« 親知らず自慢 | トップページ | オニが笑った »

2008/10/10

弦がほどけたら

みれちゃん!みれちゃん!ダイジョウブ?
と頬をピシャピシャ叩かれて、ハッと意識が戻る。まるでドラマの1シーン。
水平埋没親知らずが原因と予想される激痛は治まったけど、夜は時々激しくうなされている模様。そういえば恐ろしい夢を見たことを思い出した。必死で「たーすーけーてー!」って叫んだのだ。

やっぱりストレスかしらね。今週、後期の第1打席(発表)に立った。あいかわらず空振り。せめてかすってほしいなあ。授業の後、ドクターの先輩おふたりの発表リハーサルを拝聴。諸事情で明日からの九州遠征をやめたので、リハーサルだけでも聞けてよかった。といっても、内容は難しくてよくわからなかったんだけど(^^;)。

最近読んでた本に、ベーシストの "This string started to unravel."という台詞があった。弦が切れるとか緩むというのはよく耳にするけど、ほどける(unravel)ってあんまり聞いたことがない。糸の撚りがほどけるように、弦がほどけることを言うのかな。弦が緩んだときはペグを巻けばいいけど、ほどけたら弦を交換するしかないのかな。「緩む」はloosenを使うのかな。。。と本筋とは関係ないところで足踏み。

こういうとき、NY在住のベーシスト氏に質問できたらいいんだけど、現在消息不明?でファンレターも返ってきてしまう。もし、これを読まれたら、空コメントでも空メールでもいいのでご連絡くださいませ♪ m(_ _)m

この作品には、悪魔に魂を売って大金持ちになった男の逸話も挿入されてたけど、それはブルーズマンではなかった。こういう話には、いろんなバージョンがあるんやろね。

|
|

« 親知らず自慢 | トップページ | オニが笑った »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

コメント

ガット弦の場合、羊の腸がよりあわされているので、それが緩むことは考えられますし、端をいわゆる団子結び状にしてテールピースに止めているものもあるので、それがほどけることもあり得ると思います。

またスチール弦の場合、芯線に巻かれた糸状、あるいはテープ状のものがほどけることは、僕も実際に経験があります。

しかし、ベース弾きでない限り、これらが起こるという事を想像できるとは思えません。なので、やはり糸巻きが壊れて、ペグに巻かれた弦が緩んでしまった状態を「unravel」と言ったと考えるのが、妥当だと思います。

弦を緩めるのは「loosen」で締めるのは「wind up」がだいたい使われます。

投稿: yas | 2008/10/16 14:22

♪yasさん
コメントありがとうございます!
お呼びだてして申し訳ありませんでした。m(_ _)m
「団子結び」ってのがいいですねー。久々に聞いた(読んだ)気がします。
関係ないですが、今日の検索フレーズランキングにも「いなたい」が入っています。あいかわらず、いなたいって何?と思う人が多いみたいで、yasさんからの情報がじわじわ日本中に広がっていますね~。

投稿: miredo | 2008/10/17 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親知らず自慢 | トップページ | オニが笑った »