« D中 | トップページ | 伝えたい »

2008/08/03

あなたもマドラー[さらに追記]

自分では意識してなかったけど、わたしが新聞折込チラシの中で積極的に目を通すのは、マンションや家の広告。(そして変身もの(^^;))ということに、風屋さんのブログを読んで気づかされた。その風屋さんちの紹介を読んで、これはおもしろそう!とさっそく買ってきた本がコレ。

名作マンガの間取り

いろんなマンガに出てくる家の間取りを、限られた情報から描けるのはお仕事柄なのだろうけど、しっかり、丁寧に読み込まないとできないことだと思う。マンガだけでなく小説や歌詞も読み込んで間取りを描いておられる。こういう視点もありなんだ~。きっと、読者からたくさんリクエストが舞い込むことだろう。
新海誠の「秒速5センチメートル」を授業で見たときも、主人公の男の子の部屋の間取りが気になった。たぶん社宅の団地と思われるのだけど、この間取りで、ここに障子??とか。他の学生も、授業のコメントシートにあれこれ書いていたみたい。みんなマドラー予備軍やね。

今は昔、自分の部屋の間取りをすてきなイラストにして、おはなしまで添えて送ってくれた人がいた。かれも、きっとマドラーだったんだ。今頃どこかで、同じ本を手にとってるかな。

<追記1>
司さんからコメントいただくまで忘れてましたが、こんな本も持ってました。やっぱり昔からマドラーの片りんがあったみたい。

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)

<追記2>
風屋さんからコメントいただいたので、著者の影山さんのブログもご紹介します。みんなでリクエストしましょー?(^^;) 
⇒ いわて春風組

|
|

« D中 | トップページ | 伝えたい »

Diary」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

投稿: 司 | 2008/08/03 16:54

♪司さん
あ~、持ってます~! すっかり忘れてました~。トイレのもありましたよね。そっちは買ってなかったと思うのですが。

投稿: miredo | 2008/08/03 17:26

子供の頃、架空の家の間取りを描くのが大好きでした。でも自分が描くとやたらと廊下が多くなってしまうんです。現実の家は廊下が少なくてうまく作ってあるなぁと感心しました。
あと、架空の島の地図もよく描いてました。これも広義のマドラー?

投稿: 雪見 | 2008/08/03 21:14

♪雪見さん
わたしは眺めるだけですが、雪見さんは描いておられたんですね~。
架空の島は無人島ですか? コウモリがぶら下がっている洞窟に宝が隠されている…みたいなのを想像してしまいます。
雪見さんはマドラー兼マッパーですね!
そういえば地図を眺めるのも好きで、縮尺2万5千分の1の地図をよく買ってました。地図のほとんどが水色の海だけってことも。

投稿: miredo | 2008/08/03 22:44

ドラマーかと思いました。(笑)

投稿: jg | 2008/08/04 09:12

宣伝ありがとうございます(^_^)
著者に代わって御礼申し上げます。

影山さんがこんなことを始めたのは本を書くためではなく
趣味と実益を兼ねたブログ上でのお遊びでした。
それがたまたま出版社の目にとまり・・・
ということで、ブログ上ではまだまだ続くと思われます。
リクエストはこちら↓からどうぞ(笑)
http://blue.ap.teacup.com/harukaze1054/

投稿: 風屋 | 2008/08/04 09:13

♪jgさん
わたしも書きながら思ってました!(^^;)
ズ~ジャな世界ですね~。

投稿: miredo | 2008/08/04 18:36

♪風屋さん
ご丁寧にありがとうございます!
趣味とお仕事がこんなふうに交わる部分があるってうらやましいですね~。ブログにもお邪魔しようと思います。

投稿: miredo | 2008/08/04 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D中 | トップページ | 伝えたい »