« ♪One Love [Playing for Change] | トップページ | ローンご返済のお願い »

2009/08/13

あれはもうすぐ修道院だってよ

地震が続いている。おとといは地震で目が覚めた。早朝の地震は記憶を揺らし呼び起こす。テーブルの下にもぐる自分の姿がフラッシュバックする。あのときはすぐに電話で安否を確かめてくれる両親がいた。
お盆の花を実家に送った。夜はだれもいなくなる家でも魂は返ってくるだろうか。

翻訳論のレポートはなかなか厄介。原文と訳文とをつき合わせて、heを「そいつ」とか「やつ」と訳してまーすとか、sheが「あれ」になってまーす、とかいちいちメモ(入力)してゆく。根気のいる作業だ。昔の恋人について「彼女はいまNYに住んでるらしいんだ」ではなく、「あれはいまNYにいるんだってよ」と訳すのはなぜなのか。結局、翻訳者の解釈が反映されるってことなんだろうなあ。S先生の言われる「透明な翻訳者」というのは難しそうだ。
たまに、ずいぶん飛躍しているなあと思うところもある。"he don't know what to say"を「やつは目を白黒させてるぜ」と訳すのは、うまい表現だと評価すべきなのだろうか。また、原文とは関係なく、ヘンな日本語だなぁと思っても、母語についてなぜヘンなのかを説明するのは難しい。母語のことは直感で判断してしまうから。日本語について勉強していないと、説得力あるレポートを書くのは無理だよね。

購入者のレビューがとてもよかったので、スパークリング・ワイン10本1万円!というのを買ってみた。きりりと冷やしたスパークリング・ワインを楽しめるのも夏休みならでは。今夜は、スペイン産のスパークリング・ワイン。やや辛。
そんなもの飲んでる場合じゃない…という気もするんだけど、わたしはまだ修道女になってないので(*)もうちょっとの間、シャバの暮らしを楽しんでいたい。どうせわたしは、まっとうな修道女にはなれない。トラップ家の家庭教師になって、カーテンを引きちぎって服を縫ったり、ドレミの歌を歌って走り回るジュリー・アンドリュースや、かくまってもらった教会でコーラス隊を作りノリノリの歌を披露するウーピー・ゴールドバーグや、修道女もいろいろだしね。

(*)シュウロンに取組んでいる雪見さんのお友だちは指導教官に「修道院に入ったつもりでがんばれ」と言われたそう。

|
|

« ♪One Love [Playing for Change] | トップページ | ローンご返済のお願い »

Diary」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

学生の時、今でもそうですが日本語を知らない自分にいつもイラついてました。
あまりに意訳すると教授に注意されてましたねー。

投稿: JG | 2009/08/14 06:33

♪JGさん
そーなんですよねー。日本語だってしっかりインプットしておかないと、適切な言葉が出てこなくて情けなくなります。
意訳しすぎると、ほんまにわかってるのか?って疑われそうなんでcoldsweats01 試験のときは多少ぎこちなくても、原文がみえる程度のほうがいいのかなーとか考えてました。

投稿: miredo | 2009/08/15 01:48

ウチの長男は来春から修道院に入るつもりみたいです。
この修道院・・・金がかかるんだよなー(^^;
おまけに
「4年間アメフトやってて深い研究できなかったから」って
何だ、それ(-"-;

投稿: 風屋 | 2009/08/18 11:44

♪風屋さん
おおーっ、長男クンも仲間入りですか!そういえば夏試験(院試)の季節ですねー。若い才能には未来があるから「投資」のし甲斐もあるでしょう! わたしなんか回収できるわけないのに、自分にこんなにお金を使うとはいかがなものか。。。と最近思っております。(^^;)

>>「4年間アメフトやってて深い研究できなかったから」って

めっちゃ正直~。でも、ひたむきに何かに取り組んだって言えることはすばらしいし、とても羨ましいです。そして、それだけじゃ物足りなくて、しっかり研究もしたいっていう気持ちもわかるなぁ。でも、しんどいですよーcoldsweats01 今となっては、なんで卒論なんかであんなに大騒ぎしたんやろねって友人と話してます。

投稿: miredo | 2009/08/18 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ♪One Love [Playing for Change] | トップページ | ローンご返済のお願い »