« サーカスのイメージ | トップページ | ガレスの部屋を見習おう »

2010/02/14

ハートの芋ようかん

今日のおやつ。
Imo

普段、ローカルなデパートで舟和の芋ようかんは手に入らないのだけど、今週末はバレンタイン用商品が並んでいたので自分のために買ってきた。これ、おいしいんよねー。前の勤務先で、東京出張のお土産にこれを買ってくれた人は一気に株が上がった。秘書に人気のおやつである。
芋ハートには小さなナイフもついていた。ハートにナイフを入れるのは、なんだかなーと思いつつ、切り刻んでぺろりと食べた。デパ地下では他に、千枚漬け、キッシュ、コロッケ等々ハート型の便乗商品が目についた。ぺらぺらの千枚漬け2枚で525円(だったと思う)はあんまりではないか。来年は、前もって丸いのを買っておいて、ハサミで切り込みを入れよう。

ヴァージニア・ウルフの短編を読んでいたらqueerという単語が使われていた。ギルマンの短編にも出てきて、ん?と思ったけど、当時は普通に使われていたんだなあ。クイア理論という使われ方は最近になってからだし、その中間の時期は侮蔑的なニュアンスがあったということになる。時代とともに言葉の意味が変わるって、やっかいなことだ。

|
|

« サーカスのイメージ | トップページ | ガレスの部屋を見習おう »

Diary」カテゴリの記事

コメント

舟和の芋ようかんと言えば、東京は浅草の名物ですが、大阪でも喜ばれるのですね。

さて、英語の単語、gayなんて言葉も、一昔は騒がしいとか陽気なという意味で使われていたんですよね。今は、ゲイという苗字の人は迷惑でしょうねぇ。

オギ

投稿: ogitetsu | 2010/02/15 09:04

♪ogitetsuさん
今はデパートにゆけば、たいていのモノが日常的に手に入りますが、舟和の芋ようかんは、意外と関西では見かけないんです。それだけにありがたみも増すのでしょうね。

わたしはWest Side Story が好きだったので、よく家で
I feel pretty / Oh so pretty
I feel pretty and witty and
GAAAAAAAAY!と歌っておりました。
今では辞書の第一義が同性愛のことになってますね。

投稿: miredo | 2010/02/15 19:32

わたし舟和のより↓が好き!
http://www.keikyu.co.jp/webnagisa/06_11/nfl_sweets.html

若いころは芋や南瓜は好きではなかったんですが・・・デパ地下で並んででも買ってしまいます。coldsweats01

投稿: ターミン | 2010/02/19 15:28

♪ターミンさん
芋きんshineですか。焼きたてを食べてみたいです。こんど上京するときは要チェック…メモメモpen

投稿: miredo | 2010/02/19 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サーカスのイメージ | トップページ | ガレスの部屋を見習おう »