« 結び前の一番 | トップページ | 見て見ぬふり »

2008/01/21

出たんじゃなくて出したんです!

というのは、昨年のイチローの名セリフ。
卒論、終わったんじゃなくて、終えたんです。。。ただいまのわたしの心境。
今日が締切だから出すしかない。

コピーを先生に渡しに行って、研究室で少しお話したとき、「すごく中途半端な気がする」と言うと、即座に「そりゃそうでしょう」という言葉が返ってきた(^^;)。やっと研究のスタート地点ってことなんだなぁ。先生からは、細々とでも続けてくださいと言われたけど、いつかまた続きができるといいなー。

もっと、やった~!という気分になれるかと思ってたけど、今のところ、普段のレポートを提出したのとあまり変わらない気がする。がんばりが足りなかったのか。。。
それに口頭試問が終わるまでは気がぬけない。鋭いツッコミに耐えられるよう対策を練らなくては。

昨日は、さっさと最終チェックを終えたら、きれいなコピーをとりに出かけるつもりだったけど、ちっともチェックが終わらないし、出かける時間ももったいないので、突然、予定変更してレーザープリンタを買うことにした。インクジェットはラインマーカーが滲むし、買い換えたいと思っていたのだ。4月からも、またガンガン印刷すると思うし、1万6千円程度で買えるならいいよね。年賀状作成の途中でプリンタを買いに走る人は多いけど(こちらも経験あり)、卒論書いててっていうのはあまり聞かないねー。

さ、残りのレポートもさっさと終わらせよう。

|
|

« 結び前の一番 | トップページ | 見て見ぬふり »

Diary」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。ときどき覗かせてもらってます(^-^)
卒論お疲れ様でした!
1年前の自分を思い出しました…私も本当にギリギリで中途半端な感じでした(^^;)
あともう一息ですね。残りの学生生活を楽しんでください♪

投稿: あっちぃ | 2008/01/21 23:11

卒論提出お疲れ様でしたm(_ _"m)

卒論を提出したのはちょうど20年前のことなんですが、担当教授の「人の文章を自分のものみたいにパクるのがうまいねぇ」と言われたのを今も鮮明に覚えてますww

投稿: ささぴ | 2008/01/21 23:44

「理解してもらった」は「私自身を理解させた」
「足の骨が折れた」は「私は私の足の骨を折った」
「出た」んじゃなくて「出した」
「驚いた」んじゃなくて「驚かされた」
「感動した」んじゃなくて「感動させられた」

英語だと、「誰が」をかなりはっきり言いますよね。でも日本語は主語をボカす。
英語をちゃんとそれらしい日本語に訳そうと思うと、主語をボカさないと日本語っぽく見えないのですが、へたくそな訳だと「彼らは」とか「私たちは」とかが沢山出てきてなんか違和感がある。

最近、へんてこりんな和訳文書を見る機会が多くて、ふとそんなことを思ってしまいました。

投稿: 司 | 2008/01/22 01:03

をーついに出したのですね。

そいえば昔は卒論ってば零細製本所に原稿持ち込んで製本してもらってましたわね。私がゼミ第1号のワープロ卒論提出者でしたが手書きの人たちは大変だったと思います。昔の(ごめん)みれどさんもそうだった、のでしょう…ね?

お疲れ様でした。

投稿: breakup@ | 2008/01/22 01:08

お疲れ様でした。みれどさんの卒論提出を祝ってこっちでワインあけときます。

口頭試問ですが、自分で明らかに問題と思われるとこがあったら先生に突っ込まれる前に「今後の課題」とかなんとか予防線はっとくといいですよ。

投稿: さつき | 2008/01/22 10:43

無事提出、おめでとうございます~!
この勢いでレポートもどんどん片づけてくださいね。

わたしも卒論提出直前にプリンタが壊れて新しいのを買ったんですよ。なつかしいなぁ、あの頃。レポートもあったし院試もあったし。我ながらよくがんばったなぁと思います。

上のbreakup@さんへの横レスなんですけど、手書きの卒論に比べてワープロで書いていると最後の最後まで細かい修正ができるので、心理的には案外、苦しい面もあるみたいです。もちろん便利ではあるんですけどね。

さて、大学院に入ったら春休みはもっとゆったりと勉強できるかと思ってたんですけど、なんだかやることがいっぱいあって忙しいです。みれどさんもこの春休みは最後の遊ぶチャンスと思って心ゆくまでやりたいことをやってください!春からはまた緊張の毎日ですよ。。

投稿: 雪見 | 2008/01/22 13:40

おー!生みましたか!生まれたんじゃなくて(笑)
ともかく、予定日に無事に出せてよかったよかった! 
でー、どちらに出ることに(^_-)?

投稿: ターミン | 2008/01/22 14:56

♪あっちぃさん
わーっ!ホントにお久しぶりですね!
元気にしてますか~?今は何をしてるの?
あれから1年なんですねぇ。今年はゼミに出席してないので、去年みたいな4年生だけの打上とかないしさみしいです。そうですね、残りのネ○ソ●の授業を楽しみま~す(+_+)。


♪ささぴさん
疲れました~!(^^;)
人の文章を自分のものみたいにできるのは、ちゃんと理解して、内容を「自分のもの」にしてるからこそなんだと思います!だから、それはほめ言葉ですよ!ろくにわからずに書くと、わたしみたいに、意味不明になって。。。ああ、ツッコミがコワイ~。


♪司さん
だから日本語で考えながら英語で書くと、あいまいな文章になって、後から自分で読み返しても、はぁ?(^^;)ってかんじでなさけなくなるんですねぇ。
大学の試験では、あまり意訳すると理解してないと思われるんじゃないかと不安で、わざとがちがちの逐語訳で書いたこともありますが、翻訳文を、わかりやすくて自然な日本語にするのは難しいですね。

投稿: miredo | 2008/01/22 18:33

♪breakup@さん
卒論出してもまだまだこれからだなぁと思うと、「♪終わりのない~旅を続けるのぉ~」というフレーズが頭の中で響いています。

わたしが初めて書いた卒論は「ペンで縦書き」でしたよ。法学部はけっこう最近まで手書きのところが残ってるとききました。司法試験対策かもしれませんねー。


♪さつきさん
コメントありがとうございます!予防線はろうとして墓穴を掘りそうですが、卒論の内容について先生と話ができるのはある意味楽しみです。
さつきさんの論文が終わって、一緒に日本で乾杯できる日を楽しみにしてますね!


♪雪見さん
ありがとうございます!なんとか提出にこぎつけました。
雪見さんもでしたか~。プリンタ酷使しますもんね。
ゼミの先生には、春休みに語用論を勉強しておくといいですよと言われました。4月から落ちこぼれるのではと不安なので、なにか準備しなきゃとあせっているのですが、何をすればよいのやら。でも、とりあえずは残りのレポートを片づけて、ちょっと遊んで、それから考えます(^^;)。


♪ターミンさん
実体験はないのですが、まさに生みました~ってかんじですね。未熟児なので、はらはらしてますが(^^;)。
結局、締切当日になったのですが、昨日掲示板をみたら、わたしができたら提出しようと思っていた金曜日は教務が閉まっていたことが判明しました(@_@)。行かなくてよかったー。

投稿: miredo | 2008/01/22 18:37

卒論、お疲れ様でした!
みれどさんのところは口頭試問があるんですね~。あともうちょっと、頑張ってくださいね。

それが終わったら、うんと羽を伸ばしてくださいね!本当にお疲れさまでした♪

投稿: り~やん | 2008/01/23 23:23

♪り~やんさん
ありがとうございます~!
まだ、自分の卒論を読み直す気力が出ないのですが、口頭試問に備えて再勉強しなくては。
先生にツッコまれてボケるわけにいかないですもんね~(^^;)。

投稿: miredo | 2008/01/24 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結び前の一番 | トップページ | 見て見ぬふり »