« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/30

書き入れ時!

昨日は同期院生のシュウロン最終発表を聞きに行った(最終といってもホントの最終ではない)。昨年は、まとめてやってたのに、今回は日にちがばらばらで、昨日も発表者はひとりだけ。イギリス系だし、宗教や思想がからむので、わたしにはよくわからない内容だったけど、4人の先生のコメントは参考になった。でも、1対4はキツイなあ。彼女もひとりきりだともっと緊張したと思うと言ってた。だから、来年のわたしの番には聞きに来てくれるって。
わたしの指導教官が、発表した院生に本を借りにおいで…というので一緒に研究室にゆく。彼女は厚い本を3冊借り、そのうちの1冊はわたしも読むように言われた。さーっと読むだけでええから。と言われても、その「さーっと」ができないんですけどー。

久しぶりに生協でお茶をしながら、お互いの状況を報告し合う。夜は眠れなくてつらいとか、ずっと授業の発表やシュウロンのことを考えて寝た気がしないとか、なんでこんなしんどいコトしてるんやろーとか、いつになったら楽しくなるんかなぁとか。。。
彼女のエライところは、わたしがこうしたほうがいいだろうなと思うことを、すでに実践していること。読んだ本で気になることはパソコンで入力するよりも、手書きしたほうが記憶に残るとか、英語は音読したほうが頭に入るから授業で読む作品も音読するとか。とにかく、すべてが時間のかかる作業だし、コツコツ地道に続けるしか道はない。この週末+連休(←学祭のため)は、文字どおり書き入れ時!がんばろ。(ついさっきまで「掻き入れ時」だと思っていた無知なわたしです。)

PS. おととい近所の舗道でたぬきに遭遇! 半月の夜。溝から顔だけ出してキョロキョロしてた。フラッシュに反応して飛びかかってきたらコワイので写真は遠慮。無事に家(どこ?)に帰ったかなぁ。

| | コメント (2)
|

2009/10/27

再会

今日は他大学で受講の日。大学への移動時間に少し余裕があったので(お昼を食べるひまはないんだけど)、初日に声をかけてくれた編入生に会いにゆくつもりだった。乗換駅のホームでiPodを聴きながら突っ立っていると、マスクをした女性に話しかけられた。マスクとイヤホンで二重に遮られた言葉は全然聞き取れない。イヤホンを外して、顔(の上半分)をじっくり見ると。。。なんと、わたしが会いに行こうと思っていたその人だった! ふたりで偶然の再会を喜んだ。

彼女は仏文専攻。作品を読むのを楽しみに入学したのに、単位に必要な科目の課題に追われる生活で、予想との違いにとまどっているという。ああ、わかるー。学部時代ってホントに課題に追われるばかりで、落ち着いて卒論だとか自分が何をしたいとか考えている余裕がないんよね。編入だと余計にきついと思う。でも、院への進学も考えてはるみたいで、わたしの「入院」生活についてあれこれ質問された。
「いい目標ができました」なんて言われて困ってしまったけど、わたしも先を歩いている先輩を見ると励みになる。わたしのようなおばちゃんでも、なんとかやってます…というのを見て、迷っている女性が仲間入りしてくれたらうれしいなあ。

授業の後、図書館裏の芝生の前でベルギーワッフルを1つ食べた。図書館の壁を這う蔦も秋の色になっている。お天気が悪くてきれいな写真は撮れなかったけど。
20091027145502

PS. 講義中はあいかわらず私語が多い。よくよく席を選んでいるつもりなんだけど、今日はハズレ。後ろの女子が90分のうち60分以上しゃべってた。前に移動しようかとも思ったけど、一番前の端で後ろを振り向いて喋っている女子(あんたは小学生か!)がいたので、その近くじゃ変わらないと思ってやめた。初回はガマンできず注意したけど、おばさんは目立つし、いじめに合いそうで。。。(^^;)

| | コメント (2)
|

2009/10/25

早まるな!Windows7、遅かった!MS-Office

数日前、大学から画期的なアナウンスがあった。ソフトの包括契約というのを結ぶので、本学の教職員、学生はWindows7をダウンロードできるようになるから、早まるな!というのだ。さらにOffice製品も最新版が入手できるらしい。もうちょっと早く言ってくれたら、アカデミック優待パッケージも買わずに待ったのに~。\17,000でもお買得だと思ったのに~。それにソフトもいいけど、コピー/プリント料金をもっと安く設定してほしいなあ。

ケータイの件は、softbankの通話エリアにまだ問題ありということで相方のiPhone熱が冷めてフリダシに戻った(相方の実家が超田舎なんで)。iPhoneじゃないにしても、softbankに乗換える気分に傾いていたから、ドコモのポイントもさっさと使おうと交換を申し込んでしまったよー。申し込んでから1ヶ月くらいかかると注意書きがあったのは、その間に解約したら商品をもらえないってことか。逃がせへんで~という意図をひしひしと感じるなぁ。
それにしても、最近のケータイって高すぎ! その割に気に入るデザインやカラーがなくって、こんなのに5万も6万も出せないよーって思ってしまう。キャリア乗り換えのほうが絶対安く買えるから、やっぱりこの際、ドコモとはおさらばしようかと思ったり、違約金9,500円は悔しすぎると思ったり。あと1週間考えよう。それとも、年末商戦まで待ったらお得なキャンペーンがあるかな。

昨日は、排水管の清掃と固定電話をNTTからJCOMに変える工事で、ずっと自宅待機。ケーブルTVのチューナーを新しいのに変えてくれたのはいいんだけど、録画予約がうまく連動してなくってがっかり。池澤夏樹さんのインタビューが途中からになってしまったよ。ケーブルTVの契約がランクアップしてチャンネルが増えたのはいいけれど、誘惑に負けないようにしなくちゃ!

| | コメント (4)
|

2009/10/24

香るトイレ

先日、丘の上キャンパスで、少し前を歩いていた留学生女子が急に立ち止まり、くるっと踵を返して2、3歩後戻りした。そして、目の前の金木犀に高い鼻を近づけ、にっこり微笑んでまたすぐ歩き出した。彼女の国にも金木犀の木はあるのかな。何年か経って、どこかであの香りをかいだら、日本での留学生活をなつかしく思い出すのかな。

かつて、キンモクセイの香りといえばピコレット(トイレ芳香剤)という連想が日本中に広がっていた・・・よね? これを知っているのは、何歳くらいの人までなんだろう。あのころ、キンモクセイって不幸だなあと思っていたけど、最近はトイレ芳香剤も世代交代をして、キンモクセイはキンモクセイとして楽しめるようになったように思う。
最近のわが家のトイレはグレープフルーツの香り。ピーチも試したけど、ちょっと甘ったるいのでやめた。トイレのドアを開けると、おいしそ~!と思ってしまうのもヘンなかんじだけど。

| | コメント (0)
|

2009/10/22

やっと大台

体重でも胴回りでも年齢でもなく、大台にのってうれしいものといえばTOEICスコア。9月に受けたTOEICでやっと900overを果たした。3年ぶりだし、新TOEICは初めてだし、スコアが下がっても仕方ないと思ってたくらいなので、ちょっとびっくり。というか、びっくりの一番の理由は、リスニングのスコアが495だったこと。TOEICフリークがネット上で回答速報を書いてはるのを見て、けっこう合ってるやん…とは思ってたけど、まさかね~。
TOEIC受験者はご存知のとおり、全問正解というわけではないし、逆にいうと、リーディングと差がありすぎ! でも、900超えてないという点で肩身が狭かったので、ひとまずほっ…とした。でもでも、今度は、ニュースも映画もドラマもネイティブの授業も聞き取れないのに、それでリスニング495なん?といわれるのがつらい。結局、肩身が狭いのに変わりはないんやねー。というわけで、今日までナイショにしてたんだけど、せっかくなんだし通過点の記録として書いておくことにした。留学しなくても純ジャパでもおばちゃんでも、これくらいは行けるという記録。
次の受験予定は特にないけど、もうちょっとスコアアップしたいし、いずれまたトライすると思う。しばらくは論文の英語に慣れることに専念しなきゃ。

| | コメント (7)
|

2009/10/20

大学トイレ格差

今期、単位互換でお邪魔しているる某大学は、10代の頃に受験した大学の中で合格発表が一番早かった。わざわざ発表を見に行ったのを覚えている。当時のこの大学の印象は、地味でキタナイ(^^;)ということだったけど、四半世紀を隔てて今、わたしが講義を受けている建物は瀟洒なレンガ造り(風?)で、芝生の上で足を伸ばし肘をついてくつろぐ学生の姿といい、なんだかもう同じ大学とは思えないほど様変わりしている。ただ、喫煙コーナーが多くて、キャンパスがけむいのはいただけない。

講義に使われている教室は、3人がけテーブルが横に7、8列並んでおり、非常に横長の部屋である。当然、ホワイトボードも超ワイド。あんなに長いのがあるなんて知らなかった。先生はパワーポイントを利用されるのだけど、スクリーンも2つあるから、どこからでも見やすい。
毎週、課題に対するコメントを大学のシステム上で登録し、授業の初めに、前回分の学生のコメントがいくつか紹介される。学部の授業だけど、紹介されるコメントはとても要領よくまとまっているし、しっかりと自分の意見も書かれており感心させられる。と同時に、一回くらい紹介されなきゃねーと思っていたら、本日、わたしのコメントがスクリーンに映し出された。で、いきなり「みれどさんは他の大学から受けにきてくれてるんですよねー。ちょっと聞いてみようかな」って。むむっ。どんな質問かと身構えたら「他の大学に来てみてどうですか?」
えっとー、設備がきれいでー、立派だしー、うれしいですー。
(なさけない~!幼稚園児か!)

でも先生は「そうなんですよねー。みなさんはココの大学しか知らないかもしれないけど、国立大学なんてホントにボロボロなんですよ。こんなに恵まれた環境にいるんだから、みなさんはがんばって勉強してくださいね」って、それが言いたかったみたいなので、幼稚園児のコメントでよかったのだと思う。本音は「私語多すぎ!」って言いたかったけど。

なお、先生によれば、トイレは全部ウォシュレットらしい! 実は今日、初めて講義教室と同じフロアのトイレに入ったんだけど、もうびっくり! 新装オープンしたデパートも負けそうなくらい広くてきれいなスペースだった。個室数も多いし、ライトブラウンで木目調のドアが美しいし、洗面台とは別にメイク用(?)のコーナーもある。お金のある大学のトイレはきれいだと、ある先生も言ってはったけど、ここまで格差は広がっていたのか。

| | コメント (4)
|

2009/10/18

モルディブ海中閣議

昨日TVで見てびっくりしたニュース。モルディブのナシード大統領と11人の大臣がモルディブの海に潜って会議を行い、世界に向けて温室効果ガスの削減を求めた。
ナシード大統領!やるなあ!
Nasheed

大統領護衛のために、もちろんリーフは事前にチェック済み。危険なサメがいないのはわかってたので、問題があるとしたらmoray eel(ウツボ)だとか。
会議で使用されたウエットスーツ等は、protectmaldives.comでオークションにかけられ、収益はサンゴ礁保護のために使われるという。このサイトの動画を見たら、英語の字幕が入っている。音声はきっとディビヒ語なんやね!

海面上昇でモルディブが海に沈んでしまわないように、できることがあれば協力したい。以前、観光客がさんごを人工的に植えるお手伝いをしているのをTVで見たことがある。浅いところでスノーケリングでも大丈夫そうだったので、できれば参加したいなぁ。
モルディブを訪れることが経済的に役に立つのであれば、ぜひまた行きたい。でも、『ジャマイカ 楽園の真実』を見ると、海外資本のリゾートに行っても、現地にほとんど利益はなさそうなので、旅行スタイルもよく考えなあかんね。

| | コメント (0)
|

かえよかなぁ、かえるのよそうかなぁ(docomo→iPhone)

全受信メール消滅事件の後も、ケータイは不穏な動きをみせている。待受画面に流れていたiチャネルのニューステロップは消えたまま。別になければないでいいんだけど、天気予報はけっこうあてにしていたし、先週みたいに、みちのく遠征が迫る中で台風の動きが気になる状況だとなおさら。iチャネルボタンを押してアクセスしても、文字情報は何も表示されない。
そのうち、送信メールフォルダが開かなくなった。と思ったら、また開いたりと挙動不審である。目覚まし時計代わりにも利用しているので、とにかく秋田から帰るまでは持ちこたえてほしいと祈りつつ帰り着いた伊丹空港で、ふと見ると着信記録が表示されている。ブルブルも着信音もなかったのに。相方によると、わたしのケータイにかけても全然反応しなかったらしい。それも数分後には元に戻ったんだけど。

このままでは不安なのでドコモショップに行って簡単な検査をしてもらったけど、特に問題はないとのこと。無料だと信じていたので、メーカーに修理を頼むつもりだったけど、3年を過ぎているので何もしなくても5250円かかるといわれて、そのまま帰ってきた。
相方はずっとiPhoneに乗り換えたいと言い続けてたので、いい機会かもしれない。ふたりで乗り換えたら、基本料金が10ヶ月分無料になるみたいだし。
ちょっと調べてみると、ドコモのファミ割が9月に自動更新された後なので、今解約すると、なんと違約金として9500円もとられるという。それは悔しすぎる。だからといって、さらに2年間待つのもねぇ。
わたしはあまりケータイにこだわりがないし、iPhoneのメリットもよくわかってない。でも、英辞郎が使えるというのは魅力かもしれない。スケジューラも便利そう。相方はtouchも持ってるし、最新のnanoも買ったばかりなのに。どうするつもりなんだろ。

| | コメント (7)
|

2009/10/16

人類学と民主主義

昨日はご近所キャンパスであった「超域人類学ワークショップ」に行ってみた。「21世紀の民主主義―人類学はいかに語りうるのか」というお題で、どんな話になるのか想像もつかなかった。二人の発表者が、それぞれのフィールド(インドとベトナム)での研究を基に、現代における民主主義をどうとらえるのかという話をされた。全然消化できてないけれど、民主主義っていろいろあるんだーと素朴に刺激を受けた。

科学技術と市場経済がすべてを決定して、今の時代を引っ張っているように思いがちだけれど、技術というのは我々がつくってゆくもの、つまり、どこに資金を投入するかという判断が駆動しているのだという指摘も、なるほどなぁと思った。特許業界などに身をおいていると、技術の進歩がすべてのような傾向に違和感を覚える。それは何のための、だれのための技術なのか。グローバリズムに関する講義で世界のさまざまな地域の実態を知るにつけ、先進国の論理、企業の論理だけで動いているだけではあかんやろと思う。

デリダ、スピヴァク、ネグリ&ハート、ギデンズ等々、参考文献には聞いたことある(けど読んでない…)名前がずらずら。人文系の基礎は共通なんだなあ。とにかく、もっともっと本を読まなくては。

| | コメント (2)
|

めんくいの3日間

みちのく報告がまだ終わってなかった。。。盛岡で最初に食べたのは、見るのも聞くのも初めての「じゃじゃ麺」。お皿に盛った温かいおうどんに肉みそ、きゅうり、ねぎ、しょうがをトッピングしたもの。最初に写真を撮るのを忘れてしまい、ぐちゃぐちゃに混ぜた後の写真はいかがなものか…と思ったので、結局、撮らずじまい。こちらのブログをご覧ください。お店はこっち

お腹もすいてたし、「中」がふつうかなと思ったのだけど甘かった。なかなかうどんの山が崩れない。おうどん大好きなので黙々と食べる。スパイスが効いてて、スープはないのに、なんだか身体が暖まってくる。おなかいっぱい。それでも、あとからタマゴ1個を割りいれ、おばさんにスープを注いでもらう。これがチータンタンというスープ。そば湯を飲むみたいなもんかな。

秋田1日目。稲庭うどんを食べようと入ったお店のメニューに「無限うどん」というのがあった(無限は店名)。店員さんに聞くと「塩だしでねぎとかが載ってる」とのこと。塩だし~? 珍しいので、それを頼んでみる。かしわがいっぱい入ってて、スープも鳥でとっているみたいなあっさり系。メニューにあった粕汁うどんって、好きな人にはうれしいメニューなんだろうな。わたしは粕汁苦手。にしんうどんってのは、京都みたいに甘く煮たニシンが入ってるのかな。

秋田2日目。早めのお昼は秋田駅上のレストラン街(選択肢が少ないけど)で稲庭うどん+天ぷら。帰るまでおなかが持つようにと、めったに食べることのない天ぷら付きなんて頼んでみたけど、やっぱりあぶらもんはこたえる。海老を1尾残す。あの味で1,500円は高すぎやで~!

というわけで、3日連続おうどんを食べ続けたみちのくの旅でした。そうそう、はたはたのタマゴのつぶつぶが梅仁丹くらい大きいのにはびっくりした。

| | コメント (6)
|

2009/10/14

秋田の道頓堀/空飛ぶバス

盛岡の朝。外は寒そうだからとぐずぐずしていたけど、外に出たら意外とお天気。もっと早起きすればよかった。100円の循環バス「でんでんむし号」に乗ってサケ探しへ。川面と空とを交互に見つめながら歩く。
Dscf0028 Dscf0032

秋田2日目。曇り時々雨模様。午前の部をパスして散歩。秋田の道頓堀発見!

Dscf0048

秋田大学前には路線バスの停留所と並んで、東京ゆき高速バスの停留所がある。利用者が多いから?
Dscf0052

秋田大学からホテルに帰る途中、蓮の池を発見。こんなにたくさんの蓮を見るのは初めて。 リムジンバスの時間が迫っていたので、めちゃくちゃ焦りながらも寄り道して写真を撮った。
Dscf0053

帰りの飛行機はネットで座席指定も済ませていた。12D。予約が遅かったわりに、えらい前の席がとれたわーと喜んでたけど、ボーディングの時点でタラップを歩いて上るという事態に衝撃を受ける。なんと座席は16番までしかない! 持ち込んだ手荷物は、頭上のスペースに入らない!
そもそも、Dが窓際ってとこで気づくべきでした。でも、予想したほど揺れなかったし、夕焼けと夜景を充分楽しんだ。そろそろ着陸態勢に入る時間だなーと思った直後、ガクンと激しい衝撃。びくっとしたけど、「ただいま、車輪を出しました」とアナウンスがあり、逆に、おー、車輪が出たのか、それはよかったーと安心できたのだった。

やはりアイベックスに乗って「空飛ぶバス!」と驚いておられた先生に教えてもらったのだけど、座席が空いていても、バランスの問題があるので、決められた範囲内でしか換われないらしい。あれで同じ運賃というのは納得でけへんわーと大阪のおばちゃんは思うのであった。

| | コメント (2)
|

2009/10/12

大阪におるみたいやで ほっと茶屋

盛岡でいちばん心に残った風景。岩手山の麓に広がる滝沢町放牧場。こんな風景を見るのはいつ以来だろう。どうしてなのかわからないけど、涙があふれてどうしようもなかった。なつかしい。うれしい。かなしい。しあわせ。いとしい。さみしい。なんだったんだろう。
Dscf0012

夜、盛岡を案内してくださった風屋さんのお友だち、よしだかずをさんのお店「ほっと茶屋」へ。ちょうど「はしご酒祭り」開催中で、枡を手にしたお客さんが途切れることなくやってくる。参加費3000円で渡された枡を持って5軒のお店をまわり、1杯ずつお酒を飲んで地図を兼ねた用紙にスタンプをもらい、ゴールしたら抽選会が待っているという企画。カウンターの端っこに陣取り、いろんなお客さん同士の会話やマスターよしださんとのやりとりを聞くのは楽しかった。たまに未知のコトバをしゃべってる人もいた。(^^;) 方言っていいねー。

自称似非関西弁を自在に操るマスターがかけてくれたのは憂歌団やSouth to Southのレコード! なんか大阪にいるみたい。関西フォークやブルーズがお好きなマスターのLIVE活動歴も半端じゃない。10/10~12は「中津川べりフォークジャンボリー」の実行委員長を務め、本日、最終日のトリを飾って今頃は打上の最中かな。今回は第10回スペシャル企画で加川良も登場とか。

「はしご酒祭り」の終了時間を過ぎるとお客さんも減って落ち着いてきたので、マスターがギターを取り出し、♪プカプカや♪お掃除おばちゃんを唄ってくれた。最後に聴かせてもらった西岡恭蔵の♪ピエロと少年は、唄いながら 泣いてしまうというマスターの言葉どおり心にしみる唄だった。
Dscf0024

| | コメント (3)
|

2009/10/11

初めて見た!林檎と鮭

金曜から2泊3日みちのくひとり旅に出かけてました。先輩の学会発表を聞きに秋田にゆく前に盛岡に寄り道。1日違いで台風を追いかけるかたちとなりました。
盛岡では、生まれて初めて見たものが2つ。ひとつめは木になっている林檎!
といっても果樹園ではなく、光原社という宮沢賢治ゆかりのお店の中庭で。光原社は、宮沢賢治の生前唯一の童話集『注文の多い料理店』を発刊した会社だそうです。ここの可否(コーヒー)館で、まったり、ほっこり。世界の雑貨をおいているお店もあったけど、入ったら出てこれなくなるので、今回は外から眺めるだけにしました。
Dscf0002

もうひとつは、盛岡市内を流れる中津川を遡上するサケ!
現地でお世話になった某氏がふともらした「サケがのぼってきてる」というコトバにびっくり! 昔、知床にあるサケ・マス孵化場でバイトをしていた友人がいて、サケといえば知床(ウトロ)を思い出すわたしには、盛岡みたいな街の川とサケの遡上が結びつかなくて。
ホテルで教えてもらった中の橋付近にはサケの姿はなく、毘沙門橋までゆくと3尾発見。そこで川を見下ろしていた地元のおばさん(ずっと盛岡に住んでるけど初めて見に来たと言ってはった)に上(かみ)の橋付近だともっといるらしいと教えてもらい逆戻り。

上の橋付近に近づくと水面がバシャバシャ揺れている。おー、いるわいるわ! すごくわかりにくい写真ですがクリックしてみてください。中央より少し右に、浅瀬でからだが水から出てしまっているのが見えるでしょうか。
Dscf0034_2

写真を撮った位置から見える範囲で30尾くらいいました。 橋から見下ろすとこんなかんじ。どこから泳いできたんやろね。おつかれさま。
Dscf0041_2 

| | コメント (2)
|

2009/10/07

メンコン、ドボシチ、ベトハチ、いぬおま

ホントに日本人は4モーラ(拍)がお好き!
ちょっと古いけど「どれみふぁワンダーランド」で個人的に大ウケしたネタをご紹介。

宮川彬良さんはバイオリニストの奥さんから「今日はメンコンのオケ合わせだから…」と言われてショックを受けたそう。クラシック界にそんな略語があるなんて。
でも、メンデルスゾーンのコンチェルト...って長くて言いにくいから略したくもなるだろう。ドヴォルザークの交響曲第7番はドボシチ、8番はドボハチ。ベートーベンだとベトシチ、ベトハチ。ここで注意! 関西ではベーシチ、ベーハチなのだとか。そして、有名な第9(ダイク)は東西共通なのだけど、名古屋では? もう、オチはおわかりですね。

という話をしたら、彬良さんのお知合いが童謡も同じように略語があると教えてくださったとか。それが、いぬおま(犬のおまわりさん)、ちいあき(ちいさい秋みつけた)、もりくま(森のくまさん)。
わたしが馴染みのあるのはロック関係。スモコン、キルキン、ホワマイ(これはたぶん局地的)など。こういうのは全国共通だと思ってたけど、京都の某セッションに行ったとき「Smoke on the Waterのこと、そんなふうに言うんだ~!」と言われた。niftyの某フォーラム限定だったのか。。
ブルブラなんて略されるグループ名もあるし、先日行ったコンサートのチケットを買うとドゥーブラって書いてあった。女性下着の新製品かと誤解するやんね。

彬良さんご本人のエッセイも発見!
 ↓ 
ケッコン・メンコン・ヘンデルコン?

| | コメント (3)
|

2009/10/04

ギター/スライド小僧のみなさん♪

以前ココでも紹介したわたしのお気に入りScott AinslieはRobert Johnson研究家でもあるのですが、先日、メーリングリストで、Robert Johnsonスタイルのビデオレッスンが Acoustic Guitar Magazineのサイトで紹介されてるよと連絡がありました。

Robert Johnson-Style Blues Lesson

スコア+TAB譜の下にビデオマークがあって、Scottのプレイを見ることができます。ナショナルギター弾いてます。興味のある方はぜひご覧ください! コメントがあったら聞かせて。。とのことです。
中学の音楽の授業で習っただけで、ギターが全然弾けないわたしにはさっぱりわからないのですが、ピアノのシャッフルをギターに応用したという話はへぇ~っ!と思いました。あと小節に対する英語はbarしか知らなかったけど、measureも使うのですね。

| | コメント (2)
|

2009/10/03

遠くからおめでとう!

ボスからうれしい知らせを聞いた。以前の勤務先でがんばっていた技術担当者さんが弁理士試験に合格されたのだ。仕事もできて、きっちりした人なのに、なぜか試験とは相性がわるいみたいでホントに不思議だった。まわりからの信頼も厚く、秘書一同もずーっと応援していた。わたしも弁理士試験の季節になると、毎年、朗報を心待ちにしていたので、ホントにうれしい! あと口述試験が残ってるけど、○○さんなら絶対に大丈夫!とボスも太鼓判を押している。
その人はボスのグループのメンバーだった。電話をかけて知らせてくれたのは、同じグループにいたその人の後輩(試験は先に合格した)。いいグループでしたよね。。。ってボスと話してたら涙が出てきた。ほんとにおめでとうございます!

かれの長年の努力を思ったら、わたしなんてまだまだこれからやねー。エンデバー打上延期(^^;)でつまづいたけど、新しい学期が始まったことだし、心機一転がんばろう。
昨夜はエンデバーのリカバリをしながら、届いたばかりのWii Fit Plusで気分転換。リズムカンフーが楽しい~!ハッ!

| | コメント (2)
|

2009/10/01

よそ者/エンデバー不調

わたしの後期はまだ9月の今週火曜日から始まった。在籍している大学は10月からなのだけど、今期は府下の大学間の単位互換制度を利用して近所の某大学の講義を受けることにしたから。私大は9月下旬スタートが多いようだ。授業の前に教務センターに学生証用の写真を提出した。そのとき、念のため、プリントアウトしたシラバスを見せて、教室の変更がないか確認したら、(なにも調べもせずに)変わってないとの返事。

教室で授業が始まるのを待っていたら、突然「編入生の方ですか?」と声をかけられた。よそ者なんです~などと話していると「哲学のほかに何か受けられますか?」というので、その教室は哲学の授業で、わたしが受ける科目じゃないことがわかった。だから、わざわざ確認したのにぃ。。教務センターはかなり離れた建物なので往復していると遅刻してしまう。困ったなあと思いつつエレベータに乗ると、同じように教室変更があってあわてている二人の学生がいた。「食堂の前に貼ってあるかも…」という会話が聞こえたので、彼女たちについていったら、やっぱりそこに教室変更が貼り出されていた。

哲学の教室で声をかけてくれた人は「せっかくお話できると思ったのに残念」と言ってくれたので、「でも、ここに来たら会えますよね」と言って別れた。編入とか社会人はマイノリティなので、仲間を見つけるとうれしいものだ。来週、あの教室に行ってみようと思う。

締切のある課題を仕上げなければと焦っているのに、エンデバーにトラブル発生。最初は印刷できないだけだったのが、ネットで調べて対応しているうちに症状が悪化。プリンタの追加ができなくなり、エラー1068。。そして、タスクバーが消えてしまった。セーフモードでもダメ。窓マークのキーもきかない。「復元」もできない。昨夜はあれこれしているうちに胃が痛くなってきた。こんなことしてる場合じゃないのよ~。
今日サポートセンターに電話したけど、Windowsの再インストールをするしかないってことになった。その前にバックアップとりたいんだけど、それもできない。ファイルのコピーができないと言うと、おねーさんに「ショートカットを選択してるんじゃないですか?」と言われた。あら~、そうみたい~(^^;) なんてコトで済めばどんなにいいか。
サポートセンターは22時までだけど、それまでにリカバリが終わりそうにないってことで作業は明日に持ち越し。エンデバーの運命はいかに。

| | コメント (9)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »