« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/29

点をつなぐ

今週の自動車文庫では、もう何も借りないつもりだったけど、ふと大江健三郎の「読む人間(読書講義)」が目にとまり、手にとってみると表紙の大江氏が「今、あなたはこれを読むべきときなのですよ」とわたしを見つめていたので、そのまま貸出しのおねえさんのところに持って行った。

大江氏が実践してこられた読書の方法が紹介されているのだけど、これが本を読むということなのか。。。と感銘を受けた。たとえば翻訳書がある場合、まずそれを読んで、いいと思うところ、よくわからないところに線を引いておく(色分けして)。次に原書を手に入れて、自分が翻訳本で線を引いた箇所を丁寧に読んでゆく。
わからない部分は、ひとつひとつの言葉について辞書を引き、意味がわかったと納得しても、さらにそれ以外の語の意味についても辞書を読んで、言葉の奥行きを知る。
その上で、必要だと思えば、原書を最初から読み通す。

言葉を、文章のスタイルを、深く味わいながら読んでおられるようすがよくわかる。言葉にこめられた作者、翻訳者の心に思いを馳せ、感動する大江氏の心のふるえが伝わってくる。大江氏がしたように、おすすめの本を丁寧に読んでみよう。そう思って、さっそく大江氏一押しのサイードとバレンボイムの対話による本をオーダーした。

大江氏は、役に立たないと思った読書体験が思わぬところで新しい何かにつながってゆくこと、歳月を経て光を帯びることがあることを具体的に紹介している。それはちょうど、スタンフォード大学の卒業式でスティーブ・ジョブズが語った「点をつなぐ」ことに等しい。(最近、大学を卒業するにあたり、かれのスピーチをあらためて聴いた。)点がつながるとわかるのは、後になってからなのだけれど、今、自分がやっているバラバラに見えることが、いつか1つにつながってゆくのだと信じることが大切だと言う。

わたしの中で一見バラバラに存在している興味や関心も、わたしという一人の人間を介することで、当然につながっているものなのだと感じる。4月からはまた、今までとちょっと道がそれるけれど、いつかどこか遠い点でつながる日がくるかもしれないし、こないかもしれない。

さて、久しぶりにピアノの蓋をあけようかな。そういえば五線譜の上の音符も点なんだよね。そして、これがつながるとひとつのフレーズになるんやね!

| | コメント (0)
|

2008/03/26

通じなかった発音

今回のバリツアーでは、現地ハイスクール生の自宅を訪問するというオプション企画があった。わたしがお邪魔したのは、バリダンスを披露してくれたかわいい女の子の家で、彼女といとこの二人が門の前で出迎えてくれた。(その後、次々といとこが登場した。)
イブ(お母さん)の入れてくれたバリコーヒーをいただいてすぐジャランジャラン(散歩)に出かけた。スタート時点ですでに妹や別のいとこが加わって6人で歩き始める。すぐに近所の子どもたちがぞろぞろついてきて、ハーメルンの笛吹き状態。ジャランジャランが好きで、いつもみんなでぶらぶら歩いているという。ほんまに?

道端のカンバンを指差して「チキン!」というので、鶏を売っているお店かなと思い「ショップ?」と聞くと、「ノー!ソプ、ノー!」という返事。
「シャァプ?」「ノー!ソプ、ノー!」
shopの発音をあれこれ試してみたけど、答えはノー!
最後はわたしが持ってた「旅の指さし会話帳」の後ろの単語集から、「店」のインドネシア語「toko」を調べ、それを彼女のIN-EN辞書でひいて、これこれ!と見せた。
「オ~~ッ!ショ~~プ!」
やっと納得してくれたけど、そうゆうてるやん、さっきから。(^^;) バリ訛りの英語と日本訛りの英語で会話するのは、なかなか大変だったけど楽しかった。

もうひとつ、全然通じなくてかなしかったのが、デザートの「タルト」の発音。ウブドのあるお店においしいタルトがあると盛り上がってたので、オーストラリア人のMにその「タァト」を食べた?と聞いたら、「それなあに?」と聞き返された。間にかるく「r」の音を入れたつもりだったけど、うまくゆかなかったみたい。まぁ、タルトが通じなくても人生どうってことないけど。

| | コメント (7)
|

2008/03/24

卒業したけど

近所のキャンパスにある体育館で行われた卒業式に出席した。ふらふら散歩気分で歩いて、うちから25分くらいで到着。大学統合のおかげで大所帯になったから他学部と一緒の卒業式。うちの学部は女子学生の割合が高くて華やか。彩り鮮やかな民族衣装も見かけた。
式終了後、総長主催の祝賀パーティーというのがあり、缶ビールを1本もらう。
せっかくなのでマントを羽織った総長と一緒に記念写真! 進学する旨話したら、「上手に2年で卒業できるようがんばってください」と言われた。

一旦、自宅に帰り軽くブランチ。こんどは山の上のキャンパスに卒業証書をもらいにゆく。専攻ごとに指定された教室に入り、最初に、定年退官されるネイティブの先生からのスピーチがあった。いつもの授業どおり、ジョークを交え楽しいコメントだった。

続いて、わたしの指導教官がひとりずつ名前を読み上げ、ほかの先生方から学位記が授与されてゆく。4月からのわたしの指導教官が手渡す役をされてたのに、途中から教室の反対側の先生方に変わった。
結局わたしは、人生最低点を記録した某科目の先生と、オニのような厳しさで夢を見ずにはいられないほどわたしたちを苦しめた指導してくれた先生とから受け取るはめに。。。よりによって、なんでこの組み合わせなのだ。でも、オニの頬にも微笑み。にこやかに「おめでとうございます!」と言ってくださった。

席に戻ろうとすると突然、みれ~ど!と呼ぶ声が聞こえた。先ほどのネイティブの先生だ。最後の最後にレポートが1本足りない!とえらい目にあったあの先生。一応、最後のレポートが遅くなってソ~リ~とあやまったら、ノープロブレム!よくやったよ!と言ってくださった。

最後に学科を代表してわたしの指導教官からのお言葉があった。
体育館での卒業式よりも、アットホームなこの雰囲気がうちの学部・学科らしくてよかった。
夕方からは、モノレール駅近辺に移動して、ゼミのメンバーでかるくお食事会。最後に別れるとき、先生はわたしと握手してくれなかった。(+_+) また会う人はいいから。。。って。
はぁ。「卒業」で一息ついたけど、険しい道はまだまだ続くんだ。

| | コメント (7)
|

2008/03/23

メモリカード

飛行機から見た満月はホントにきれいだった。雲の海の上には光の道。隣に座っていた先生が"Beautiful!"と何度もつぶやいていた。
その風景を見たとたん、忘れていたいろんなことを思い出した。バリでフルムーン・フェスティバルを見たかった~と思うと同時に、そうだ、日本ではお彼岸なんだ、と気がついた。帰ったらまずお寺にお参りにゆこう。

大規模修繕工事が始まったせいでなんだか見慣れないマンションに入ろうとして拒否された。オートロック解除の暗証番号がエラーになるのだ。使うべき記号と数字は確実に覚えているんだけど、順番が違うらしい。指が覚えているものは、頭で思い出そうとしても思い出せない。
数パターン試してダメだったので、あきらめて鍵で開けようと思ったら、マンションの住人がどこからともなく帰ってきたので、後を追うように入った。早く、頭の中のメモリカードを日本用に差し替えなくては!

母が好きだったチューリップを持ってお寺に行った。すぐ近くの祖母のお寺にも行った。本堂の壁画を見ていると、まだバリにいるような気がした。やっぱり、別々のメモリカードを差し替えるのではなく、砂時計の上と下の関係なのかもしれない。
Dscf0194

Dscf0193_2 

| | コメント (0)
|

2008/03/21

フルムーンフライト

ただいま~!予定どおり21日の朝、無事帰国しました。
デンパサール午前1時発だったので、ぐっすり寝て帰るつもりだったけど、ほとんど寝ずにいたので、自宅に到着したときはさすがにぐったり。
一緒に帰ってきた某インターナショナルスクールの音楽の先生(その前はオーケストラのバイオリニスト)と話してるとおもしろくて眠るひまがなかったのです。いや、実は、わたしの拙い英語のせいで会話に時間がかかっただけなのですが(^^;)。
バリはフルムーンフェスティバルのため学校もお休みだと言ってたけど、ホントにきれいなフルムーンを見ながらのフライトでした。

今回は火山登山もラフティングもパスしたので、たっぷりフリータイムがあったはずなのに、振り返ってみると、特別なことは何もしてません。何が一番印象に残っているかと質問されて、なんだろ?と一瞬、返答に窮したけど、やっぱりバリの生徒たちと日本語の勉強をした時間や半日ホームステイで生徒の家族や親戚と過ごした時間が楽しかったなぁ。

最寄駅まで帰ってきて、スターバックスでラテを飲みながら、昨日と今日のあいだにあるギャップの大きさを感じていました。たった数時間でまったく別の世界を行き来して、それぞれの世界に自分を合わせて生きるわけだけど、いったいどっちがホントのわたしなんだろ?

バリの話は別ブログのほうにぼちぼちUPしてゆくことにして、とりあえずの帰還報告でした。
Dscf0072

| | コメント (0)
|

2008/03/08

三人寄ればエキサイト

昨夜は、友人の言葉を借りると「花金に、いい女三人で集まる」会。二人の卒業祝い&一人の転職祝いを口実に、大学の社会人仲間と食事に行った。

同期入学で、一緒に5年間がんばった友人は、ずっとフルタイムの仕事を続けていたが、授業がなくなった途端、すでに週2回簿記の学校に通っているという。あいかわらず重そうなカバンには世界文学全集のカラマーゾフの巻が。。。
もう一人の友人は卒論だけを残し、来週からはしばらく新しい勤務先での仕事に専念するとのこと。英語のスキルを買われての転職で気合が入っている。
二人とも、それぞれの道を切り拓こうとがんばっている。このところ停滞気味だったわたしもがんばらねば~!と刺激を受けた。

家に帰っていつもどおりブログをのぞいていたら、「ぶたこな日々」のぶたこさんから衝撃の告白?が。。。アメリカの老人ホームでボランティアとしてお年寄りの話し相手になる…という夢の実現に向けて第一歩を踏み出されるとのこと。
ああ、ここにもがんばる人が・・・!
というわけで、なんだかすごくエキサイトして目が冴えてしまい、結局、朝5時頃までごそごそしていた。(^^;)

来週のバリ行きまでに、入学金納付、授業料の口座振替手続、入学手続、卒業証書郵送依頼、父の一周忌、バリ関連サイト翻訳、バリ行き準備等々、やることがどっさりあって、すごく焦っている。4月からに備えて本も読まなあかんし。(+_+)
でも、焦ってもしかたがない。コツコツ、今できることを積み重ねてゆくしかない。バリでの経験もきっとプラスになるはず。

昨夜、友人と約束した「毎日音読」は今日からスタート!

| | コメント (4)
|

2008/03/06

ロージーをさがせ!

先日、たこ焼きを食べながら、クロスロード・ギター・フェスティバルのDVDがよかった!という話になった。うちにDVDが届いたのは卒論ラストスパート中で、そういえばまだ見てなかったよ~。(^^;)というわけで、この前の週末にやっと開封した。

次々と登場するギタリストに「おっ!」「おーっ!」「おおーっ!」と感動も増幅されてゆく。いいね!いいね!クラプトンおじさん(爺さん?)もカメラ抱えてとっても楽しそう。
B.B.King御大はさすがに貫禄十分。一同を仕切り、会場を沸かせ、クラプトンへの厚い信頼を語っていた。御大を頂点としたギタリスト大集合は、落語の一門の集まりのようにも見える。でも、落語の一門とは違って、お互いになんの関係もないのに、ブルーズという音楽で結ばれて、こんなふうに集うことができるなんてすごい。

一番心に残ったのはドイル・ブラムホールIIのRosieだった。ずしりと心にのしかかるようなこの曲はワークソングではないのか。たしかRosieの前に挟まれたインタビューで木を切るときの音について話してた。Rosieを聴くと、まさに木を切る光景が目に浮かぶ。。。って勝手な思い込み?(^^;)
クレジットがなかったのでネットで調べていたら、自分のブログにヒットした(^^;)。パーチマン囚人農場での録音音源にRosieという曲があるのだ。これやね、きっと。やっぱり重い曲だった。この曲、ブラムホールのCDに入っているのだろうか。調べなきゃ。(この曲についてなにかご存知の方、情報お待ちしております!)

※「クロスロード・ギター・フェスティバル」はエリック・クラプトンが1998年にカリブ海のアンティグア島に設立した、アルコール/薬物依存患者の更生施設「クロスロード・センター」支援を目的としたコンサート。

| | コメント (5)
|

2008/03/01

床屋さん、まだあった

Lang-8の日本語学習者の日記とそれに対するコメントに、「理髪店」、「床屋」という表現が出てきた。わたしのまわりの人はみんな(家族、親戚に限らず、勤務先や大学でも)「散髪に行く」とか「散髪した」と言うので、そうコメントしたのだけど、ほかにそんなコメントはなく、みんな「床屋」と書いてて、すごく不思議だった。わたしの中で「床屋」は、落語の世界の「長屋」のような少し古い感じの言葉で、実際に聞いた記憶はないのに。

父が最後の入院中、「散髪に行きたいな~」と言ってたし、2ヶ月程前、親戚の集まりがあったとき、男性陣が「散髪」の話をしていた。母の妹は散髪屋さんと結婚しており、親戚の間でも昔から「散髪屋」と呼ばれていた。年齢とは関係なさそうだ。
地方代表(^^;)の相方に聞くと、「いまどき床屋って言う人がいるの?」とわたしと同じ反応。言語専攻だった友人(岐阜県在住)にメールしたら、「床屋」が普通だよーという返事。で、もしかして地域差があるのかな…ということになった。

それでググツてみたら・・・発見!床屋・散髪屋分布図
(全国理容生活衛生同業組合連合会の史料室・こぼれ話篇より)

東海北陸地方と近畿地方との間を境に、東が「床屋」で西が「散髪屋」ということで、ああ、すっきり~。なお、以下の付記あり:
『強いて言えば「散髪」の方が多いが、年配の人ほど「床屋」が多くなる。
「床屋」は地方に多く、「散髪」は都市部に多い。 』

これって、あほ・ばか分布図と相関関係があったりして。
あとびっくりしたのは、「床屋」が軽度の差別語・不快語ということで、メディアでは自主規制の対象になっているってこと。八百屋、魚屋も同じ扱いらしい。

みなさんの地域は、上の分布図と合ってますか?
最近は、美容院にゆく男性が増えてるので、そのうち「散髪屋」派も減るかもね。

| | コメント (10)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »