« これこそ美豚 | トップページ | ナイショにしたい »

2008/09/07

迷路 in 京都

昨日は秋の遠足。というには、まだまだ暑さが厳しい京都へ。ま、暑いほうが「夏休み中」って気分になれるというもの。
お目当ては東山にある細見美術館で開催されている「インドネシア更紗のすべて」展。案内してくれた大学の友人に「迷路」みたいだと言われてたので、どんなところだろうと楽しみにしてたけど、期待を裏切らないおもしろさだった。
えっ、ココから出るの?
えっ、ココを降りるの?
わっ、開いた!(←自動ドア)
ってかんじで「」が示すとおり進んでると、いったい自分がどういう位置にいるんだかわからなくなる。空間認識能力のないわたしだけかもしれないけど(^^;)。その構造がわかる写真が見つからなくて残念。こちらで少しだけでも雰囲気を。

サイトの案内には200点展示と書いてあったので、けっこうな展示数だと思ってたけど、実際に見ると、もう終り?というのが正直な感想。「迷路」が終わるのが悲しかったせいもあるけど。以前、みんぱくで見た更紗展はどのくらいだったのかなーと調べたら、なんと1700点…やっぱり規模が違った。でも、美術館そのものを体験するだけでも充分楽しいし、また行こうという気にさせる空間だった。

その後、府立図書館を経て近代美術館にゆくと、なんと「本日無料観覧日」の看板!おかげでユージン・スミス展をタダで見ることができた。ピッツバーグの光る線路の写真が印象的。なんでピッツバーグなのか気になる。

9月13日からの「アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」のプレチラシにはモリスの「いちご泥棒」のデザインが印刷されていた。Momのお気に入りだったスカーフの柄。ずっと、たんすの奥深くしまってある。そろそろ、引っ張り出そうかな。
そのチラシに書いてあったモリスの一言が胸にグサリ。

役に立たないもの、
美しいと思わないものを、
家に置いてはならない。

|
|

« これこそ美豚 | トップページ | ナイショにしたい »

Diary」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

最後の3行はまさか人間の話じゃないですよねー(汗)
私んとこは自分自身が危ういですがわはは;

投稿: breakup@リバウンド | 2008/09/08 00:10

♪breakup@お仲間さん
そーなんですよ。わたしも思わず「ごめんなさい。出てゆきます」って言うべきかと焦りました。やっぱり身に覚えがあると素直に読めないんですねー。(^^;)

投稿: miredo | 2008/09/08 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これこそ美豚 | トップページ | ナイショにしたい »