« ただいま | トップページ | 投げ出したい! »

2008/07/01

茶毒蛾と北斗九星

先週末、大学の帰り道にぼんやりと脇腹のへんが痒かった。大学のキャンパスってけっこう蚊がいるので、またやられたかー、でも、蚊が脇腹に忍び込むのはヘンだなぁと思ってた。
帰宅して数時間後、痒みがひどくなってきたときに、どうなってんの?と見てみたら、最初に見たときよりも赤みが増したぼつぼつが「ひしゃく」のように並んでいた。星の数を数えたら大き目のが9つ。なんか腫れ具合が蚊とはちゃうよー。

犯人はだれだ!と考えて思い出したのが、大学の掲示板にあった茶毒蛾大量発生!のおしらせ。本丸キャンパスで茶毒蛾の幼虫が大量発生してるので注意するようにと書いてあったけど、関係ないだろうとろくに読んでなかった。
あらためて掲示板にアクセスしてみると、なんとその幼虫の毒針はとても細くて繊維の隙間から中に入り込むし、風に乗って飛んでゆくらしい。ひゃぁ~、これが犯人かも。。。ちょうど痒くなったのは、週に1回の本丸キャンパスでの授業に出た日だし、相当因果関係ありとみた。

その後、ネットで検索してみると、以下のような記載があった:

毒針が刺さっているまま、その部分の皮膚を引っ掻くと、毒針が皮膚の奥に深く刺さってしまいます。そうなると、4週間くらい皮膚炎に悩まされるようなこともありますので、絶対にそのようなことのないようにご注意下さい。

→手遅れやん。

万が一刺されたなと思ったら、すぐにガムテープを刺された部分の皮膚にべったりと貼り付けて、思い切りベリッと剥いでください。毒針をガムテープで抜こうという試みです。ガムテープの処置をしてよいかどうか判断に迷う場合はすぐに皮膚科医に相談することをお勧めします。

→痛そうっ!

毎年、茶毒蛾の幼虫による被害が日本のあちこちで見られるらしく、ツバキ・サザンカに多く棲みついているとのことなので、みなさまお気をつけください。
ひどい皮膚炎になった人の写真もあったけど、リンクはやめておきます。それらの写真に比べたら、わたしの北斗九星なんてまだかわいいもんだわ。まわりにちょっと星雲が見える気がするけど、これが天の川になったら病院に行くことにしよう。

|
|

« ただいま | トップページ | 投げ出したい! »

Diary」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ただいま | トップページ | 投げ出したい! »