« おしつけ戦法 | トップページ | フランケンシュタインといえば »

2008/01/31

ワードに泣かされた

「卒論×書けない」の検索でココをのぞきにきたみなさんは、無事卒論を書き終えたのでしょーか。いまだに、そのキーワードでやってくる人がいるけど、締切が遅い大学なのだろうか。書けないときはホントに書けなくてつらいと思うけれど、コツコツ書くしかないので、うまく気分転換をしながらPCにかじりついてください!

さて、忘れないうちにひとり反省会。
最後の1週間は内容の見直しよりも、書式を整えるのに予想外に時間をとられた。ワードを使いこなせてないのが一番の問題かな。
実は、あの書式の窓の意味がさっぱりわからない。フォント名、ポイント、斜体、太字、下線、左: XX.Xmm、右揃え…等々、微妙に違う組合せがずら~りと表示される。「見出し」にも「+ …同上…」ってずらずらずら~。全部、わたしが使っていた書式ってことなのか。
見出しのレベル毎のスタイル設定も、事前にきちんとしておけば、つまずくこともなかったのかなぁ。

目次を手作業でつくるのが面倒だったので、ワードの機能を使ったのだけど、そのスタイル設定がなかなか思うようにいかなかった。内容を修正してページがずれると、またスタイルの設定もやり直しになって、イーッ!となってた。目次だけ、ページ付をローマ数字にしたかったので、結局別ファイルを作った。セクション区切りを使えばよかったのかなぁ。でも、あれこれ試している余裕がなくて。

今回、IPAという発音記号みたいなフォントをいくつか使ったのだけど、そのフォントが入ってない大学のPCではブランクになってしまう。MY PCを持ち歩けばいいんだけどねー。まぁ、当分、IPAを使うようなレポートは書かないと思うけど。

というわけで、いまさらだけど、ワードの使い方を勉強して次に備えよう。
ん?内容の反省?それは恐ろしい口頭試問が終わってから。。。

|
|

« おしつけ戦法 | トップページ | フランケンシュタインといえば »

Diary」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

え~っ、卒論を書くのにWORDをマスターしなくちゃいけないの~?と、イマイチマスターせずに書き上げた私の一声です(^^;

どうやって書いたのかなぁ。
目次は、他の人の書き方をまねて、一字一句タイプしていたような気がします。
参考文献のところだけフォントを小さくしたり。
見出しも小見出しも、それぞれ個別にフォントの大きさを変えただけです(^^;
今もワードは全然使いこなせていないのですが、まあもう二度と論文を書くことはなさそうなのでま、いいか(笑)。

みれどさんの卒論、読んでみたいなぁ~♪
発音記号ということは、音声学関連?

投稿: り~やん | 2008/02/03 11:44

♪り~やん さん
わたしはかなりの面倒くさがりなので、同じものを一字一句タイプするのは避けたいし、コピペさえ面倒に思えるし(^^;)、せっかくあるんだったら…と目次作成機能を使ってみたのですが、慣れないことをすると余計に手間がかかるもんなんですよねー。

内容は音声学関連です。♪の付いた1行は見えなかったことにします~(^^;)。

投稿: miredo | 2008/02/03 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おしつけ戦法 | トップページ | フランケンシュタインといえば »