« ギタリストじゃないけど | トップページ | トランプする聴衆 »

2008/07/26

1曲目は唸り声

昨日は博士論文の中間発表を聞きに行った。すごい…というより、難しくてわからない…というのが正直な感想(+_+)。読んでない作品がほとんどなのでなおさら。
わたしは授業があったため途中で本丸キャンパスへ移動。そして夕方から打上で合流。春に新歓がなかったので、これが「入院」後、初の飲み会。って、ちょっとさみしい気がするけど、普段は飲みにゆく余裕ないもんねー。
既卒の方も何人か来られて、けっこうな人数が集まってた。けど、打上とは名ばかりで、来週もまだ授業があるのだ。しかもプレゼンがぁ。。。

行きがかり上、ポストモダンの音楽(ジャズ)について勉強する必要が出てきた。困った。。。とりあえず菊地成孔の「東京大学のアルバート・アイラー 東大ジャズ講義録・歴史編」を借りてきた。大学図書館にあるところがエライ。
音源が手元にあれば、講義と同じように聴こうと思って読み始めた。さて、1曲目はなんでしょう?
Blind Willie Johnson の♪Dark Was The Night, Cold Was The Ground。。。ひたすら「あ~~、ん~~、あ~~」
しぶい。しぶ過ぎ。ポストモダンまでの道は長そうだ。

|
|

« ギタリストじゃないけど | トップページ | トランプする聴衆 »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギタリストじゃないけど | トップページ | トランプする聴衆 »