« あなたもマドラー[さらに追記] | トップページ | 大ボケ~ »

2008/08/06

伝えたい

8月6日。朝、地震。
一瞬の揺れだったが、阪神大震災のことが頭をよぎる。

朝のニュースで広島平和公園からの中継を見る。
今日は集中講義(現代ジャーナリズム)の一環で「フィールド」へ。

JR福知山線の脱線事故現場。
深々とお辞儀をして顔を上げない警備員さん。
献花台を訪れる人々は絶えない。

朝日新聞阪神支局。襲撃事件の資料室。
記者が撃たれたときに座っていたソファ。
亡くなった小尻記者のレントゲン写真。体内で炸裂した無数の散弾が写っている。

尼崎消防署。脱線事故時の対応について聞く。
救助か原因究明か。警察とのせめぎ合い。
事故発生直後からメディアのヘリコプターが上空を飛び回り、その騒音は現場での救出作業、救命措置に支障をきたすほどだったという。
どこから借りてきたのかクレーンに乗って撮影する記者たち。

伝えるべきことはなにか?
それを伝える方法は?

語り継ぐべきことはなにか?
語り継ぐ方法は?

現場で感じた事故の重みを引きずりながら、暑い中を(雷鳴とどろく中も)歩いた1日。
ひどく疲れた。

|
|

« あなたもマドラー[さらに追記] | トップページ | 大ボケ~ »

Diary」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたもマドラー[さらに追記] | トップページ | 大ボケ~ »