeff Buckley)そして36位(Cohen's original version)と、同時に3バージョンがチャートイン。とWikiからの受け売りだけど、世界的に有名な曲やったのね。コーエンの詩集も読みたくなった。

|
|

« 男もすなるクワイア | トップページ | サーカスのイメージ »

music」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男もすなるクワイア | トップページ | サーカスのイメージ »