« 壁紙は何色? | トップページ | ♪昔のなまえで出ています »

2009/11/06

洗濯物を干すのは何時?

先日、駅のホームで再会した編入生の人とお茶をした。仏文専攻の彼女はゼミで発表が終わった直後とのこと。採り上げた作家の名前を聞いたけど、難しくて覚えられなかった(^^;)。19世紀の詩人で、出産後、精神的に落ち込んだときに、医師から書くことを勧められたそう。ちょうどわたしが読んでいるギルマンは、同じ状況で医師から書くことを禁じられ、症状は悪化した。その経験を元に書いたのがYellow Wallpaperである。全然違うことをしていると思っていたけど、不思議につながっているのがおもしろい。
当時の女性の息苦しさとは比べものにもならないけど、今の日本でも、主婦が大学にゆくことへの世間の視線はまだまだきびしいよねー、などという話ができるのも同じ立場にいるからこそ。大学に入り直そうと思った背景に、いのちに限りがある…という認識があったという点も似ている。彼女に聞いた話でいちばんびっくりしたのは、洗濯物を干す時間を競う主婦のこと。わたしなんか、ほとんど外に干さないので「あそこの奥さん、めったに洗濯してへんで~!」なんて言われそう。おー、コワ。

今夜は久しぶりにジャズのLIVE映像を観た。海辺の街のLIVE。なつかしいメンバー。そして、ずっと気になっていた海辺の某氏のお姿も! 全然お変わりなく、以前とおなじ口調でおなじようにジャズへの想いをこめて話してはった。それがなによりうれしかった。録音、録画をしてくださったおふたりに感謝!
そういえば、このトリオのメンバーは、今、わたしが単位互換でお邪魔している某大学の出身である。今のウォシュレット完備のキャンパスを見たら、びっくりされるだろうなあ。

|
|

« 壁紙は何色? | トップページ | ♪昔のなまえで出ています »

Diary」カテゴリの記事

コメント

海辺の某氏は本当に元気でしょう!バイタリティーが有って、我々メンバーも大変驚いてました。
某喫茶店を借り切って開いたLIVE!ジャズを聴きに行くには、町まで車でもかなり時間がかかる地域なので、地元でJAZZ LIVEなんて初めてで町は大騒ぎ、老若男女がつめ掛け満員御礼の中で、奏でる渋い、本当に渋いジャズでした。此処のようなのんびりとすごされている地域では、乗りノリのジャズよりも、しっとりジャズがぴったりで自然に沸いてきた拍手は、いかに地元の人たちに心地よさを感じてもらったか、あのDVDや、生禄のCD音でミレドさんもお判りになったでしょうね!
私もこんなジャズを演奏してみたいものです。
さあ、練習練習!

通りすがりでした!

投稿: 海辺の某氏に会った男 | 2009/11/13 01:58

♪海辺の某氏に会った男さん
エンジニアとしての参加、おつかれさまでした~! いい音を届けてくださってありがとうございました。某氏は念願かなってホントにうれしそう。お客さんもLiveの楽しさを感じてくださったみたいでよかったですね。恒例行事になるといいのに。

>>私もこんなジャズを演奏してみたいものです。さあ、練習練習!

えっ、ロックに夢中じゃなかったのですか!bleah

投稿: miredo | 2009/11/14 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壁紙は何色? | トップページ | ♪昔のなまえで出ています »