« 泳ぐことについて語るときに | トップページ | Once どこかの街角で »

2009/03/09

春なのに。春だから。

たまには散歩でもしようと昨日は以前の住まいの近くにある公園に行った。牛ヶ首池という珍しい名前の池は、ボートも釣りもできなくなって寂しげだ。わたしは幼稚園の頃からこの公園に遊びに来ていたが、当時は子どもたちのはしゃぐ声とアヒルの声が競い合ってにぎやかだった。
父と弟と一緒にボートに乗った。母と弟と一緒にアヒルにパンをやりに来た。こどもの日のカーニバルでポニーに乗った。夏の花火大会、冬のとんど焼き。。。昔歩いた道をたどっていると、家族で過ごした日々の想い出が次々と浮かんでくる。

Dscf0006_2
これがいつも歩いていたメインの道。写真を撮ろうと、道の真ん中に立ち、あらためていいところだなぁと思った。でも、毎日毎日歩いているときには気づいてなかったんだよね。存在しているのが当たり前のように思っていたのだ。それは両親への想いと一緒だなぁ。公園には、こうしてまた来ることができる。でも、もう会えない人への想いはどうしたらいいんだろ。
父の命日がまた近づいてきた。母の好きだったチューリップがあふれた街はつらい。
Dscf0005_2

|
|

« 泳ぐことについて語るときに | トップページ | Once どこかの街角で »

Diary」カテゴリの記事

コメント

>でも、もう会えない人への想いはどうしたらいいんだろ。

わたしも日々闘いつつ、なんとか折り合いつけています。
でも、母が生きていたときよりも、より身近に母を感じるようになってきたのも不思議!?
常に母に守られているという意識が強くなり、物事があまり怖くなくなった。ぜーったい母が守ってくれるという確信!?そして大抵そのとおりになるconfident

投稿: ターミン | 2009/03/10 16:29

住んでいる時には気づかないのに
一旦離れてからまた訪れて初めて良さを知る・・・
私は高校卒業まで田舎町が嫌いで嫌いで、
どうしても都会に出たくて仕方ありませんでした。
離れて初めて岩手の、花巻の良さを知りました。
今ではどっぷり浸かって居心地の良さを満喫してます(笑)
育った町も変貌を遂げ、昔日の面影はありませんが
よく遊んだ公園やスキーをした崖(!)などは
やはり子どもの頃を思い出させてくれます。
死んだオヤジに「メシだぞー」と呼ばれたなぁとか。

写真いいですね。
やっぱ千里っていいとこだワ。
今秋関西旅行を企画中です。
何とか母ちゃん説き伏せて民博行きます。
千里周辺をぶらぶらしたいけど、時間取れるかなー(^^;

投稿: 風屋 | 2009/03/10 16:49

♪ターミンさん
コメントありがとうございます!
いい歳してめそめそした書き込みはやめよう、一部削除しよう、と思って帰ってきたのですが、おふたりにコメントをいただいたので、やっぱりそのまま残すことにしました。(^^;)
ホント「なんとか折り合いをつける」ってかんじですよね。わたしはまだ身近に感じるっていうのがわからないです~。(+_+) わたしの大きな変化は、死んだら会える!って思うようになったことかな。(^^;)

投稿: miredo | 2009/03/11 12:05

♪風屋さん
この公園も木が大きく成長した反面、土が流れて削れてしまった小さなハゲ山があり、かつての「基地」も丸見え状態です。今見るとちっぽけな「基地」も、当時は秘密のベールに包まれた場所だったんですよね。
みんぱくでゆっくり過ごせるといいですね~。好きな人には、何時間、いえ何日あっても足りないくらいなので。救出された伝説のカーネルおじさんにも会えるかもしれませんねscissors

投稿: miredo | 2009/03/11 12:07

千里にお住まいなんですかぁsign01
昔、ん十年前、千里中央駅までの通勤定期(6ヶ月)持っていました。懐かしい!(遠い目)

>死んだら会える!って
死んで帰ってきた人はいないから、わからないじゃーんbleah
それよりも、生きている今、力になってもらったほうがいいよーheart01
わたしはラッキー!ってことがあると、いつも「お母さんでしょ!?」って思うんだclover

投稿: ターミン | 2009/03/11 17:57

♪ターミンさん
大阪に住んではったんですか~sign02 まさか新幹線で新大阪経由の通勤じゃないですよねbleah
ハゲましのコメントいつもありがとうございます!しっかりしなきゃですね。ときどき読み返す文章があるんですが、ターミンさんもよかったらぜひ!
http://www.asahi-net.or.jp/~yi9h-uryu/2-kotoba/negai-2-3.htm

投稿: miredo | 2009/03/12 08:54

>ときどき読み返す文章があるんですが

みんな同じ思いなんですね。とてもしみますweep
プリントアウトしました。いつか娘にも渡しておきます。

大阪の西田辺(御堂筋線?)近くに住んでいました。長居公園には時々散歩に行きましたshoe
うちのハイ・タイムやねん。いろえろありましたわbleah

投稿: ターミン | 2009/03/13 13:48

♪ターミンさん
母をなくしたときに初めて、祖母が亡くなったときの母の想いに気づきました。わたしにとっては祖母だけど、母にとっては「母」なんだという当たり前のことに気づいてなかったんですね。。ホントに同じ思いが繰り返されているんだなあと思います。

>>うちのハイ・タイムやねん。いろえろありましたわbleah

いろえろですか…sign02 ハイタイムよ、もう一度!heart01

投稿: miredo | 2009/03/14 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泳ぐことについて語るときに | トップページ | Once どこかの街角で »