« ゥヴォカソネネネゥヴォカソネネネ (@_@)??? | トップページ | 親知らず自慢 »

2008/09/27

You say スタイジ, I say ステージ

オーストラリア人のJ先生と話しているとき、わたしが either[イーザ]と言うと、すかさず[アイザ]と発音して、にたにた笑われたことがある。
OK!todayはトゥダイで、paper はパイパーなんだよねっ。

J先生は突然、♪you say ポテイート, I say ポタートと歌い出した。
♪you say トメイート, I say トマート...

そういえば学部の英語の先生(ニュージーランダー)もオーストラリア人の奥さん相手に歌ってはったなー。
きっとかわいい子どものジョーク・ソング(?)だろうと思ってたら、最近ちらっと見た映画のバックで流れてた。スタンダードなジャズみたいだったので調べてみたら、ガーシュインのLet's Call The Whole Thing Offという曲だった。

いつか大学の英語のS先生にも歌ってあげたい。
♪you say ナイム, I say ネイム...
ふとS先生を思い出したのは、みんぱくサイトで研究部の客員教員として名前を連ねておられるのを見つけたから。びっくり。

歌詞とYouTubeの動画3種類がコチラに紹介されていた。
なんてありがたいサイトなんでしょ!
ついでにディランの♪All Along the Watchtowerというのがあったのでクリックしたら、ディランだけじゃなくて、ジミヘン、そしてクラプトン&レニー・クラヴィッツの演奏もあった。レニクラの唄よりECのギターのほうがずっと歌ってる。やっぱりいいねー。

うぅ。そろそろ平常営業に戻らないといけないのに、またまた寄り道・長居してしまったわー。とうとう明日は夏休み最後の日曜。
Have a グッダイ!

|
|

« ゥヴォカソネネネゥヴォカソネネネ (@_@)??? | トップページ | 親知らず自慢 »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

タイトルを見て、反射的にビートルズの"Hello Goodbye"のメロディーが頭の中に流れてました。

こういう曲が実際にあるんですね。

ゴダイ、マイト!

投稿: 司 | 2008/09/27 20:33

ecもtodayはトゥダイだよね。コックニー?
I go to hospital to die.bleah

正確には?その違いはどういう区分なのかな?

投稿: ターミン | 2008/09/28 15:16

♪司さん
あ、そういう曲もありましたね!
イエスといったら、ノーという。。。あまのじゃくの歌(^^;)。

世界中を飛び回る司さんなら、ポテイトとポタートの歌で、いろんなバージョンが作れそう!


♪ターミンさん
ECって歌ってるときと素で話してるときで違いますよねー。stageがスタイジ、Laylaがライラだったり。reptileも地域的なものみたいだし。
ECの英語をじっくり聞いて分析したら論文書けるかも!

投稿: miredo | 2008/09/28 20:20

久しぶりです。

私も昔オーストラリア人と話した時に、オーストレイリアと米語発音したら、何度もオーストラリアと訂正された覚えがあります。

ところで、だいぶ前にデヴィッド・サンボーンがホストしている番組のヴィデオがあるって、言ってのを覚えてますか。最近ずーーーと、ヴィデオをDVDに変換コピーをしています。その中に例の番組が久しぶりに見つかりました。
その中でもJOOLS HOLANDがSUNDAY(サンダイ)NIGHTとよく言ってます。このヴィデオのDVDが出来れば、約束よりかなり遅くなりましたけど、お渡しします。JOE COCKERやBLUES SINGER,BETTY CARTERやPHEBIE SNOW,TAKE6、
若きB,MARSALISやらと、レギュラーがサンボーン、オマー・ハキム、マーカス・ミラー等が、手抜きなしのセッションをしているのでコピーしながらテレビにくぎ付けです。

では又・・・

PS.割と最近 例のS.トリオ+2でライブがありましたよ。H翁にもCDR送りました。H翁は元気にされてるようです。

投稿: 通りすがりの還暦ロッカー | 2008/10/14 00:41

♪通りすがりの還暦ロッカーさん
コメントどうもありがとーございます!
わたしも数回分は観たことがあるのですが、ホントにかぶりつき状態になりますよね。楽しみに待ってます~♪
ジャズのLIVEもまた行きたいですが、行けるのは当分先かな。。。

投稿: miredo | 2008/10/14 22:11

今夜ショックな事を発見!例のサンボーンの番組1988年頃のヴィデオのDVD化最後の分を見ていたら、凄いギタリストを発見。ミレドは知ってると思うけど盲目のブルースギタリストJEFF HEALEY、DR,ジョン、オマー・ハキム、マーカス・ミラーと言う凄い凄いメンバーでのセッションの感動!!!!NETで早速検索して、愕然・・・・・!今年の3月にガンで亡くなってたんですね!
ミュージシャンでこんな風なショックを受けたのは久しぶりです。

凄腕発見、即、死亡記事はないでぇ・・・!

と言うことで、今夜はショックのまま寝れるかいな!!!!

投稿: 折り帰した通りすがりのロッカー | 2008/10/15 00:01

♪折り帰した通りすがりのロッカーさん
Jeff Healeyの回は私も観たことありますよ!衝撃でした。
ホントに残念ですね。まだ若いのに。。。
眠れぬ夜はYouTubeの映像をみて過ごしてください♪

投稿: miredo | 2008/10/15 00:53

「Let's~」はエラとサッチモの掛け合いが最高です。バックの演奏も素晴らしく、とても幸せな気分になれる名盤なので、お奨めします。

投稿: yas | 2008/10/16 14:04

♪yasさーん、おひさしぶりです~!
昨年のコメントでは"YAS"だったのに、少し縮んだみたいですね(^^;)。微妙に変わってるアドレス宛に後で賞味期限切れのメールを送りますねー。
追記:やっぱりまた返ってきてしまいました…拒否されてる(+_+)

こんどReading performanceっていうので、男性3人の声をどうやって区別したらいいんだろと考えてたのですが、サッチモみたいな声にトライしたらいいかもしれませんね。
幸せな気分になれる名盤、ぜひ聴いてみたいです♪

投稿: miredo | 2008/10/17 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゥヴォカソネネネゥヴォカソネネネ (@_@)??? | トップページ | 親知らず自慢 »